FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。 日々のお客様からの問い合わせに対する回答を集めてあります。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。


FRP素材屋さんによせられた膨大な数量の質問を約400ケースの事例に渡って紹介しております。インターネット上では間違った情報が沢山ありますので、ご注意ください。


右の商品カテゴリから各カテゴリの質問事項と回答事項が参照できます。

検索ワードで質問事項の検索をしてください。



以下の商品群は販売ページに飛ぶことができます。


FRP素材屋さん FRP材料について


FRP材料

FRP材料

カテゴリ一覧
FRP樹脂
FRP樹脂(48) 
FRPの主材料とも言えるポリエステル樹脂カテゴリです。
機能性樹脂
機能性樹脂(22) 
機能を付与した様々な樹脂のカテゴリです。
硬化剤
硬化剤(13) 
樹脂・ゲルコート・トップコートに硬化剤を入れることで硬化します。硬化剤は共通です。
アセトン・シンナー・薄め液
アセトン・シンナー・薄め液(15) 
薄め液として使ったり、洗い用として使ったり、用途は様々です。
シーラー・プライマー
シーラー・プライマー(11) 
下地との接着を助ける接着促進剤シーラー・プライマーです。
ゲルコート
ゲルコート(18) 
表面保護・色付けしたいときのカラーコートです。型抜きによく使います。
トップコート
トップコート(27) 
表面保護・色付けしたいときのカラーコートです。紫外線から守ってくれます。
ガラス繊維・補強材
ガラス繊維・補強材(30) 
ガラスマット・ガラスクロス・ロービングクロス・ロービングひも・ガラスパウダーです。FRPの補強材として使用下さい。
ポリトナー・顔料
ポリトナー・顔料(25) 
一般樹脂やクリアゲルコートに混ぜることで好みのトップコート・ゲルコートを作る事ができます。
パラフィンワックス
パラフィンワックス(2) 
ノンパラ樹脂やゲルコートに入れて表面をカラっと仕上げるパラフィンワックスです。
パテ・シリコーン
パテ・シリコーン(18) 
補修用のパテ剤です。
パテ用原料・粉体
パテ用原料・粉体(28) 
パテ用タルク・増量剤タンカル・ダレドメアエロジルなどを扱うカテゴリーです。自分専用のパテを作ってみよう!
離型剤
離型剤(8) 
型に塗って、パカッとはずそう!離型剤カテゴリーです。
石こう・油土
石こう・油土(22) 
型取り用の石膏・油土です。美術や教材にも使用されている一般的なタイプです。
発泡ウレタン
発泡ウレタン(5) 
スチレンモノマー溶剤などに溶けない、発泡ウレタンです。カーパーツ製作などに最適です!
角取り面木材
角取り面木材(75) 
直角はFRPが馴染まないので、角を取ったり、隅を丸める役割をします。
シーリング剤
シーリング剤(32) 
目地埋めや防水に使用出来るシーリング剤です。




尚回答は一般論ですので、責任は負いかねますことご了承ください。

Q:FRP素材屋さんこんにちは。

FRPの樹脂を早く固める方法を教えてほしいです。

【硬化剤定番 メポックス 5kg/着色】国産 パーメック同等品 FRP樹脂、ゲルコート、トップコート共通
【硬化剤定番 メポックス 5kg/着色】国産 パーメック同等品 FRP樹脂、ゲルコート、トップコート共通
販売価格  6,152円
税別価格  5,696円

A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。

さて、硬化時間を素早く固める方法ですが、
幾つか方法があります。

特別な温度室、作業室などはかなりの設備を必要としますので簡易な方法から解説します。


1.硬化剤の量を増やす。
物性的には0.5%-5%の間ですので、硬化材量を5%に近づけていく。という方法があります。
ただし、それ以上増やしても意味はありません。

2. コバルトを添加する。
樹脂中には硬化剤と熱反応をおこすコバルトが入っておりますが、この分量を増やしてあげる方法です。
直接混合は大変危険ですので注意して下さい。
ナフテン酸コバルト6% 100ml 樹脂硬化促進剤

ナフテン酸コバルト6% 100ml 樹脂硬化促進剤
1,058円980円
あると便利★1 
数量: 
ナフテン酸コバルト6% 1000ml 樹脂硬化促進剤

ナフテン酸コバルト6% 1000ml 樹脂硬化促進剤
4,298円3,980円
あると便利★1 
数量: 
 
3.温度を温めるまたは、温かい時間に行う。
冬期でも昼すぎなど温かい時間帯に硬化を行うように設定すれば硬化時間も大きく変わってきます。
また下地温度も大きな影響を与えますので、下地を太陽光の元で温めてあげることも効果的です。

4. ジメチルアニリンを添加する。
樹脂の中に硬化促進効果のあるジメチルアニリンを入れることで硬化スピードをアップできます。
ただし、樹脂がより黄変しやすくなるので、用途が重要になります。

5.冬用樹脂をつかう。
そもそも鮮度が高い冬用の樹脂であればそれほど硬化時間に悩む必要がないと思われます。

6.速硬化性硬化剤を使用する。
硬化剤の種類の中には速硬化タイプというものがあります。
こちらを使えば硬化時間は早くなります。

通常在庫品ではありませんのでお問い合わせください。
FRP素材屋さんあんしんサポート
TEL0575-49-4001FAX0575-49-4001
mabo@frpsozai.com

いずれにしましても急速硬化には
黄変、収縮、反りなどいくつかの問題点がありますのでデメリットを認識したうえで作業を行ってください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:ゲルコート成形品にヒケができた。

FRP素材屋さんこんにちは。
いつも楽しみにしています。

さて、先日頂いたゲルコートですが、成形品を作ったのですが製品に歪みというか凹みができてしまいました。
原因と対策を教えていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。


A:◎◎様
いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

ゲルコートは大変難しいですよね。

しかしながらポイントを抑えれば驚くほど上達するのもまたFRPです。


今回一番重要なのはいつも言っている
”真因がなにか?”
ということです。

修理するのは簡単ですが、良いものができたりできなかったりではよくありません。

ヒケというのは収縮です。
FRPを構成するのは
樹脂(ゲルコート含む)+ガラスマット
ですが、
硬化後ヒケが起こるのは樹脂分オンリーです。

ガラスマットに体積変化はありません。

もうすでに答えが半分出ているかとは思いますが、

ある一方では樹脂5、ガラス5≒10
もう一方では樹脂9、ガラス1≒10
という配合があり、硬化に従い樹脂が半分になった場合(大げさに解説しています。)

樹脂2.5、ガラス5≒体積7.5 
樹脂4.5、ガラス1≒体積5.5

つまりここでいう ヒケは樹脂が多い方がなる可能性が高いわけです。

そしてその条件は

形状によるものと施工によるもの

にわけられます。


1.形状によるもの

角部などはガラスマットが入らず、部分的に樹脂過多になりやすいですよね。
そうするとその部分の収縮率が高くなりヒケにつながる。

また樹脂過多になると、硬化熱の逃げ場がなくなり、より硬化熱が蓄熱し黄変、収縮をもたらします。

2.施工によるもの

事前のガラスマットのわりづけが悪く、樹脂分が厚くなっている。

ということです。


また硬化収縮が今回の原因ですので硬化時間をできる範囲で長めにとってゆっくり固めて上げる事でも効果があるかもしれません。

いずれにしろ今回の失敗を次に生かせれば大変良い教材になったということになります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

FRP素材屋さん 馬渕 

【白ゲルコート1kg】ゲルコートホワイト ホワイトカラー

【白ゲルコート1kg】ゲルコートホワイト ホワイトカラー
販売価格  2,346円
税別価格  2,172円
【白ゲルコート2kg】ゲルコートホワイト ホワイトカラー

【白ゲルコート2kg】ゲルコートホワイト ホワイトカラー
販売価格  3,542円
税別価格  3,280円
【白ゲルコート4kg】ゲルコートホワイト ホワイトカラー

【白ゲルコート4kg】ゲルコートホワイト ホワイトカラー
販売価格  5,122円
税別価格  4,743円
【白ゲルコート20kg】ゲルコートホワイト キロ単価1020円 ホワイトカラー

【白ゲルコート20kg】ゲルコートホワイト キロ単価1020円 ホワイトカラー
販売価格  22,032円
税別価格  20,400円
【黒ゲルコート1kg】ゲルコートブラック ブラックカラー

【黒ゲルコート1kg】ゲルコートブラック ブラックカラー
販売価格  2,346円
税別価格  2,172円
【黒ゲルコート2kg】ゲルコートブラック ブラックカラー

【黒ゲルコート2kg】ゲルコートブラック ブラックカラー
販売価格  3,542円
税別価格  3,280円
【黒ゲルコート4kg】ゲルコートブラック ブラックカラー

【黒ゲルコート4kg】ゲルコートブラック ブラックカラー
販売価格  5,122円
税別価格  4,743円
【黒ゲルコート20kg】ゲルコートブラック キロ単価1020円 ブラックカラー

【黒ゲルコート20kg】ゲルコートブラック キロ単価1020円 ブラックカラー
販売価格  22,032円
税別価格  20,400円
【透明クリアゲルコート840g】ゲルコートクリア 高耐候性 イソ系

【透明クリアゲルコート840g】ゲルコートクリア 高耐候性 イソ系
販売価格  2,346円
税別価格  2,172円

FRP素材屋さん 馬渕 

 

Q:馬渕さんこんにちは。
商品の詳細 
雑誌にいくつか掲載されていました軽トラのキャンピングカー(軽トラキャンパー)のシェルを自分で作りたいです。

材料的にはこちらで用意し、最後にFRPでコーティングしたいです。

作り方を教えて下さい。



A:いつもお世話になりありがとうございます。

多岐に渡りますので、どこをどう説明したらよいのかわかりかねますが、
ポイントを絞って解説したいと思います。

雑誌に記載されたのはFRPでも合板下地に直接貼り付けるカバリングとかライニングと言われる手法です。

型から外す方法ですと型作り+離型が必要になり、一気に難易度が跳ね上がります。

合板などに貼り付けるライニングであれば当店の得意分野ですので
使用材料はお問い合わせくださいね。


FRPの基本ですが、
樹脂に硬化剤を入れて硬め、内部に補強用のガラスマットを入れる。
これがFRPです。合板で作ったシェルにFRPでライニングすることで飛躍的に防水性と耐久性、剛性を高める事ができます。


さて、雑誌では通常の樹脂を使っていましたが、
木目を活かしたい場合、淡色の樹脂が適していると考えられます。
 
送料無料!【国産 カーボン用クリア樹脂 20kg】PC550T 640円/kg

送料無料!【国産 カーボン用クリア樹脂 20kg】PC550T 640円/kg
樹脂のタイプは硬質タイプで良いです。

上から塗装する、またはコストを求めるのであれば一般硬質タイプ
透明度、下地の木質性を出したい場合は淡色タイプ

硬質インパラ樹脂が該当の樹脂になりますね。


送料無料!!大特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg】FRPR18P
 
送料無料!!大特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg】FRPR18P
販売価格  7,538円
税別価格  6,980円
送料無料!!セット特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg×3缶】FR-PR18P
  
送料無料!!セット特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg×3缶】FR-PR18P
販売価格  22,518円
税別価格  20,850円
送料無料!!セット特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg×5缶】FR-PR18P
  
送料無料!!セット特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg×5缶】FR-PR18P
販売価格  37,260円
税別価格  34,500円

値下げしました!!送料無料!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】 台湾(20kg)ワックス入 2597APT
 
値下げしました!!送料無料!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】 台湾(20kg)ワックス入 2597APT
販売価格  7,797円
税別価格  7,219円
送料無料!!セット特価!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】台湾(20kg)ワックス入 3缶 2597APT
  
送料無料!!セット特価!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】台湾(20kg)ワックス入 3缶 2597APT
販売価格  22,291円
税別価格  20,640円
送料無料!!セット特価!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】台湾(20kg)ワックス入 5缶 2597APT
  
送料無料!!セット特価!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】台湾(20kg)ワックス入 5缶 2597APT
販売価格  36,720円
税別価格  34,000円

◎下地作り◎

良い製品を作るためには下地が8割をしめます。
今回、箱形状のため角部の積層がポイントになってきます。

角部については、ガラスマットが角に密着しないので、防水テープを張り込んで直角を出すようにしてください。

防水テープは50-75ミリ巾の不織布付きのテープで、ガラスマットの代わりになります。
これをあらかじめ張り込んでいきます。

防水テープはタイプが色々あり、樹脂中の溶剤でブヨブヨになってしまうものや、後から膨れがでるものがありますが、FRP素材屋さんの防水テープであれば
密着製と耐溶剤性も問題ありません。

【FRP用防水テープ50mm】

【FRP用防水テープ50mm】
販売価格  1,274円
税別価格  1,180円
【FRP用防水テープ50mm】×16本パック 単価1,090円

【FRP用防水テープ50mm】×16本パック 単価1,090円
販売価格  17,939円
税別価格  16,610円
【FRP用防水テープ75mm】

【FRP用防水テープ75mm】
販売価格  1,420円
税別価格  1,315円
【FRP用防水テープ75mm】×12本パック 1254円((税抜き)本

【FRP用防水テープ75mm】×12本パック 1254円((税抜き)本
販売価格  16,252円
税別価格  15,048円

製作例:合板製キャンパーに75ミリの防水テープを角に貼ります。

1.角から32mmの地点に鉛筆で何箇所かマーキングをする。
2.マーキングした地点を目印に防水テープを貼ります。
3.防水テープはテンション(強めに張る。)を掛ける事で直線がでて綺麗に貼ることができます。
4.きちんと貼れると両側に対し、およそ32mmづつ貼れるようになるかと思います。

ブチルゴムは動きがあるテープです。あまり下地がぐらつくと応力がかかって切れる場合がありますので、その場合は下地ごと作り直してください。

5.ガラスマットを当てる部分はテープの32mmに対して約半分を基準にします。
カドまでいっぱいにガラスマットを当てると後工程でカット工程が入り、防水テープを切ってしまったりするので注意が必要です。

◎凹凸部の処理◎
半透明で下地を活かしたい場合は、ガラスマットを細かく切ったものを樹脂にまぜパテを作って凹部に充填します。
凸部についてはFRPの積層の障害となるので、サンダー、グラインダーなどで平滑にしてください。

◎シーラー処理◎
シーラーについてはウレタン系のものを使用します。
ウレタン系シーラーは紫外線で黄変するので木のカラーによっては回避することもあります。
シーラーの目的は下地とFRPを強固に一体化させるためのものです。
塗布量は0.2kg/㎡
吸い込みが激しい場合は、塗布量が変化します。

◎ガラスマット張り込み◎
 
よく下地に樹脂を一旦ぬってからガラスマットを
ということが書いてあるケースがあります。

しかしこの方法、衛生的ではなく、タック性が作業の邪魔になるのでおすすめしません。
途中で下塗りが固まってきますしね。
下塗りはやめましょう。

優秀な職人は作業環境が必ず綺麗です。

最初にガラスマットを仮止めしておきます。

下地は乾いてますので、しっかりと時間をかけてガラスマットをわりづけしましょう。

※経験が浅い方は、エリアをくぎって作業することを強くおすすめします。
下にやり方は記載してます。

☆施工場所の目安☆
風がない場所
下を養生しておく

というのがポイントです。

大型でかつ成型物を積層する際は、塗布に集中する環境がいちばん大事なので、
ガラスマットが動かないよう、ハンディタッカー、養生テープにてガラスマットをガチガチに固定する方法がベターです。

シビアな防水性等を求めるのでなければタッカーはそのまま残しておいて大丈夫です。 
養生テープは取りやすいように、取り代を作っておくことが重要です。
養生テープのタイプは中粘着以上の物が必要です。
何かと便利なテープなので一個持っておくとベターですね。

また大きめのゴミ袋を2個用意しておき、不燃用と可燃用に用意しておくことが大事です。
【養生用ビニルテープ幅50mm】手でカンタンに切れます。

【養生用ビニルテープ幅50mm】手でカンタンに切れます。

優秀な職人は作業中バタバタしないよう準備ができている。


◎樹脂塗布◎
 
 樹脂は壁面が多いのでタレドメが入っているもしくはあとから入れる必要があるでしょう。

【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 

【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 
販売価格  3,888円
税別価格  3,600円
 
1kgでも相当な量があるので、少しづつ添加していきます。
あまり入れすぎると透明度が下がってきます。

壁面はこれがないと下に垂れてきますので注意が必要ですね。

樹脂については硬化剤は1%以下にしたいところです。

一度にたくさん樹脂を作ると途中で硬化がはじまり収集がつかなくなることが初心者の方によくあります。

そのため少ない量で、硬化材少なめ。というのが少なくとも最初の方法となります。

硬化が遅いと心配になりますが、安心して作業ができるのとあらかじめタレドメをいれておくことでタレを防止できます。

想定されるトラブルの元を準備段階で削っておくのが優秀な作業者のポイントです。
トラブルを事前に予知しておけば何倍も作業が効率的になります。


さて、ここで想定されうるトラブルを列挙したいとおもいます。


◎想定されるトラブルと対処法◎

1.ガラスマットが風で飛散する。
ガラスマットをわりづけしておいたのに、風で飛ばされる。
そうなるとてんやわんやになります。

この場合は、テープ、タッカーの留めが悪いことと、風の入り口を作ってしまうことに原因があります。そのためわりづけ段階からぴっちりと張り込んでいくことが重要になるでしょう。また事前準備は以下の通り。

無風状態にする衝立、防風板をつける。倉庫など屋内で作業する。
タッカーで打ち付ける。養生テープでガチガチに固定しておく。
風が強いと硬化が早く成ることがあります。
※FRP素材屋さんのガラスマットは低飛散タイプです。

2.樹脂が途中で硬化してきた。
作業中に樹脂が硬化してくるほど恐ろしい物はありません。
そのため優秀な職人は、最初の方で樹脂の硬化時間の目安を掴んでおきます。

また作業が遅くなりそうな場合、または初心者の場合
樹脂の製作量を減らす。硬化時間を長くするため硬化剤の添加量を減らす。
最初は1kgの少量、硬化剤1%から始める。

硬化時間はタレとのトレードオフの関係があります。そのためタレドメ材を入れて硬化時間を長くする。
これがキャンプカー・キャンパー製作時にはベターな方法のような気がします。

3.下地の凹凸が積層の邪魔をする。
凹凸を予め削っておく。凹部にはパテで詰め物をする。
凸部があるとガラスマットをはがして削らないといけません。

4.脱泡ローラーが固まってきた。
つけ置きできる容器とアセトンを用意しておく。
これは結構大事なポイントです。

塗布ローラーは使い捨て、脱泡ローラーはアセトンつけおき。

これが基本です。


5.樹脂が下にタレてえらいことに。
下地を全面養生しておく。新聞だと浸透することを想定しておく。

優秀な職人は垂れるであろう範囲+風で飛ばされる範囲+マージン
で養生します。

逆の職人はタレたものを後で掃除する。
垂れるであろう範囲の養生で飛び散ったものを掃除する。

こういった考え方の違いがあります。
養生材をケチっては良いものはできません。
【養生用コロナマスカー550ミリ×25メートル×1巻】手でカンタンに切れ、55cmまで伸びます。

【養生用コロナマスカー550ミリ×25メートル×1巻】手でカンタンに切れ、55cmまで伸びます。
※養生用コロナマスカーはテープ部とビニール部に分かれています。
テープを貼ってビニール部を伸ばすと、55cmの大きな範囲をカバーできます。
さらにコロナ放電処理をしてあるため塗料が付着しやすくなっております。
ポイントはピンピンに張ることがポイント。
なぜなら張ってないと風を巻込みバタつくか、風で飛ばされやすくなるからです。


◎樹脂の含浸◎

硬化剤をまぜたら樹脂をガラスマットに染み込ませていきます。
塗布ローラーに樹脂をつけてガラスマットにおいていきます。
置いていくだけで自然に浸透していきます。

優秀な職人はガラスマットへの自然浸透と重力のちからを利用します。
逆の人は、自分の力で無理やりガラスマットへ浸透させようとします。

浸透しきったところで脱泡作業に入ります。

浸透しきった所・・・と言うのはわかりづらいですが、
合板下地の見た目で言うと全体が飴色になったポイントです。

そこまでは素材の浸透力や、重力にまかせて最後の空気抜き工程のみを行います。

あまり空気が抜けきれない場合があります。その場合はほっておいて次に進みましょう。
※空気が抜けきれない場合の殆どがガラスマットが馴染みきれない箇所にあたっているということです。

具体的には、
◎樹脂の量が足らない
◎下地の凸、バリが邪魔になっている。
◎角部の直角がきつすぎてガラスマットが馴染んでいかない。

の3点です。
殆どは準備段階の問題ということがわかりますね。


◎エリア別積層法◎

大型のライニングの場合最初はエリアを区切って施工したほうが良いかもしれません。
ガラスマットの巾が1Mですので、この部分を施工し、次硬化したらガラスマットを張って…
というようにする方法です。

つなぎになる部分は50mm~ラップさせ重ねて行きます。

カットマットの突きつけをやる方が見えますが、繊維が入ってない部分で切れる可能性が極めて高いので、きちんとラップ(重ねる)させましょう。

ラップ部同士を目立たせなくする方法は、カットマットの部分をほぐして上げるとよいです。

バリがあるとフクレになるので、バリを削り取ってください。

研磨すると白くなるので注意してくださいね。

1エリア終わったら2エリアというようにずらしながら施工していきます。


◎トップコート塗布◎

トップコートを塗る場合は、研磨後トップコートを塗ってください。
トップコートの硬化剤添加量は樹脂と同じです。

0.4kg/㎡になります。

可能であれば中塗りをしたいですね。
◎中塗り◎
中塗りはトップコートと樹脂層の間に一層塗る工程で、
1.研磨する際に凹凸、バリがわかりやすくなる
2.ガラスマット目を目立たせなくする
3.トップコートの欠けにたいする対策
4.伸び率を合わせて密着性を高める

といった目的で行われます。

中塗りは0.5kg/㎡程度になります。

壁面はあまり塗布量をつけると垂れるので注意してください。
壁面のタレに注意です。


どうでしたか?ポイントを絞っていますが、読んでおくだけで大分できあがりと作業スピードが違うと思います。

準備が8割、先を急ぎたい気持ちはわかりますが、準備に時間をかけた方が圧倒的に作業は早くなるということをよく覚えておきましょう。


◎雑誌掲載について◎

軽トラックキャンピングカーの製作工程は

地球丸社の
軽トラックパーフェクトマニュアル3に記載があります。

商品の詳細 
雑誌取材依頼はこちら
FRP素材屋さん 本店
TEL0575-49-4001
FAX0575-49-4001

 

Q:できあがりのFRP板製品に曲げ強度を持たせたい場合はどうしたらよいですか?



A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

FRPは基本的に樹脂とガラス繊維との複合物です。

この配合比率が適切でないと予定した強度は出ない計算になります。

具体的には
樹脂70%ガラス30%の場合と
樹脂60%ガラス40%の場合、
どのように強度が変わるのでしょうか?

【ガラスクロス#100】100m(1m×100m)

【ガラスクロス#100】100m(1m×100m)
販売価格  37,852円
税別価格  35,048円
取寄品【ガラスクロス#200】100m(1m×100m)

取寄品【ガラスクロス#200】100m(1m×100m)
販売価格  46,266円
税別価格  42,839円
【ロービングクロス#580 50m 国産】送料無料!!

【ロービングクロス#580 50m 国産】送料無料!!
販売価格  23,637円
税別価格  21,886円
樹脂70%の際には、曲げ強度1とすると
樹脂60%の際には、曲げ強度1.2となります。
※概略化しております。

引張強度についても同じような傾向を示します。

つまり、樹脂とガラスマットの含有比率のみで
約20%も曲げ強度が変わってくるという計算になります。

一般的にハンドレイアップ(手作業で行うFRP製作)をすると樹脂リッチつまり、樹脂が大目にふるので
予定した強度まで持っていくことができません。
※ただし単位あたりの強度です。樹脂リッチな分厚みが太くなるので、その影響は除外しております。

というわけでなるべく所定厚(例:8ミリ厚にしたい場合)にする場合は、
ガラスマットの含有量を増やすようにすることだけで強度を高めて上げる事ができるのです。
【FRP用ガラスマット #380 10kg 耳あり・ほぐしあり】 一般用 1m×25.5m
 
【FRP用ガラスマット #380 10kg 耳あり・ほぐしあり】 一般用 1m×25.5m
販売価格  5,378円
税別価格  4,980円
また同じく引張強度のみで言えばガラスマットからロービングクロスに変えてガラスと複合化することで
約30%引張強度がアップします。(同一厚みの場合)

まとめ

1.樹脂・ガラスマット比率を最適化する。(ガラスマット比率を上げる)
2.ガラスマットをロービングクロス+ガラスマットに変え複合化する。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRP素材屋さんこんにちは。
 
FRP防水を施工する時のローラーはアルミか豚毛かどちらが良いでしょうか?

【積層ローラー】アルミローラー 2/10パイ

【積層ローラー】アルミローラー 2/10パイ
販売価格  772円
税別価格  715円
【積層ローラー】アルミローラー 4/10パイ

【積層ローラー】アルミローラー 4/10パイ
販売価格  905円
税別価格  838円
【黒豚毛 脱泡ローラー】 4/28パイ

【黒豚毛 脱泡ローラー】 4/28パイ
販売価格  1,018円
税別価格  943円
【黒豚毛 脱泡ローラー】 6/28パイ

【黒豚毛 脱泡ローラー】 6/28パイ
販売価格  1,420円
税別価格  1,315円
【ラクラク塗装道具セット】FRP塗装専用の道具を集めた12点セットです。

【ラクラク塗装道具セット】FRP塗装専用の道具を集めた12点セットです。
販売価格  1,214円
税別価格  1,124円
【カルガルFRP道具セット】FRP専用の道具を集めた12点セットです。

【カルガルFRP道具セット】FRP専用の道具を集めた12点セットです。
販売価格  2,037円
税別価格  1,886円

A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。

さて、表題の件ですが結論から言うとどちらでも良い。

になります。

但し、それぞれ特性がありますので使い方次第と言えます。

なれると圧倒的に豚毛が使いやすいです。


◎豚毛とアルミ(鉄ネジ)ローラーの違い◎

・施工面
まず施工面から行きますと、豚毛は硬い毛によってFRP表面に孔を開け、空気を抜いていきます。
アルミローラーは空気を外に向かって追い出していく。という違いがあります。

豚毛はニードルで空気を抜く
アルミは空気を押し出していく

という違いがあります。

・耐久性
ではなぜ、初心者のキットなどに豚毛がアセンブルされてないかということですが、
この毛に樹脂が詰まった時、豚毛は使い捨てになってしまいます。

豚毛はあくまで動物の毛ですので顕微鏡でみるとキューティクルという凹凸がたくさんあります。
ここに樹脂がつまって硬化すると一気にしなやかさが失われ、使いにくいものとなってしまいます。

アルミの方は、樹脂が詰まってもベロンと取れ、また樹脂がアルミ自体に溶着することはありません。

そのため長期耐久性はアルミのほうが圧倒的にあります。

豚毛ローラーをアセトンに常時つけ置きしないといけませんが、これを忘れると施工ができなくなってしまうのです。




このような違いがあることを認識しておくだけでも施工性がぐっと上がると思います。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
 
自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

このページのトップヘ