FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。


FRP素材屋さんによせられた膨大な数量の質問を約400ケースの事例に渡って紹介しております。インターネット上では間違った情報が沢山ありますので、ご注意ください。


右の商品カテゴリから各カテゴリの質問事項と回答事項が参照できます。

検索ワードで質問事項の検索をしてください。



以下の商品群は販売ページに飛ぶことができます。



FRP素材屋さん 本店


カテゴリ一覧
FRP樹脂
FRP樹脂(48) 
FRPの主材料とも言えるポリエステル樹脂カテゴリです。
機能性樹脂
機能性樹脂(22) 
機能を付与した様々な樹脂のカテゴリです。
硬化剤
硬化剤(13) 
樹脂・ゲルコート・トップコートに硬化剤を入れることで硬化します。硬化剤は共通です。
アセトン・シンナー・薄め液
アセトン・シンナー・薄め液(15) 
薄め液として使ったり、洗い用として使ったり、用途は様々です。
シーラー・プライマー
シーラー・プライマー(11) 
下地との接着を助ける接着促進剤シーラー・プライマーです。
ゲルコート
ゲルコート(18) 
表面保護・色付けしたいときのカラーコートです。型抜きによく使います。
トップコート
トップコート(27) 
表面保護・色付けしたいときのカラーコートです。紫外線から守ってくれます。
ガラス繊維・補強材
ガラス繊維・補強材(30) 
ガラスマット・ガラスクロス・ロービングクロス・ロービングひも・ガラスパウダーです。FRPの補強材として使用下さい。
ポリトナー・顔料
ポリトナー・顔料(25) 
一般樹脂やクリアゲルコートに混ぜることで好みのトップコート・ゲルコートを作る事ができます。
パラフィンワックス
パラフィンワックス(2) 
ノンパラ樹脂やゲルコートに入れて表面をカラっと仕上げるパラフィンワックスです。
パテ・シリコーン
パテ・シリコーン(18) 
補修用のパテ剤です。
パテ用原料・粉体
パテ用原料・粉体(28) 
パテ用タルク・増量剤タンカル・ダレドメアエロジルなどを扱うカテゴリーです。自分専用のパテを作ってみよう!
離型剤
離型剤(8) 
型に塗って、パカッとはずそう!離型剤カテゴリーです。
石こう・油土
石こう・油土(22) 
型取り用の石膏・油土です。美術や教材にも使用されている一般的なタイプです。
発泡ウレタン
発泡ウレタン(5) 
スチレンモノマー溶剤などに溶けない、発泡ウレタンです。カーパーツ製作などに最適です!
角取り面木材
角取り面木材(75) 
直角はFRPが馴染まないので、角を取ったり、隅を丸める役割をします。
シーリング剤
シーリング剤(32) 
目地埋めや防水に使用出来るシーリング剤です。




尚回答は一般論ですので、責任は負いかねますことご了承ください。

Q:先日FRP素材屋さんの方に取りに行った◎◎ともうします。

これからFRPの上にプライマーを塗るのですが、プライマーを塗ってから次のFRPまでの時間を教えて下さい。

また施工に関するポイントがありましたら教えてください。


ver_22

A:先日はありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕です。

◎プライマーの時間について◎

きちんとした施工をすれば30分から60分で次工程に移れます。

きちんとした施工というのは、一定厚、薄塗りです。

さて、プライマーですが下地が重要になってきます。
といいますのは、該当のプライマーは湿気硬化型ウレタンという種類で、空気中の湿気と反応硬化させるタイプです。

そのため厚付を割ける必要があります。

◎厚塗りにおける不具合◎

厚塗りをすると、空気中から湿気を供給された表面は硬化しますが、内部が樹脂だまりのようになり硬化しなくなります。

そのため薄塗りを推奨しております。

◎プライマーに重要なのは、成膜すること◎

プライマーは塗布量が多くすることが重要ではありません。
被着体に成膜することが重要であり、厚塗りをすることが重要ではないということを認識してください。

◎プライマー塗布に適したローラーとは?◎

ローラーは中毛ローラーが適しています。
毛足13mm程度です。

薄塗りという観点からは短毛ローラーが適しているように見えますが、
毛足5mmでは硬い芯が出てしまい、下地の凹凸に対して追従できません。
そのため凹部にて塗り残しがでるケースが多く、”成膜すること”というプライマーの絶対条件から外れるケースがあるからです。
また中長毛20mmの毛足ですと、塗布量が多くなりすぎたり、二度塗りの際にプライマーのタックに引っ張られて毛が抜ける可能性があります。

中毛ローラーでZ塗りし、さらにローラー目を消すためにクロスに塗るとローラー目がなくなり、次工程へ早く移れます。

◎プライマー塗布のための基材について◎

尚、合板やモルタルなど含水率がある基材はよいのですが、含水がない基材の場合、より塗布量がシビアになります。
この場合は、アセトンで薄めてあげることで物理的成膜厚を下げることができます。

現場現場での対応となりますので、頭に留めて置いてください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:硬化剤とパラフィンワックスの含有量について教えて下さい。



A:いつもお世話になりありがとうございます。

硬化剤は(現時点の時期6月)約1%(0.5-5%間)
パラフィンワックスは3-5%
添加してください。

100gに対しては
硬化剤1g
パラフィン3-5g

が目安です。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:半年たった樹脂が固まらないです。
どうしたら良いでしょうか?

1月に購入した樹脂で
硬化剤は1割から2割入れています。

ver_10

A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。

経験上ですが、
1.表層にゼリーのような寒天状の物がある場合、
硬化しない可能性があります。

2.全体が茶色く変色している場合

については硬化しない可能性があります。


今回は症状を聞くに、問題はなさそうですので、
そのままご使用してもおそらくは硬化すると思います。


硬化樹脂については1割から2割は入れすぎです。

鮮度を確認した所11月に製造されたロットで冬用樹脂になります。
※台湾製は若干タイムラグがあります。
冬用樹脂は硬化しやすく作ってあります。

現在は6月であり、硬化しやすい条件です。

硬化しやすい樹脂
硬化しやすい時期
硬化しやすい硬化剤量

ということで、硬化材量が多すぎることが原因かと思います。


一度硬化材量を減らしていただき、
1%程度で硬化させていただければ問題なく積層できるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。




Q:馬渕様

初めまして。
○○と申します。
戸建てのFRP防水のベランダに
最近トップコートの塗り替えをした者です。
宜しくお願い致します。

屋根と外壁塗装を業者に依頼した際に
物干しに使っている小さなベランダもメンテナンスしてもらいましたが
完成後歩くと、ツルツルとよく滑るのです。
乾いた状態なのにです。
雨天時は尚更危険で、慎重に歩行しております。
水たまりもあちらこちらにでき、なかなか水がひきません。

プライマーはJU-70  アイカ
トップコートはJE-2090M-C20  アイカ
を使用。

トップコートの塗り替え後、こんなに滑るのは普通のことなのか、
最初だけ滑るものなのかと、捉えておりましたが
昨日調べたところ、
JE-2090Kと言う製品があり
こちらは防滑用骨材入りトップコートである事を知りました。

近々、工事を依頼したリフォーム会社には連絡をとる予定ですが、
あらかじめ知識として確認しておきたい事があり
馬渕様にご相談させて頂きました。

業者側が、骨材無しを使用したのは不適切であったと
当方は認識しておりますが、それで宜しいでしょうか?
やり直しを求めていきたいと思います。


お忙しい中、恐縮ではありますが、
お返事お待ちしております。
宜しくお願いします。


いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

以下一般論として解答します。
お客様の現場に則さない場合があります。

まず、水たまりと滑るのは切り離して考える必要があります。

◎水勾配◎

水たまりは防水業者の責任というよりは、
水勾配のケースが多いです。

1/100(100ミリ長に対して1mm)
3,640mmの2間の場合、36mm下がっているかどうか

が必要でこの勾配がきちんと取れていないケースが 結構多いです。
私が職人の頃は、一旦仕事をせず帰って水勾配を取り直してもらうよう大工さんに指導していました。


FRPの防水面でいえば、塗りたてのトップコートは表面張力が高く、水弾きしやすい素材ではあります。

なお最新の住宅性能保証制度の仕様では1/200勾配が標準となっております。


◎滑る件について◎

ベランダがすべる件について
塗装屋さんがよくおこすクレームに、滑る件と硬化不良と剥がれという3点セットがあります。

新築工事の工程表には塗装工事と防水工事が別れているのはそれぞれに専門業者があるからです。

なぜわかれているかと申し ますと、
塗装は美観が重要であり、防水は機能が重要であるからです。

そのため綺麗に仕上げることに力点をおく塗装に比較し、
防水性や、防滑性といった機能に力点をおくのが防水業者です。

今回のように改修工事でベランダ工事を塗装業者が行うケースは多く
私自身も数多く改修の改修を行ってきました。

ベランダ工事の防滑性については通常骨材なしのトップコートに、
現場で骨材を入れてトップコートをぬることが多いです。

今回それがなかったということですので、
再度骨材を入れて塗ってもらってはいかがでしょうか。

あまりトップコートが厚付になるとよくないケ ースもありますが、
紫外線に対して防水層を守る層が厚くなるという観点からみれば
+に働きますので、総合として問題になるレベルではないかと思います。


◎今後◎

業者さんと揉めると良いことは一切ありませんので、きちんと再度防滑施工していただくようにもっていかれるのがベターかと思います。
滑って危険ということを伝えれば、一般的な業者さんなら再度施工してもらえると思います。


尚、弊社の商売上の取引外であり、あくまでアドバイスであり、一切責任を負うものではありませんのでご理解を賜りますようよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

Q:FRPで池の補修をやりたいです。
現在錦鯉を飼っている池なんですが、水漏れがしてきています。

下地がコンクリートなのですが、大丈夫でしょうか?

またFRP防水セットで施工しても魚に影響はありませんか?

その他お気づきの点があれば教えていただきたいです。

よろしくお願い致します。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんです。

最初の質問の下地がコンクリートでも大丈夫かということですが、
セットのシーラーは湿気硬化型ポリウレタンシーラーです。

このタイプは下地および空気中の湿気と反応硬化するタイプです。

適合材料が”ある程度の湿気を含んで居る素材”
つまり合板、モルタル、コンクリートが適合材料です。

従いまして下地は問題がありません。

とはいえ一般的に含水率が高すぎると剥離等の問題がでますので、シートなどをかぶせて水が入らないようにし、平衡含水率付近まで持っていってください。

ただし、池の場合
通常のベランダとは少し思想が異なります。

岩を繋いだ池の場合、美観や密着性よりも、防水という観点がメインです。

そのためきちんと密着させるために下地を完全に乾かすことよりも、
素早く施工し、鯉などにストレスを与えないことの方が重要です。

従いまして、多少の浮きや不陸は無視し、FRP防水層をきちんと作ってあげる。
という思想の方が大事なような気がしますね。


そのため下地の凹凸に完璧に密着させて脱泡するというよりかは、
基本メインはもれないFRP層を作ってあげる。という方向性に持っていく必要があろうかと思います。

※防水の基本層は#380×2層敷とし、ラップ部分は50mm以上重ねること
※下地は高圧洗浄でしっかりと洗い、苔などを極力残さない。
※FRPのメイン防水積層は脱泡ローラーよりも塗布ローラーで行う。
※予め水面の位置を把握しておく。レーザー照準器等
※底部にスチレンが溜まりやすい構造の場合、エアーダクトや扇風機を使ってスチレン飛ばしが必要。
※たれがあると壁面の樹脂が少なくなるので防水用樹脂を使用すること。

といったところでしょうか。

ぜひご参考にしてください。


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。







このページのトップヘ