FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事約700件を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

Q:樹脂1斗缶、1缶で塗れる量を教えてください。

A:出張で返信がおそくなり大変申し訳ありません

http://www.tomatokogyo.com/act_frp_calc.html
分量計算シートです。
上記を参考にしてみてください。

※防水用途 #380×2層 約8㎡
※防水用途 #450×1層 約10㎡
※成形品 #450×1層 約18㎡

となります。

ご参考ください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog

Q:FRP素材屋さんこんにちは

いつもお世話になりありがとうございます。

先日アドバイス頂いた施工の写真を添付します。
仕上がりは粗いですが、うまくできてホッとしています。

少々お聞きしたいのですが、他店で買ったトップコートがゼリーのようにゲル化していました。

これを塗った所、やはり粘土のような粒が残ってしまいました。

YAHOOショッピングのお店○○○○○に聞いた所、こういうものだという解答が来ましたが
どのように思われますでしょうか?


A:FRP素材屋さんです。
いつもお世話になりありがとうございます。

大変申し訳ありませんが、他店商品の問い合わせが非常に多く大変困っているのが実情です。

クレームについてはだいたい同じ店舗ですので、
おそらくお客さんの情報をまとめるに、樹脂の鮮度の問題ではないかと思います。
(保持在庫量が多すぎるのが原因かと)

われわれも商品のラインナップをある程度絞っています。
なぜか、それは商品のラインナップを増やすのは良いのですが、あまり回転率が良くない商品ですと
途中でゲル化したり在庫保管期間中に物性を失ってしまうケースがあります。

内情をさらけ出してお話すると
当店でも樹脂関係は金額ベースで月商のわずか25%程度しか在庫を持っておりません。
ほぼ1週間に1回全量が入れ替わるということです。

そのため欠品も多いのですが、それでも在庫を極力絞るのは、お客様へ鮮度の高い商品をお届けするためです。
季節性がある商品ですと在庫滞留が長いとゲル化したり、硬化物性が落ちたりしてしまいます。

樹脂だとわかりにくいと思いますが、
例えば”魚””肉”を売るお店があったとして、そのような商品を大量に店舗に在庫するのが正しいのでしょうか?

当然当店でも過去にゲル化が早いポリサフブラックで同じような案件がありましたが、
商品によって在庫商品を絞っていく努力をしております。

そのあたり事情をご理解いただき、購入されたお店と交渉をしていただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

Q:FRP素材屋さん 御中


はじめまして 愛媛県松山市の○○と申します。

補修方法教えて頂きたくてメールを致しました。

築6年で二階のベランダのトップコートの剥がれと(写真1)
写真1 (2)



下地の継ぎの目の部分にヒビ割れ(写真2)がでてきました。写真2 (1)

四隅にヘアークラックが隅全体に出てきています。

築2年目で四隅にクラックが出たので再塗装をしています。

心配なのは下地の継ぎ目のヒビ割れがトップコートの再塗装だけでいいのでしょか。

施工業者には補修をお願いしていますが、2度目の補修なので施工に非常に心配をいております。

よろしければ補修方法を教えて頂けたら助かります。

写真2 (1)


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

保証が手厚い施工業者であれば、防水層やりかえという方法になろうかと思います。

施工方法は、材間剥離してしまっているので
ある程度全面研磨後、ガラスマット1plyで防水層をやりかえる方法が正しいです。

ただし昨今防水工事単価も下がってきております。
補修は
全面工事屋さんの持ち出しになるため極力トップ塗り替えだけでと言われるケースもあろうかと思います。

写真1と写真2については原因が異なります。

写真のみですので想定での解答となります。

写真1の原因
躯体の動きにトップコートが追従できていないことから
防水層とトップの材間剥離が原因
写真1 (2)
施工上、トップコート前に面倒な研磨作業があるのですが、
ここを省くと該当のようなケースになることがあります。

または引き渡し直前にトップコートをする工程があるのですが、そうすると防水層とトップ層の密着が格段に落ちます。

経験上こうしたクレームが多いのは専業の防水屋さんではなく塗装屋さんが施工された場合によく見られます。


写真2の原因
こちらはおそらくですが、合板の継ぎ目によるもので、長期躯体の動きが出た場合に見られ るもので す。
写真2 (1)
FRP防水はわずか2-3ミリ厚で(躯体の動き、合板ズレ)これをとめるのは不可能ですので、本来は下地を作った大工工事の問題になります。
ただ、大型の躯体は動くものですので、ある程度は仕方ない面もあります。
防水樹脂でしっかりとした2PLY工法であればただちに水が漏れることはありません。
※PLY数を絞っていたり、一般樹脂を使っている場合を除く

補修が続いてご心配かとは思いますが、
粘り強く交渉していただければと思います。

Q:20kg主剤に硬化剤を混ぜるのに棒でかき交ぜても大丈夫ですか。かくはん機がないので。 
プライマーを下地に塗らなくても大丈夫ですか。アセトンで拭くだけで、今
のところトップコートの艶がなくヒビが少々あるだけです。 
硬化剤を入れなかたら主剤は長期保存ができますか。 
硬化剤なしで塗っても時間がたてば固まりますか。

A:
いつもお世話になりありがとうございます。

質問からベランダの塗替えと推察いたします。

棒は代用してもらっても大丈夫です。
20kg缶に全て硬化剤を入れると使用途中で固まってしまうので、
小分けして使用していきます。

そのため大型のカクハンキでなくても大丈夫です。

アセトンでふくだけで大丈夫です。
ただしサンドペーパーで研磨するようにしてください。
※逆に研磨作業をなくすプライマーもあります。
硬化剤を入れない場合、長期保存はできる可能性があります。
夏季などは樹脂の温度があがりゲル化しやすいので注意してく ださい。

硬化剤なしで塗った場合、物性として硬化しないので、
相当時間がたてばスチレンが揮発し乾いたように見えることはありますが
予定された性能はでません。

どうぞよろしくお願い致します。

Q:先日商品が届きました。ありがとうございました。 硬化剤の件なのですが、購入したポリエステル樹脂1キログラム辺りどのぐらいの硬化剤を投与すればよろしいのでしょうか? また、ポリトナーはどのタイミングで投与すればよろしいですか? お手数ですが、ご連絡よろしくお願い致します。


A:
FRP素材屋さん馬渕です。

硬化剤は1%前後です。

従いまして
1,000g(1kg)の1%で10gになります。

ほぼ10ccと考えていただいて大丈夫です。


ポリトナーの入れるタイミング

硬化剤を入れる前に入れ、しっかりとカクハンしてください。

入れる量は色によって違いますが、15%前後です。
好みの量で調整もできます。

どうぞよろしくお願い致します。

Q:防水ドレンは外部の接合はボンド等で接着となっていますかvp50の大きさにあ
っていますか。内部は樹脂で固定防水できますが外の固定はどの様に固定をした
らいいのでしょうか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

土中などに埋める用途の
VP50(厚肉管)ですと入らない可能性があります。
排水用途の
VU50(薄肉管)適合です。


ドレンの外周に接着剤またはポリウレタン系シーリング材を塗布します。

VU50をそのまま差し込みます。
仮止めのために外周にテープをマイてください。

ドレン取り付け方法はこちら
http://www.frpsozai.com/free_9_13.html

どうぞよろしくお願い致します。

このページのトップヘ