FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事約1000件を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 TEL0575-49-4001FAX0575-49-3718 mabo@frpsozai.com

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

FRPのウエットトリミングとは?

Q:知り合いから”ウェットトリミング”という言葉を聞いたのですが、どういうものですか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。

樹脂の硬化というのはオンオフ、○☓で決まるものではなく、徐々に硬化していく性質があります。
完全硬化すると壁面の上部にはみ出した部分など余分な部分をカッターで切り取る作業が大変になります。
それこそ刃が折れてしまうくらいになります。

そのため硬化後、切り取りやすいタイミングで、刃を入れるとサクサクきれます。

これが半硬化状態いわゆる”ウエット”での”トリミング”となります。

ベストのタイミングは状況に応じて変わるので、難しいですが作業量がおよそ5分の1程度になり、作業量の低減、作業スピードのアップ、ゴミの低減などいくつかのメリットをもたらします。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog

FRP防水の雨に塗れた合板が激しく波打つ件

Q:当方防水工事屋です。

お客さんの工務店がつくる下地がいつも雨にぬれて合板が波打っています。
このまま仕上げしても大丈夫なんでしょうか?


A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。

結論から言うとあまり良くないので、工務店さんに言って仕様を変えてもらったほうが良いです。
おそらく内装用の合板を使っていると推察されます。

合板には一般、タイプ2、タイプ1、特類などの耐水グレードがあり
それぞれの違いは合板を構成する接着剤の違いとなります。

単板は同じなのですが、これを接着する接着剤がそれぞれ
一般≒ユリア系接着剤
タイプ2≒ユリアメラミン系接着剤
タイプ1≒メラミン系接着剤
特類≒フェノール系接着剤

ということで接着剤の種類が違います。
このうちユリア系はイメージするところの木工ボンド、白ボンドとよばれるような接着剤でくっつけています。
この場合水でふやけますので、層間が剥離し、水が回り込んで板が波打ってしまいます。

もしこの状態で上からFRPをかけるとどうなるか。

というのが質問の主旨だと思います。

○想定される影響
1.表面が下地をひろって凹凸になる。
2.下地の含水が高い場合FRP防水層に浮きが出る。
3.下処理の際の研磨工程が必要になる。
4.下処理の際の乾燥工程が必要になる。

といったデメリットが出てくるものと思われます。

そのため工務店さんなり監督さんなりに伝えて合板の種類を変えてもらってください。

金額もそれほど大きくは変わらないので、メリットの方が多いと思います。


どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕


FRP防水にはFRP防水樹脂を使った方が良いか?

Q:FRP素材屋さんでは、該当の防水樹脂を勧めていますがどういった意味がありますか?

送料無料!!【国産 防水工事用 軟質ポリエステル樹脂 20kg 青ラベルPC640】

送料無料!!【国産 防水工事用 軟質ポリエステル樹脂 20kg 青ラベルPC640】
販売価格  9,558円
税別価格  8,850円

A:いつもお世話になりありがとうございます。

防水樹脂といってもさまざまな種類があります。
一番バランスが良いのが該当の樹脂です。

・特性
防水樹脂は軟質であること
必須項目ですが、立ち上がりのバリなどを切る際には、その性能がよくわかります。
硬質樹脂ですとこのバリの切断時にカッターの刃が折れるくらい硬いですが、
ウエットトリミング時であればサクサク切ることができます。
※但し硬化後はもっと固くなっていきます。
完成後は若干の伸びを許容できるので破断等が起きづらいです。

・タレ性
壁面や垂直面などに樹脂を塗ると上から自重でタレてくる樹脂があります。
これを改善しているので、肉持ち性がよく厚みが保持されやすいです。

また通常の樹脂だと下にタレて水たまり状になることがありますが、その辺りが改善されています。
後工程で研磨する手間を考えると最初から良いものを使用した方がお客さんにとってベターだと考えています。

・密着性
後工程でトップコートが剥がれてくる。ということがFRP防水がでてきた初期によく起こりました。
これはFRP防水層の表層にうきあがってきたパラフィンワックスが離型材のような役割を果たしてしまったことに由来します。

かといって広い面積でべとつくと乗って作業ができないので作業性がぐっと落ちます。
そこを改善してあるので、硬化後上で作業もできるがきちんと密着する。
という相反する性能を有しています。

どうぞよろしくお願い致します。
送料無料!!【国産 防水工事用 軟質ポリエステル樹脂 20kg 青ラベルPC640】

送料無料!!【国産 防水工事用 軟質ポリエステル樹脂 20kg 青ラベルPC640】
販売価格  9,558円
税別価格  8,850円

FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog



開封後1年の樹脂に歪みが・・・原因は古いから?

Q:はじめまして。

ポリエステル樹脂に関して質問ですが、開封後一年ぐらい経過した樹脂をシリコ
ン型に積載して硬化させたのですが、硬化後に樹脂が歪んでいました。これはや
はり古い樹脂を使用した影響でしょうか?

もしそうであれば、また新しい樹脂をこちらで購入したいと考えております。
以上ご回答よろしくお願い致します。



A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

樹脂の歪みについて

樹脂が1年ということで古いこともありますが、
他にもいくつか原因が考えられます。

シリコンに含まれる可塑剤という成分が樹脂を変質させることがあります。
(ブリードという現象)

その可能性も考えられます。

また樹脂の歪みは発熱が進んだ際に起こりやすいです。

塊になって蓄熱が進むと熱によって変形しやすくなります。

一般のオルソ系樹脂ですと熱変形温度が60度程度ですので、高発熱によって変形するという可能性も否定できません。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog

真空脱泡機に入れる注型樹脂は硬化材を事前に入れても良いか。

Q:真空脱泡機で注型樹脂をいれるのですが、パーメックなどFRP硬化材をあらかじめ入れても大丈夫なのでしょうか?

消防法危険物のためすこし怖いです。
FRP素材屋さんの見解をお聞かせください。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんです。
真空脱泡機械への樹脂は硬化材を事前に入れても問題ありません。

注意点があります。
硬化材を添加した時点から樹脂の硬剤反応がすすみますので、ゲル化する前に作業を終了させる筆意ようがあります。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog


浮き上がる防水下地

Q:FRP素材屋さんこんにちは。

参考になるサイトみてます。

防水樹脂を購入させてもらいましたが、アドバイス通りとても良いのでまた購入させてもらいたいと思います。

送料無料!!【国産 防水工事用 軟質ポリエステル樹脂 20kg 青ラベルPC640】

送料無料!!【国産 防水工事用 軟質ポリエステル樹脂 20kg 青ラベルPC640】
販売価格  9,558円
税別価格  8,850円

さて、防水工事の際に、下地から浮き上がってくるパネルがあります。

コンクリートボードのような色をしているのですが、そのまま上に積層するとあとから大きい気泡が入ってきます。

原因と対策はわかりますでしょうか?


A:FRP素材屋さん馬渕です。

いろいろ他社の製品のことを言われる営業もおりますが、
あくまで自分自身の理論に沿って考えるべきと考えます。

その中でベターなチョイスをしていただければと思います。
送料無料!!【国産 防水工事用 軟質ポリエステル樹脂 20kg 青ラベルPC640】

送料無料!!【国産 防水工事用 軟質ポリエステル樹脂 20kg 青ラベルPC640】
販売価格  9,558円
税別価格  8,850円
さて、下地から浮き上がってくるということですが、どのような浮き上がりかがわかりかねますので、一般論として回答いたします。

●原因

最近は少なくなりましたが、外壁ボードなどを裏側にしてベランダの防水下地にするケースがあります。
これは不燃建材であること。同じボードであること。入手が容易。
という理由からだと思われます。

一番の問題点は、おっしゃる通りFRPの下地からの浮き上がりです。
このメカニズムはなぜかと申しますと、大きな原因の一つと考えられているのが、
このボードの表層に塗装がかけてあるからです。

コストの面から水系エマルジョン系の塗装(シーラー)がかけてあります。

なぜこの塗装が必要かと申しますと、表面の仕上げに対し裏面が素地(無塗装・むき出し)ですと、水分の吸収が裏面からのみとなってしまうからです。

この状態ですと、裏面水分リッチ、表面水分小。という状態ができあがります。

この状態はボードにおいて非常に不安定な状態で、ティッシュペーパーに水を含ませると面積が大きくなると思います。

ボードもそれと同じ状態で、裏が大きくなる、すなわち凹型にたわんでくる。と言う事がいえます。

これはソリに繋がります。大きなボードの反り力というのはものすごい力で、比重と板厚に強い相関関係が見られます。
長期耐候性を求められる外壁では、高い比重、厚い厚みという2点があり、水分を吸収すると留め付けてあるボード自体にものすごい残留応力が発生します。
これは釘を浮かせたり板自体のクラック、目地割れ、表面塗装浮き、などの深刻な現象を引き起こします。

これを改善するため、表層と同じように水分をブロックしてあげることが重要になります。

そのため裏面にも塗装がかけてあるのです。

問題なのは、水系エマルジョンは乾燥後透明になりやすい。溶剤に溶かされる。ということです。

無塗装に見えてしまいそのまま施工してしまいがちです。

そのため弱い塗装の上にFRPのような強い塗膜が形成され、かつ硬化時に収縮をするため、シワになったり浮き上がりを誘発したりするのです。

これが原因ですね。

●対策

対策はこの原因に沿っておこなう必要があります。

簡単なことは表面のある一定割合を研磨してあげる。ということです。

このあたりはボードの種類、工事店さんのノウハウにあたる部分なので、一概には言えませんが、
20%以上を研磨すべきと判断しています。

かなり番手のあらい40,30番あたりでゴリゴリ研磨してください。

研磨番手が粗いほうが、研削量は増えます。

それでも問題が起こるようであれば、また別の原因も推察されますので、
その際はまたお声掛けください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog


記事検索