FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

Q:FRP素材屋さんこんにちは

先日いただいたセットで防水工事をしようとおもったのですが、
入隅とコンパネの目地にシリコンシーラントを打ってしまいまして、あとからマニュアルをみて気づきました。

このまま施工しても大丈夫でしょうか?
まただめな場合、この場合どうしたらよいでしょうか?


A:FRP素材屋さんです。

いつもお世話になりありがとうございます。

まずそのまま施工というのは最もさける必要があります。

理由は2つ

1.離型性
シリコンはよく離型剤に使われます。
これはシリコンが付着しにくい性質をもつためです。
そのためシリコンを打った場所というのは離型剤ワックスが塗られている場所のような感覚になります。

2.可塑剤の移行
シリコンには可塑剤という柔軟剤のような物が含まれており、この成分がFRP樹脂の硬化阻害要因となることがあります。
そのためFRP樹脂が硬化しないケースがあります。

以上2点からシリコン下地を避ける必要があります。

取るべき案としましてはシリコンを取り除いていただき、面木などを当てて隠れるようにする。
また目地などはマスキングテープなどを貼って可塑剤の移行をふせぐ

などの目的が取られます。

合板目地のシリコン注入に関しては、わざと絶縁させる工法もあります。
これは合板の目地両脇にガチガチにFRPが密着していると合板のズレによってFRPが破断するケースがあります。

そこでかかる応力を分散させる意味合いでマスキングテープをはることもあります。

つまり点対点の応力を、マスキングテープ分の幅に分散させる目的があります。

そのためマスキングテープで絶縁するのも一つの手になりますね。 

またご不明な点がありましたらいつでもご連絡ください。

FRP素材屋さん馬渕

http://frpsozai.com/

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:まぶちさんこんにちは。

今回スチロールでボックスのような物をつくり、その上からFRPでコーティングして強化したいと考えております。
どのような方法が一番良いでしょうか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんまぶちです。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

さて、スチロールの強化方法ですが、普通の樹脂を塗ると、樹脂中のスチレンモノマーという溶剤分でスチロールが溶けてしまいます。

そのためスチロールを強化するためにはスチロール用樹脂という物があり、そちらをまず一層塗ってあげることでスチロールの強化ができます。

塗布量は㎡あたり0.4kgから0.5kg
つまり1kgで約2㎡程度塗れるということです。

これで塗装することにより、この後工程のFRPでコーティングした際に、溶剤からスチロールを守ってくれるということです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
追加質問

Q:スチロール樹脂でガラスマットごとコーティングはできないのですか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

追加解答

A:おっしゃるように、スチロール樹脂でガラスマットをコーティングすることもできます。

ではなぜそのようにしないのかと申しますと単純にコストバランスが後工程で普通の樹脂を使ったほうが安いからです。
またスチロール用樹脂は塗りのこしをふせぐためにグレーに塗装がしてあります。
そのためこのグレーの樹脂でガラスマットを入れてしまうと、非常に脱泡作業がやりにくいという点もあります。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

どうぞよろしくお願い致します。 
 
自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRP素材屋さんこんにちは。

YAHOOの他ショップ◎◎◎◎で購入した樹脂がいつまでたっても固まりません。
また、樹脂が不良品かどうかの判断がつきませんので、こちらのサイトを購入後でみかけ、
とても信頼できると思い質問した次第です。

購入店舗に連絡した所、まったく繋がらずようやく返信が来たと思ったら不具合ではないの一点張りです。

硬化前の樹脂の状態は表面にゼリーのような物が浮き上がってきております。 

やはり安い樹脂だったからよくなかったのでしょうか?

・・・・URL・・・・




A:FRP素材屋さんです。

こんにちは。

金額の高い安いによって品質がことなるか?

というところですが、これは品質というより機能の観点が大きいです。

樹脂の金額についてですが、これは樹脂の組成によってことなります。
いろんな機能を持たせるために、添加物を入れるのですが、
その添加物によって金額が大きく変わってきます。

機能的には
チクソトロピー性(タレどめ)
増粘性
難燃性
低収縮化
速硬化
硬化遅延化
高比重化
断熱化
軽量化
などなどです。

購入されたサイトを見たところ樹脂の寸法収縮がOとあります。

ほとんどの樹脂については寸法収縮があり、
一部収縮がない(収縮が0に近い)ものもありますが、この価格でははっきり言って無理です。

つまり何らかの方法でアウトレットを入れているか、虚偽の表示をしている可能性もあります。

そのあたりは実際にこの店舗さんに聞いていただく必要があろうかと思います。



一般論として機能を付与すれば高額に。
機能を絞れば安価になります。

該当の店舗の問題は正直いろいろ情報が入ってきておりますが、
話し半分で見ていただいたほうがよろしいかと思います。


ゼリー化について

ゼリー状になるケースですが、これは硬化が半分始まってしまっているケースです。

一旦缶をよく密閉して混ぜていただくと治る可能性もあります。
この場合は、樹脂の沈殿の問題です。

一方で硬化が始まっているケースですと混ぜても使えないことが多いです。
夏場などに保管状況が悪いと、熱によってゲル化してしまうことがあります。
おそらくその状況ではないかと推察されます。

どうしても使いたい場合は、上の方の寒天を取り除いて使えば使えなくもないと思います。
(推奨ではありません。あくまで自己責任にて)


ではまたどうぞよろしくお願い致します。
 

Q:木造住宅のリフォームで乾式の風呂場をつくろうとしています。
木下地で風呂の空間(幅1.5m、奥行き1.8m、高さ2m)をつくり、FRPで床壁天井
を防水した後、仕上げをしようと思っております。
そこでお聞きしたいのですが、
1,適切な材料のセットをお勧めください。面積は壁3面床、天井で15.6㎡です

  仕上げは床はシート貼り、壁・天井は塗装とする予定です。
2.下地は塗装コンパネで行う予定ですが、FRP塗りに際して問題ないでしょ
うか?
3.床の排水トラップで適切な物があればお勧めください。
よろしくお願いいたします。


A:
いつもお世話になりありがとうございます。

1,適切な材料のセットをお勧めください。面積は壁3面床、天井で15.6㎡です

天井の施工は大変ですので、できれば他の方法が望ましいです。

樹脂が重力でタレてくるためです。
在来工法の浴室でも天井はFRPにするケースは非常に稀です。

フクビのバスパネルなど断熱材複合の軽量パネルなどがありますので、そちらが望ましいかと思います。
仮に天井を抜いてFRP施工面積12㎡とすると
防水おまかせ10㎡セットと追加5㎡セットがあれば大丈夫です。
http://www.frpsozai.com/52.html

  仕上げは床はシート貼り、壁・天井は塗装とする予定です。


2.下地は塗装コンパネで行う予定ですが、FRP塗りに際して問題ないでしょ
うか?

塗装コンパネの種類にもよりますが、知る限りでは大丈夫です。
表面がツルツルしておりますので、付属のペーパーで研磨していただくとより密着性が高くなります。


3.床の排水トラップで適切な物があればお勧めください。
よろしくお願いいたします。


床の排水トラップは適切な物が特にありませんが、水量が少なければ弊社のオーバーフロー管を使われるケースがあります。

VP25の塩ビ管仕様で市販の塩ビパイプと直結できます。

配管のつなぎは塩ビ管用接着剤で行います。

物理的に強い力が加わると外れるケースも稀にですがあるため、電工用ビニルテープで接合部をグルグル巻くことをおすすめしています。

この配管部分は後から補修が極めて困難な場所のためしっかりと施工することをおすすめします。 
よろしくお願い致します。

こちらの商品は、つばがFRPでできておりますので、そのままFRPを載せることが可能です。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


また不明な点がありましたらお知らせください。 



自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:いつもお世話になりありがとうございます。

実はボンネットの大きい成形品を作っているのですが、樹脂による硬化時間を遅らせたいです。

まぜることで硬化時間を遅らせることはできるものはありますでしょうか?


A:FRP素材屋さんです。
いつもお世話になりありがとうございます。

硬化遅延剤というのはあります。

ただ当店でもほとんど出ておりません。
理由は
1.単純にコストがかかる
2.硬化材量を減らすことで硬化遅延ができる。

といった理由からです。

つまり、購入するまでもないと思います。

方法としましては
硬化剤物性値0.5-5.0%の範囲内で硬化剤量を減らしていく。
下限値0.5%で硬化させること。

です。
1.ただ、0.5%ですと硬化不良の恐れもあるため、ブレもみて少し多めに硬化剤を入れて
しっかりとカクハンすること。

2.または1.0%にて入れておき、少なめの量を作って回転率を上げる。

というのが一番適しているかと思います。

3.船舶用樹脂を使う。船舶用樹脂の特性として大型成形物の積層に適しています。
この樹脂の特徴は硬化時間がやや長めにとられております。
一般の樹脂ですと割合ガツーンと硬化しますが、やや硬化までが穏やかですので、そちらを購入されると良いかと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん 馬渕 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さんへこの度ワックス離型剤を購入したのですが、
どのくらいの面積に塗れるものでしょうか?

よろしくお願い致します。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんです。

ワックスは表面に薄い塗膜をはるものです。

そのため表面積が小さい方が当然塗布量は少なくなってきます。

そのため一概に言いづらいのが現状です。

また回数によっても大きく塗布量が変わってきます。

表面がツルツルしている型であれば30g/㎡程度でしょうか。

これがツルツルしていない型であれば60g/㎡程度

表面がザラザラしていれば100g/㎡
 
といったところでしょうか。

あくまで目安として捉えて頂きますようよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕 


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

  

このページのトップヘ