FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

Q:犬を飼う箱をFrpでコーティングしたいです。
FRP素材屋さんで買った樹脂にパラフィンを入れてインパラ仕様にして滑り止めとしたいです。
パラフィンの含有量を教えて下さい。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

パラフィンワックスは確かに入れないことでベトベトはしますが、
恒久的なものではありません。

空気中のホコリ、ゴミ、浮遊物と付着してベトベトがなくなるからです。

滑り止めとして一番良いと思われる方法は、樹脂またはトップコートの中に骨材を入れて物理的に凸凹状態を作り出す方法です。

おそらく犬の掃除などもあろうかと思いますので、汚れは付着しづらく、かつ滑りにくいという形状になります。

ただ、あくまで机上のアドバイスとなります。施工および施工結果については責任を負いかねますので、ご理解ください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRP板同士の接着にはなにが一番適しているでしょうか?
2m×1mの板の面同士をくっつけたいです。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんです。

◎専用の接着剤

板の接着については、陶磁器質タイル接着剤のME-01をご利用ください。

なぜこのような2液タイプで、かつ高価格品が必要かと申しますと、
通常の接着剤には、溶剤が揮発して硬化するタイプや、空気中の湿気と反応硬化するタイプなどがあります。

しかしFRPは湿気をほとんど保持していないため、空気中の湿気と反応硬化するタイプが適用外となってしまいます。

また、溶剤揮発型でも、FRP同士では揮発する溶剤の気道が確保できないため、膨れたり、剥がれたりという不具合が出がちです。

その面、2液を反応硬化させるタイプですとすでに硬化反応が完了する素材は塗布時にはすべて揃っているので、FRPのような素材同士でも硬化させることができます。
またエポキシ系は硬化時の体積収縮が少ないというメリットもあります。

◎もっと簡単に接着する方法

なお、こんな高い接着剤は不必要❢❢
もっと簡便に接着したいという場合もあろうかと思います。

そういった場合の裏技を少し解説したいと思います。

ただし自己責任でお願いします。

湿気反応硬化型接着剤を薄塗りして、しばらく放置しておき、空気中の湿気を表層に確保してから貼り合わせます。
硬化時に必要な素材を揃えてから貼合硬化させるということです。

※注意点
仮に我々であれば問題なく施工は可能です。
しかしいきなりこれをやろうとしますと失敗する可能性が高いため推奨はされてないということになります。
日々の気温、湿度は大きく変わるので経験が必要になります。

もっと簡単な方法として

またゴム系接着剤を両面に塗布しておき、(片側だけで200g/㎡以上両面で400g以上を塗布)軽く乾燥させた状態で転圧することで接着できます。
(このタイプ、クロロプレン系ゴムという記載があると思います。黄色いゴムを溶剤で薄めたようなマンゴージュースのような接着剤です。)
注意点として、1発勝負になりますので、貼り合わせ後は一切位置の調整等はできません。


以下ME-01の情報になります。

◎塗布量について

塗布量についてまとめると
1.5ー3.0kg/㎡

こういう書き方をするとわかりづらいので
2.0kg/㎡くらいでしょうか。

1㎡で2kg
というわけで2㎡の場合、4kgを使用する計算になります。


お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願いいたします。

【ME-01 15kg(A剤5kgB剤10kg)セット コテ付】陶磁器質タイル、石材用弾力性接着剤



商品詳細

ME-01 JIS A 5548 タイプI 
ME-01

JIS A 5548 タイプⅠ
JAIA 4VOC基準適合

金属・FRP・コンクリート・モルタル下地の屋内外壁面に、陶磁器質タイルや薄物石材を張り付けるのに適した、変成シリコーン・エポキシ樹脂系弾力性接着剤です。
注 空気の対流が少ない箇所で使用すると臭気が残る可能性があります。

商品詳細

容量
容量A剤 5kg  B剤 10kg 
梱包単位1セット 
梱包形態 
用途
適用箇所コンクリート、モルタル、FRP、金属、                                        窯業系サイディング材、けい酸カルシウム板などの各種ボード
適用下地コンクリート、モルタル、FRP、金属、
適用仕上げ材陶磁器質タイル、薄物石材
性質
外観A剤 白色 マスチック状  B剤 灰色 マスチック状
主成分A剤 エポキシ樹脂  B剤 変成シリコーン樹脂
張り付け可能時間60分以内/23℃  可使時間 60分以内/23℃
標準使用量

1.5~3.0kg/㎡ ・ 0.3~0.6㎡/kg

使用方法

 

【下地の確認】

●コンクリート・モルタル下地

下地は凹凸や不陸のない平滑面とし、浮き水のないことを確認します。

●ボード類下地

タワミのない厚手の材料を使用し、目違いや目地あきのない下地とします。

【下地の清掃】

接着不良の原因となるゴミ・ホコリ・油分・レイタンスなどを取除きます。

 チェック:接着不良の原因となる可能性がありますので、吸水調整剤などは塗布しないで下さい。


【墨出し】

割り付け図面に従い墨出しを行います。

【接着剤の混ぜ合わせ】

1.接着剤のA剤とB剤を1対2の割合(重量比)になるように取り出します。

チェック:・接着剤を取り出す時はA剤とB剤では別々のヘラを使用して下さい。

      ・B剤は空気中の水分の影響により皮張りを起こしますので、取り出し時以外は蓋をして下さい。

2.取り出した接着剤を色が均一になるまで、よく混ぜ合わせます。

チェック:・一度に混ぜ合ぜる量は可使時間内に使い切れる量にして下さい。

      ・一度混ぜ合わせた接着剤は保管できません。

      ・A剤とB剤がよく混合されていないと接着不良や石材への汚染の原因となりますので注意して下さい。

【接着剤の塗布】

1.接着剤は左官ゴテを用いて下地に押し付けるように均一に塗布します。

チェック:・一回の塗布面積は張付け可能時間内に仕上げ材を張り終えることのできる面積として下さい。

2.接着剤を塗布した後、クシ目ゴテを用いてクシ目を立てます。

チェック:厚塗り・塗布ムラ・薄塗りなどは接着不良の原因となります。


クシ目ゴテ図


【仕上げ材の張り付け】

1.クシ目を立てた後すぐに仕上げ材を張り始め、張付け可能時間内に張り終えます。

チェック:張付け可能時間は環境により異なります。

2.仕上げ材はもみ込むようにして張り、裏面全体に接着剤がなじむようにビブラートなどの

  衝撃機具を使用して充分に圧着します。

3.約2㎡ごとに仕上げ材を1枚剥がし、裏面に接着剤が充分付着していることを確認します。

チェック:・接着剤がタイル表面に付着した時は、すぐにシンナーなどを含ませた布で拭き取って下さい。

      ・目地直しは接着剤が硬化する前(張り付け後30分以内)に行って下さい。

【養 生】

接着剤を硬化させるため仕上げ材張り付け後1日以上外力が加わらないように養生します。

【目地詰め】

1.目地詰めを行なう前に仕上げ材のズレがなく、また、接着剤が硬化していることを確認します。

2.目地部に目地材を充てんします。

チェック:伸縮目地や設備機器との取り合い部には、シーリング材を充てんしますので

     セメント系目地材を施工しないで下さい。

3.表面に残った目地材を拭き取ります。

【端部の処理】

伸縮目地や設備機器との取り合い部にはシーリング材を設けます。

チェック:シーリング材が硬化するまでは、ホコリやゴミなどが付着しないようにして下さい。



商品番号me01
商品名【ME-01 15kg(A剤5kgB剤10kg)セット コテ付】陶磁器質タイル、石材用弾力性接着剤
定価
販売価格36,720円
税別価格34,000円
メーカー
送料区分送料別
配送タイプ送料
在庫

数量:  





Q:いつもお世話になりありがとうございます。
先日FRP素材屋さんで買ったPVAですが、
水で洗っても型に貼り付いてなかなか取れません。
なにか良い方法はありますでしょうか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。

PVAは水でもとれますが、お湯や、エタノールなどのアルコール系溶剤であればもっときれいに取ることができます。

ぜひご利用ください。

【フレンズ・エタノール 250ml】スチロール用樹脂溶剤/ネオエタノール同等品

【フレンズ・エタノール 250ml】スチロール用樹脂溶剤/ネオエタノール同等品
販売価格  539円
税別価格  499円
【フレンズ・エタノール 500ml】スチロール用樹脂溶剤/ネオエタノール同等品

【フレンズ・エタノール 500ml】スチロール用樹脂溶剤/ネオエタノール同等品
販売価格  906円
税別価格  839円
どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。


Q:よくシーリング材にノンブリードタイプとかありますが、これはどういった意味があるのでしょうか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。

シリコンには可塑剤という柔軟剤のようなものが入っています。

これが実は曲者で、この上から塗料を塗ったりすると
上の塗料を侵し、汚染させることがあります。

これをブリードと呼びます。

このブリードがないタイプをノン・ブリードと読んだりします。

ですので、上から塗料を塗る場合は、ノンブリードタイプを使う必要があるということですね。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRP素材屋さんいつもお世話になってます。

FRPの繊維材料についてですが、それぞれどんな特徴がありますか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRPの繊維材料ですが、下記のように分類できると思います。

材料 材質 繊維化方法 状態 引張強度 曲面施行性 仕上げ 用途
ガラスマット ガラス繊維無方向 マット状 成型、船、タンク、防水、パーツ
ガラスクロス ガラス繊維方向性 編み込み 布状 船、タンク、パーツ他
ロービングクロス ガラス繊維方向性 編み込み 布状 船、タンク、強度物他
サーフェースマット ガラス繊維無方向 シート状 仕上げ品
ロービングひも ひも状のガラス繊維 編み込み ひも パイプ、役物他
ガラスパウダー ガラス繊維カット品 パウダー状 パウダー 混合用途

このあたりもカタログに書いてあります。

幾つか材料がありますが、それぞれの用途に合わせて使っていただくとよいですね。

どうぞよろしくお願いいたします

FRP素材屋さん

Q:馬渕さんこんにちは。

先日は材料ありがとうございました。
最近電話が繋がりにくいですね。

盛況のようでなによりです。

さて、先日FRPの上にウレタンの塗装を施しましたが、
このウマイ方法みたいなものはありますでしょうか?


A:○○さんこんにちは。

いつもお世話になりありがとうございます。


電話の件は本当に最近受注外の電話が多く申し訳ありません。

盛況というか、困っております。

インターネット等で調べて質問だけこちらにというケースが多いです。

そのためそちらに手を取られてしまっているという現状があります。

さて、塗装の件ですが塗装というのは数ある加工の中でも極めて難しい部類に入るものです。


すべてをお伝えできないとおもいますので、

初級編のポイントを絞って回答していきたいと思います。

1.マスキングの重要性
マスキングを使わない塗装をされる方が見えますが、きれいに仕上げようとおもったらほぼマストになります。
テープは被着体によって変えるべきではありますが、車両用の強粘着のモノが一番汎用性が高いです。

伸び縮みするものがありますが、こちらは引っ張るとラインが変形して変わってしまうので、車両用強粘着がこちらもおすすめですね。

後工程の拭き取り作業などがなくなるので、準備に時間がかかりますが、作業性は上がるはずです。
※作業にもよります。

良い職人はマスキング幅の広いもので作業をします。
悪い職人はマスキングをしないか、狭いもので作業をします。


2.下地調整
下地調整というのも大事なポイントです。
パテ、補修材での平滑化
異物撤去
脱脂
掃除
旧塗膜除去

このあたりはかなりの作業量になりますが、後工程でいじることを考えると10倍楽になります。

良い職人は前工程に力を入れます。
悪い職人は後工程に力を入れます。

3.塗膜
塗膜厚というのは物質が変化するために必要な要素の一つとなります。

例えば、1液の溶剤揮発型であれば膜圧が厚すぎることで外だけ揮発し、内部に残るなどが考えられます。
2液混合型であれば厚塗りで内部熱で塗装が収縮することも考えられます。

一概には言えませんが、膜厚は厚い方が問題になることが多いです。

塗膜をつけないと行けない場合において良い職人と悪い職人の見分け方があります。

良い職人は厚塗りしなければならない場合、何度も薄塗りを繰り返します。
悪い職人は厚塗りしなければならない場合、一度に厚塗りをします。


一般論でお話しましたが、とてもテクニックがいる加工と言えると思います。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。




このページのトップヘ