FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

Q:御社で台湾の樹脂がやすかったので購入したのですが、あとから船舶検定品という樹脂があることに気づき船の補修が心配です。㎡は5㎡くらいの補修箇所が数カ所になります。
品質的に大丈夫でしょうか?



まずは船舶検定品の樹脂についての解説:
船舶検定品は新造船などで使用される樹脂である一定の品質を保証する物です。
大型船の新造につかわれます。


A:FRP素材屋さんです。いつもお世話になりありがとうございます。
お客様のような補修などであれば国産の樹脂もしくは
海外の信頼できる製品であれば全く問題ないのでむしろ一般品をおすすめしています。

理由は2つ

◎品質面◎
あくまで自社独自見解ですが、”船検品と一般品で成形後の強度に有意な差は見られない。”というデータがあります。
これはあくまで自社製品との比較ですので一般論ではありません。

◎機能面◎
船舶検定品は大型船の成形を想定しているケースがあります。
そのためゲル化までの時間が長くとってあり、一般的な積層や補修の場合ゲル化までの時間が長すぎてかえって使いづらい可能性があります。

それより樹脂において大事なのは鮮度だと思っておりますのでどうぞ安心してご使用ください。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。

 

Q:硬化剤の入れ忘れ方法にはどんなものがありますか?

A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。
硬化剤の入れ忘れ方法で一番よくとられる方法は、
赤色に着色された硬化剤を使うことです。
http://www.frpsozai.com/15.html

また硬化剤を入れる手順を毎回一緒にしておくこともオススメですよ。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

 

Q:アルミローラーと豚毛ローラーの違いは何でしょうか?どうやって使い分けたらよろしいでしょうか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。

アルミローラーですが、これは金属のネジみたいなものを当てて空気を押し出します。
平滑性が高く堅いという特徴を持ちます。

一方豚毛ローラーですが、これは毛足の堅いブラシのようなものがローラーの先端についており、このブラシのニードル効果で空気穴を開けて空気を脱泡していきます。

このように”押し出す”のと”泡をつぶす” という違いがあります。


平滑面であればアルミが楽であり、下地に凹凸があったりコンクリートのようなデコボコがある場合は豚毛ローラーが適しています。

豚毛は凹凸でも平滑でも行けますが、アルミのように金属ではないので耐久性に若干劣るのと
硬化しかかっている樹脂が豚毛のキューティクルの中に詰まって毛が硬くなりがちですので洗う手間はかかります。

それぞれの特徴を知っていただきますようよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕 


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

Q:樹脂の収縮が少ない物はありますか?収縮を抑えるには?


A:樹脂の収縮を抑えるには液体収縮緩和剤が適しています。


◎素材的改善策
http://www.frpsozai.com/96.html
商品下の方にあります。
3.5kg,20kg

樹脂10に対し、緩和剤2-3を添加してください。

◎作業的改善策
硬化速度が早いほど収縮が強くなります。
そのため硬化時間を遅らせること。
硬化速度を遅らせること。

を念頭においてください。

また樹脂分が多いほど収縮率が高くなります。
これは樹脂≒硬化時収縮、ガラス繊維≒硬化時収縮しない

という性質から硬化時収縮しないものの比率を上げる事が効果的です。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

 

このページのトップヘ