FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  


Q:石膏とシリコンの離型剤について
1.石膏×シリコンには、離型剤はどのようなものがいいでしょうか?
2.石膏の原型の表面に細かなひび割れがあります。このような小さなキズも、シリコンは拾ってしまいますか?もしそうなら、サフェーサー的なものとしては、どんな製品が適しているのでしょうか?
突然で申し訳ありません。
御社の専門外のことでしたら、どうか失礼をご容赦ください。
よろしくお願いいたします。


A:回答します。

1.ワックスタイプの離型剤をお勧めします。

2.シリコンは液体なので石膏にヒビ等あれば流れ込みます。
 原型の石膏を研磨等で磨き上げる必要があります。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  



Q:発泡ウレタンについて。
発泡ウレタンで造型を考えてますが、ウレタンが発泡して硬化している最中は発熱はしますか?
発熱すると仮定した場合、石膏やFRPと同じくらいに高温になるのでしょうか?


A:
FRP素材屋さんです。

ウレタンの硬化ですが、発熱をします。

石膏とFRPとの比較は外部環境で大きく左右されるので一概には言えませんが、
発熱することは事実ですので取扱に十分注意してください。

どうぞよろしくお願い致します。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  




Q:ご丁寧にありがとうございます。
 
私も製品のざらざらは細かい孔によるものだと思います。
ネットで調べたら、あとから砂入りの樹脂を塗ると
ぼろぼろ取れるそうです。
 
とりあえず馬渕さんの言うとおりアセトンでためしてみます!!
 
ちなみに製品の素材は何かわかりますか?




A:FRPの密着については、

通常一般的なホームセンターの樹脂はインパラタイプです。
樹脂の特徴として硬化剤を入れて攪拌しても空気と触れあう部分は硬化しない特徴を持ちます。
ですので、パラフィンワックス【インパラ】が入っており、浮き上がって表層に膜を作る事で空気と遮断して完全硬化する物です。
 
これの上に砂入りの樹脂を入れる場合、研磨する必要がありますが、これは物理的なアンカー効果による接着です。
 
凹凸が多い場合、研磨が難しいので、研磨なしでそのまま上塗りすることも考えられます。
 
ネットでやられた方がこの方法をもしとっているのであれば、もっと強力な接着方法はあります。
 
接着というより、一体型のFRP層をつくる方法です。
それは、ノンパラタイプを使用してそのまま上塗りすると、未硬化の部分と上塗り部分が一体型の層になります。
従ってFRPが2層ではなく1層になります。
こうすることで膜によるハガレは改善するとは思います。
 
問題は、型に入れる場合、すでに空気と遮断されているので、カチカチに成っているという事です。
ただし、パラフィンワックス層がないため、接着力はかなり向上するとは思います。
 
これでも剥がれるようであれば、別の方法をとる必要があります。
 
2.方法の一つとしてFRPの偽岩をつくる際に表層の凹凸を再現するためにシリコン型という柔らかくて伸びる素材を使うことはあります。
ただし、型として回数をこなせないこと、費用が大分かかるということなどがあります。
凹凸は良いですが、気泡までは再現できない可能性があります。
 
3.メーカー品の材料は無機の材料のような感じがします。
発泡したセラミックのような質感のような気がします。
オレンジのものは瓦のような素材にも見えます。
不思議な素材ですね。
 
現時点では少し分りかねますが、引き続きアンテナを張っておきたいと思います。
 
FRP素材屋さん 馬渕 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  


◎お客様が当店に作製されたボルダリング用のクライミングホールドの実物を持ち込んでくれました。◎
それをFRP素材屋さんで評価して欲しいとのこと。

とても精巧にできておりますが、滑り止め機能が付与されていることが重要な気がしました。


☆FRP素材屋さん☆

素人目なのですが、売り物とほとんど変わらず、遜色のない物だと思います。
ただ表面の質感はやはり一番なめらかではあると思います。
 
メーカー品3種の中でいろいろ拝見しましたが、
一番手軽に対応作れそうなのは、軽石調の物だと思います。
 
①ザラザラ目のロック
これはベランダFRP防水のメーカーで砂と混ぜた樹脂を塗布する工法の仕上がりに非常によく似ています。
そこの工法は、トップコートに砂を混ぜて塗布する物です。
砂を混ぜたトップコートを塗布します。
 
今回の場合は、表面を軽く研磨してトップコートまたは樹脂に砂を混ぜて後から塗る方法です。
樹脂の塗布量よりも砂の径が大きいので、表面に凸凹がでてきて防滑効果を発揮します。
 
メーカー品との違いは
メーカー品の物は表面が発泡【細かい孔】しているのでとても軽くなっています。
発泡しているのにも関わらず非常に軽い素材です。

後から塗る方法ですと、以前もメールに書いたように、表面に凸型をいくつも作るものです。
原料は砂のため密度が高くなり、若干重くなると思います。
また質感は微妙に異なると思います。
表面に塗ると言うことは2層になるので、とれやすい可能性はあります。
 
 
②オレンジ、ブルー色のもの
他の二つは非常にたくさんの孔が空いており、表面のざらつきがあります。
こうした質感を作るには、乾燥収縮を作るといいのかな?
と思いました。
 
理論的には、樹脂にアセトンなど溶剤を多めに入れる事で、硬化後、塗布体積より大幅に収縮します。
収縮した部分が孔を作るという理論です。
 
問題点は、
収縮によって予定より大きな孔が出来る可能性があること。
強度が落ちる事
揮発性の溶剤の逃げ道を作る必要があること
などが考えられます。
 
③ブルー色のもの
多孔性の物の場合
石膏などで型取りをして、型の凸型のあなになる部分を残しつつ
型からFRP製品を取るという方法です。
 
④削られた部分というのは非常に石に近い質感を持っているのでグラインダーなどで研磨する
ただ、削るので、つるつるになりやすいです。
 
これらの方法があると思います。
細かい事はメーカーにも相談してみたいと思いますが、
メーカーも原料を作るだけの立場ですので、もしかすると効果的な反応が返ってこないこともあると思います。
 

ボルタリング用のクライミングホールドはメーカーさんがきっちりとした生産管理手法に乗っ取り作製しているものですので、自作される場合は、必ず自己責任にてお願いします。

またこちらでもいろいろ検討してみたいと思います。
 
よろしくお願い致します。
 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  


Q:築6年のFRP製ベランダを塗装する計画をしております。現在のところFRPは外見上劣化は殆んど認めません。御社で発売中の「インパラポリエステル樹脂系トップコート」または「防水工事用高耐侯性トップコート」を考えておりますが、どちらが適しているか判りません。
どちらが適しているか教えて下さい。
当ベランダの面積は約12平方メートルです。このベランダを塗るのに必要な
①トップコート量②硬化剤量③薄め液量④溶剤量
も併せて教示願います。
お忙しい所申訳在りませんが、宜しくお願いします。


A:
FRP素材屋さん店長馬渕敦史です。
 
お問い合わせありがとうございました。
 
 
お返事が遅くなり、申し訳ありません。
 
病気で入院中でした。
 
①トップコートは実測値で0.3kg/㎡くらいです。従って3kgで10㎡ほど塗れます。
②硬化材の量は1%~2%位を目処にしてください。
③薄め液は基本的に使用しません。ですが、もししょびしょびにしたい場合は、別途スチレンモノマーをご使用ください。アセトンほどではありませんが、耐候性、耐摩耗性などに影響はでると思われます。
④1.ベランダの水切りやサッシについてしまった物を布に含ませて取る。2.道具を洗浄する。3.表面の脱脂にしようします。
1.2はほとんど使用しないのですが、3が結構使用すると思います。
ですので4Lをご使用ください。
 
 
 
④にも関係ありますが、養生【他の部分にかからないようにする】処置があれば、アセトンは少なくなります。
テープなどをそろえると非常にきれいに塗ることができます。
マスカーと養生ビニールテープを購入されると便利です。
養生テープが布テープやガムテープと違うのは、はがしても糊のこりが一切ありませんので、このようなリフォームには特に最適と思われます。
 
 
これはプロの使用する手順ですがご参考ください。
 
1.表面を研磨ペーパーで研磨
2.表面のゴミを取る
3.養生
4.アセトンで脱脂
5.トップコートを作る【硬化剤や防滑剤http://www.frpsozai.com/23_152.htmlを入れる】
6.塗る
 
 
ご質問のトップコートですが、防水用をご使用ください。
これは紫外線に非常に強く、粘りのある高性能のトップコートです。
当社のゲルコートなどはあまり紫外線に強いタイプではありませんので。
 
このページにあるトップコートはすべて同じシリーズで高い耐候性をもつ防水工事(プロも使用している)用です。
 

よろしくお願いいたします。
 

Q:コンパネ4枚で 180x90x90の水槽を製作を考えておりますが、内張り
をFRPにて仕上げたいのですがどれ位の材料が必要か検討が付きませんので参
考までに教えてください。
コンパネの箱は、大工さん指導の元で作りますがFRPの作業が初めてのため大
丈夫でしょうか。




A:
お問い合せありがとうございます。

FRP素材屋さん店長馬渕です。
 
コンパネを使うと言うことで、単位をセンチと考えてお答え致します。
 
面積は内側FRPで
下地1.62㎡
立ち面4.86㎡
合計6.48㎡と計算しました。
 
通常版ガラスマット#380×2枚として計算致します。
簡易版ガラスマット#450×1枚もありますが、水漏れの可能性が高くなります。
お客様の好みでいいと思います。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
使用量について
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
プロが施工するベランダや水槽などの防水工事では、
8㎡で20kg樹脂を使用します。
1:樹脂は歩留まりなどを考えて20kgを1缶取って頂くのがいいと思います。
水槽ですので、硬質でいいと思います。国産、海外産
2:プライマーウレタン うまく塗れば1Lでギリギリ足りると思います。(薄塗りが難しいと思いますので、アセトンを10~20%程度混入してください。)
3:ガラスマット 3kg分位です。 8.19㎡分
4:アセトンは洗浄とプライマーうすめで4Lは必要だと思います。
5:発泡面木が必要です。箱の隅が直角ですので、これをFRPのなじむ角度に替えてあげる必要があります。発泡面木三角形長辺2cm×300×6本入=5~6セットが必要だと思います。(市販のシーリングなどを隅に塗って、そこに置いて押さえてください。カッターナイフで加工できます。)
パテでも代用できます。
6:キレイに仕上げる場合、脱泡ローラーが必要になります。あとは塗布ローラー関係容器関係です。
FRPの塗布ローラーは使い捨てとお考え頂いたほうがいいです。
7:表面色はペンキでもいいですが、FRP層と一体化するゲルコートかトップコートをおすすめします。ゲルコートには別途パラフィンワックスを混入する必要があります。
色はお好みに応じて調色することはできます。
ゲルコート・トップコート=2.8kg以上必要です。
トップコートを樹脂に混ぜてFRP積層終わった後に中塗りをするとよりキレイになりますので、4kgをおすすめいたします。
即出可能トップコート・ゲルコート色は
グレー基本色
ホワイト(ゲルコート)
濃グレー
ベージュです。
そのほかはお問い合せください。
8.硬化剤
硬化剤は樹脂に対して0.5~2%ですので、200MLから400MLを使用します。
夏場ですので、2%は危険です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
↓必須ではありませんが、あると便利な物
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
7:もしコンパネの木口(水槽上側の12ミリの断面)をキレイに仕上げたいときは、FRP防水テープもあると綺麗になります。
FRPは直角は塗れません。
8:ガラスマットでもある程度キレイに仕上げることはできますが、表面にマット目がみえることがあります。よりキレイに仕上げたいときは、ガラスマット380×1+サーフェースマットを表面につけるとよりキレイにできます。
9:サンディングペーパー
あるとベンリです。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
注意事項
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
よくある失敗
1.立ち面などでガラスマットに塗り込み中にベロンと垂れてきてしまうことがよくあります。
 
ですので、強い粘着テープなどでよく上側を止めておく、または、タッカーと呼ばれるホチキスでガラスマットを留めると言った対処が必要です。
 
2.立ち面の上から樹脂が垂れてきて下にたまりやすいので、ダレ止め剤を入れるか、タルク・タンカルなどで増粘すると垂れにくくなります。
 
3.マットの継ぎ目がよくわかる、
これは、マットの継ぎ目を必ずほぐすようにしてください。
手でちぎるようにして重ね合わせることで、重ね代がわかりにくくなりますよ。
 
4.出隅に空気が入る
これは、FRPの特質上仕方のないことです。防水テープで代用しましょう。
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
水槽の順序
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1.下地を作ります。
2.発泡面木をつけます。
3.ウレタンプライマーを塗ります。
4.乾燥後、ガラスマットを裁断して、ずり落ちないように良く固定します。
5.樹脂に硬化剤を入れ、塗布ローラーで塗っていきます。
6.脱泡ローラーで泡を抜きます。5/6の繰り返し
7.硬化したら、サンディングペーパーで研磨して、中塗りをします。(トップコート混入)
8.トップコートを塗ります。
 
配管については仕様がよく分りませんので、またご質問ください。
 
ざっくりFRPの材料費で20,000~30,000円くらいではないでしょうか?
慎重に作業すればFRPは出来ると思います。
(タレに注意することと、ガラスマットのずり落ち、硬化速度が速すぎる)
 
その他わかりにくいところあれば、いつでもおっしゃって下さい。
 
お問い合せありがとうございました。


追記:FRP防水施工時の計算表を設けましたので、そちらも参考にして見てください。

FRP防水施工量計算表はこちら 
 

このページのトップヘ