FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。 日々のお客様からの問い合わせに対する回答を集めてあります。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

Q:現在ベランダ防水のトップコートを塗ってますが、上手い方法というのはあるのでしょうか?


A:トップコートの上手い塗り方についてはまずは通常の塗料、塗装との違いを認識する必要があります。

普通の塗料であれば最も大事なのは美観、つまり綺麗にしあげることです。

しかしトップコートの場合は、紫外線から防水層を守る。
つまり防水層の保護という機能的な側面があります。

そのため綺麗に仕上げるということより本来は防水層の保護という観点から施工しなければならない。
ということになります。

綺麗に仕上げようとするならば、塗膜面を短毛ローラーで薄くぬることが一番綺麗には仕上がります。
それは凹凸が少なく仕上がるからです。

しかし、トップコートは紫外線から防水層を守るため、ある程度の膜厚が必要になります。

具体的には膜厚0.2-0.3mmであり、この膜厚になるようきちんと事前にトップコートの量を計量しておく必要があるといえます。

膜厚は計ることは難しいと思いますので、重量で換算します。

1㎡に対し0.4kg
10㎡に対し4kg
 
です。

この分量を正しく均等に塗布していくことが重要になります。

理論的計算方法は上記になりますが、
但し、立ち上がり面(垂直面)は塗布量が減ります。


塗り方の基本は、塗料の塗布量を均一化すること。

といえます。

つまり塗布した際に凹凸のように多い場所、少ない場所があるとよくないということになります。

そのためNNNというように斜め方向にローラーを動かし、ローラーの目(凹凸)を消しながら塗布してください。

どうしても塗布の凹凸ができるのがローラー塗りの最も難しい部分ですので、 
この部分を以下に消しつつ、塗布量を平準化できるか。

ということが大事な面になります。
すると自然に綺麗に仕上がってくるということです。

一番は機能面
そして
付随して美観面ということになります。


どうぞよろしくお願い致します。


FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:FRP防水の際に、トップコートを塗る際にはじきがでてしまいます。
そのため下地の透明部分が見えてしまったりするのですが、どうしたらよいでしょうか?


A:お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

個人的にどれだけ安くても使いにくい樹脂や材料はラインナップしないようにしております。

結果的に使用者が損をしてしまうからです。

現状FRP素材屋さんで販売しているトップコートはイソ系で耐候性が高く、
施工性もとても良い商品です。

また忘れてはならないのは隠蔽性。

同じ量の色をぬっても下地が出やすいと、上に塗り重ねせねばならず、材料が無駄になるばかりか、防水層の上の厚塗りトップコートはクラックの原因となるためよいことは一つもありません。

下地が隠れやすいのが隠蔽性の高いトップコートです。
現状グレー、ブラウン、ブルーともに非常に隠蔽性が高く、壁面でのタレにくい製品となっております。


さて、トップコートのはじきについてですが、
確かに色によって弾きがでるものとでにくい物があります。
もしかしたらこれは色による目立ちの違いなのかもしれません。

一般的にはじきやすい場合はどんな場合かと申しますと
下地がツルツルしている場合です。

従いまして、きちんとサンディングペーパーで目荒らしをすればこのはじきをある程度抑える事ができます。

ガラスの上に水を垂らすのと、砂利の上に水を垂らすのとでは全く違いますよね。

また、きちんと同色で着色した樹脂、いわゆる中塗り工程を入れる事で圧倒的に目立ちにくくなります。

全面サンディングをすればはじきもおきず、かと言って剥離もおきない理想的な塗膜が出来上がると思います。

いずれにしても中塗り、研磨工程も非常に重要な工程ですので、きちんとした管理体制で施工したいものです。

よろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕 

http://www.frpsozai.com/

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。


Q:FRPの素人でFRP樹脂の使い方がわかりません。
教えていただけないでしょうか?



A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

お問い合わせ頂き、ありがとうございます。


樹脂を硬化させることがFRPの第一歩です。

硬化メカニズムは
FRP樹脂の使い方はFRPの樹脂は中に入っているコバルトと硬化剤の熱反応で固くなります。

そのスピードは硬化剤の量で調整できます。

ポイント1
硬化剤の量によって硬化時間を変更できる。

ではどのくらいの量を入れたら良いのかともうしますと、

通常は樹脂100に対して硬化剤を1くらいの割合で入れます。
これを硬化剤1%といいます。

よく混ぜていただかないと硬化不良になることがあるので注意してください。

ポイント2
よく混ぜないと硬化不良になる。

またFRP樹脂はまぜたときから硬化をはじめますので、速やかに使い切ってください。

最初の初心者の頃は使い切れる量づつを作っていくのが良い方法です。

そのため最初はポリ容器に1kgづつ測って使っていってください。

慣れてきますので、そのうち樹脂の量を増やしていくと良いですよ。

ポイント3
初めての場合は、少量から始める。


FRPはファイバーで強化したプラスチックなので樹脂だけではいけません。

ここにファイバー、普通はガラスマットを使用します。
ガラスマットを敷いておいて樹脂(硬化剤を混ぜたもの)を塗布していきます。

内部に空気が入るので、上手く抜いたら(脱泡作業)

やがてゲル化(ゼリーのようになる。)が始まりカチコチに硬化します。
樹脂に硬化剤を3%添加します。



するとFRPの完成となります。

イメージはできたでしょうか?



よろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕

 自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:ベランダの塗装のはがれがあります。
FRP素材屋さんこんにちは。

インターネットで探してたどり着きました。
膨大な量の情報がのっているので信頼できそうなのでご相談します。

3年前に新築したベランダの塗装が剥がれています。

このベランダのネズミ色の塗装がハガレて下の透明な部分が見えてきてしまっています。

業者に確認を入れたら、FRP防水という塗装で上の塗料だけがハガレているということで大丈夫だ。

という解答でしたが、なぜ塗装がはがれたのでしょうか?原因は?
FRP素材屋さんはどう思われますか? 


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんまぶちです。

症状としてはおそらくコレだと思います。

インターネットには明らかに間違った情報が流れていることがありますので、
注意してください。

私は昔このFRP防水工事の職人を10年近くやっておりまして、
主任施工工事数700件を超えております。

1級FRP施工技能士と県の優秀施工技能士に選ばれておりますので
解答の信憑性は取れると思います。

FRP防水

このFRP防水工事というのは実は歴史がそれほど長くなく、初期の工事では不具合があったこともまた事実です。

今回のケースですが、業者が言うように防水のトップコートと呼ばれる保護層のハガレになります。

下地のFRP樹脂は紫外線に弱いので、

紫外線に強いトップコートという塗料で保護してあるのです。

ちなみにこのトップコート、膜厚で0.2-0.3mmほどあり、通常の塗料よりも遥かに膜厚があり、外的衝撃、傷などにも強いです。

トップコート
トップコート(27) 
表面保護・色付けしたいときのFRPカラーコートのトップコートです。紫外線から守ってくれます。


今回の塗装の剥がれではすぐに水漏れすることはないかと思います。

しかしながら長期に渡って防水層が暴露すると防水層の樹脂が紫外線で分解されて防水層が劣化するので保証期間内であれば早めに業者さんに連絡してトップコートの塗替えをしてもらった方が良いです。

ちなみに
このトップコートのはがれの原因は

1.防水施工上の問題
トップコートを塗る前に下地の防水層をよく研磨しなければなりません。
これはトップコートと樹脂層の密着をよくするためで凹凸をたくさんつければレゴブロックのように接着します。
この工程、結構大変なので手抜き工事ではサボりがちになります。

2.工程管理上の問題
本来、トップコートと樹脂層は密着しなければなりません。
しかし工務店によっては、ベランダ完成後もたくさんの職人さんがベランダに出入りします。
そのためベランダを初期に完成させてしまうと後工事で汚れが付着するので、トップコートの塗装を後にしてくれ。というケースがあります。

そうすると、防水層が完成後大分日にちがたってからトップコートを最後に塗るので、同じ日にトップコートまで仕上げるより密着性が格段に落ちます。

実際にこのケースで剥がれたベランダをたくさん修理したことがあります。
この場合、本当にトップコートが卵の殻を向くようにパリパリと剥がれることがありました。

基本的に密着させることが大事です。
実は簡単なことでトップコートをかけて塗装を完了させてから養生板という保護材でしっかりと保護してあげれば良いだけなのです。

私が職人だったころは工務店さんに事情をしっかりと
説明して同日トップコートを基本にしてもらいました。

当然問題は一件もおきていません。
この方がお施主さんのためだからです。


3.樹脂の問題
防水用の樹脂というのは密着性能を高めるため、弱インパラという樹脂になっており上で作業もできるが、密着性能も良いという相反する要素を兼ね備えた樹脂になります。

ただ、昨今、とくに量産戸建て、建売の一部ではコスト削減のためコストの安い樹脂を使うケースが後をたちませんでした。
そのため上で作業はできるが密着が悪いという樹脂で施工され、トップコートがはがれることがよくありました。


以上がベランダ塗装剥がれの問題の原因です。


◎修理の方法◎

さて、リカバリの方法ですが、現状ベコベコ浮いてきているという症状は下記のレベル別不良ランクではレベル3に位置します。

この場合トップの塗り替えでは済みそうにもありません。
なぜなら浮いた可能性のあるトップコートの上に再度トップコートで塗装しても
下から浮いてくるからです。

そのためガラスマットを1層入れて再度防水層を作ってやらなければなりません。

防水リペアキット 

【FRP防水セット10㎡分】【FRP防水セット10㎡分】(24) 


現状レベル3になりますので
今度業者さんが治される際には、きちんとガラスマットを入れているかどうかを確認しましょうね。

でないとまた再発することに成るかもしれません。

FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。



 

Q:まぶちさんいつもお世話になりありがとうございます。

FRPで板を作りたいのですが、
重さが知りたいです。

厚みは1㎝で大きさは1m×2mとなります。
また厚みがことなる場合どうなるのかも知りたいです。
よろしくお願い致します。


A: 厚みはまずメートルに揃えます。

1㎝は0.01mです。

1立米は1,000kgです。

0.01m×1m×2m =0.01立米となります。

1立米が1,000kgですので10kg
となりますが、これは水など比重1.0の場合。

FRPは比重1.5ですので10*1.5ですので15kgとなります。

各素材の比重は

1.樹脂 約1.1
2.FRP成形物 約1.5
3.アセトン 約0.88
4.トップコート・ゲルコート 約1.25
5.ポリパテ(ホワイトパテ)約1.3
 
となります。

どうぞよろしくお願い致します。 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:屋上のFRP防水の工程ですが、カチオンシーラーの上にウレタンシーラーは必要ですか?




A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

塗られたカチオンシーラーが当店のものでなければ申し訳ありませんが、解答はしかねます。
今回一般論として解答をいたします。

凹凸が激しい屋上などの防水では、ダイレクトにFRP防水をかけるより
カチオン系の下地調整材で平滑にしてからの方がトータルメリットが出るケースが多いです。

樹脂モルタル防水下地処理加工


FRP素材屋さんですと
カチコテSPまたはカチオンシーラーで樹脂ノロを作って施工していきます。
カチコテSPであれば水と混ぜるだけなのでカンタンに樹脂ノロができます。

凹凸があまりにも激しい場合、
樹脂モルタルにします。

モルタルとノロの違いは
樹脂ノロ=水+混和剤(カチオン)+セメント
樹脂モルタル=水+混和剤(カチオン)+セメント+砂
コンクリート=水+混和剤(カチオン)+セメント+砂+砂利

という違いになります。

当然ノロよりはモルタルの方が強度が出ます。


【カチコテSP 20kg】お手軽防水下地調整剤

【カチコテSP 20kg】お手軽防水下地調整剤
販売価格  5,184円
税別価格  4,800円
【カチコテSP 20kg×10袋セット】お手軽防水下地調整剤

【カチコテSP 20kg×10袋セット】お手軽防水下地調整剤
販売価格  51,300円
税別価格  47,500円
【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン18kg】防水下地調整剤用混和液HBC-100

【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン18kg】防水下地調整剤用混和液HBC-100
販売価格  10,778円
税別価格  9,980円
【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン2kg】防水下地調整剤用混和液

【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン2kg】防水下地調整剤用混和液
販売価格  1,922円
税別価格  1,780円
【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン1kg】防水下地調整剤用混和液

【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン1kg】防水下地調整剤用混和液
販売価格  1,058円
税別価格  980円
【シリコンシーラント用カートリッジガン 1本】詰まり止め・ノズルカッター付き

【シリコンシーラント用カートリッジガン 1本】詰まり止め・ノズルカッター付き
販売価格  307円

つぎにウレタンシーラーですが、

きちんと含水率が適正であればシーラーをなくすケースもありますが、
ウレタンシーラーを施工したほうが良いです。

ただ、実務上はウレタンシーラーをやる場合があります。
これはノロの水分が上がってこないようにするためです。
また、セメント等のアルカリ分の”き出”を抑えることもできます。
またノロ全体を樹脂シーラーで堅めることもできます。


注意点としてはウレタンシーラーをアセトンで希釈して塗っていく方法です。

添加量としてはウレタンに対して15%以内です。

塗布量は源液ベースで0.2kg/㎡ですが、現場に応じて塗布量を変える必要があります。
※ここでは一般論として解答しています。

薄める理由としては、樹脂ノロの場合、塗布量が少なく場合によってはウレタンシーラーの粘着によってローラー施工中にノロが取れてしまうことがあるためです。
 
現場現場で変わってきますので、施工に関する件についてはお問い合わせください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕



洗浄前


高圧洗浄後


樹脂モルタル防水下地処理加工


積層後高耐候性トップコート仕上げ


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

このページのトップヘ