FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事約1000件を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 TEL0575-49-4001FAX0575-49-3718 mabo@frpsozai.com

FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

樹脂・トップコートの保管期間はどのくらい?

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 



Q:FRP防水コンテナを作りたいのですが、樹脂やトップコートなどは開封後どの程

度保管、再利用が可能なのでしょうか?

できるならまとめ買いをして、余った分は2~3ヶ月後の時間が出来た時にまた使
う。というような使用を考えているのですが。

例えば、夏は気化し易いから保存期間が短くなる。樹脂は長期保存可能だが、ト
ップコートは難しい等教えてください。

よろしくお願いします。


A:
この度はお問い合わせ頂きありがとうございます。

保管方法のお問い合わせにつきまして
基本的には缶の蓋を密封し、冷暗場所にて3ヶ月程度であれば保管可能です。

樹脂系は“熱硬化”ですので硬化剤を添加していなくても
保管場所によっては熱を帯びゲル化する可能性があります。
※トップコートも樹脂の一類です。

ご検討の程、宜しくお願い致します。

FRP素材屋さん スタッフ

タルク・タンカル・アエロジルの違いとは?

Q:パテ用の粉体について

また、形状の複雑な部分にのみ樹脂+パテみたいな物を塗布しようかと思うので

すが、アエロジル、タルク、などの製品の使い方が勉強不足のせいかイマイチよ
く解らないのでご教授いただけないでしょうか?




A:パテ用の粉体について

アエロジル・比重が軽く、切削性の良いパテが出来る。強度はありません。アエロジルのみでパテをつくるともさもさになります。
通常の樹脂に添加することで壁面などのダレ止め材として力を発揮する特徴があります。

タルク・滑石 比重が重く、硬いパテが出来ます。
通常パテにはこの材料が使われています。

タンカル・炭酸カルシウム・比重がタルクより重く、硬いパテが出来ます。
通常パテにはこの材料が使われています。

強度を出したい場合は、ガラスマットをみじん切りした物をパテに入れると強度がアップします。
どうぞよろしくお願いします。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

ワックス離型剤の塗り方を教えて下さい。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  



Q:ワックス離型剤の塗り方を教えて下さい。




A:ワックス離型剤は基本的に少量を複数が基本です。

少量づつをすりこんで、拭き取る。

この作業を繰り返してください。

塗るための素材は、布などをくるんだものがよく使われます。

最後は艶がなくなるまで3-5回に渡って繰り返してください。

この作業を怠ると後から型の修正など手間暇が数倍にもなります。 

ゲルコートをパリッとさせるには?

Q:白ゲルコートについて伺います。

こちらの商品は軟質、硬質等の種類などあるのでしょうか?
パラフィンワックスを添加すれば硬いパリッとした表面状態になるのでしょうか


FRPにてバイク用のカウルを作成しようと考えております。
表面白ゲル状態の製品を考えている為、
上記ゲルコートの硬化剤及びパラフィンワックスの添加割合を教えていただけな
いでしょうか?

また、形状の複雑な部分にのみ樹脂+パテみたいな物を塗布しようかと思うので
すが、アエロジル、タルク、などの製品の使い方が勉強不足のせいかイマイチよ
く解らないのでご教授いただけないでしょうか?




A:白ゲルコートには軟質、硬質はありません。
硬質タイプになります。
パラフィンワックスを添加することで通常は硬化しない表面のべと付きが改善されます。

パラフィン添加量は3-5%程度です。樹脂100に対し3から5・重量比

硬化剤は通常1-3%程度ですが、1番寒い時期ですので、3-5%程度入れる場合が多いです。温度やその他諸条件によって変わって来ます。

アエロジル・比重が軽く、切削性の良いパテが出来る。強度はありません。アエロジルのみでパテをつくるともさもさになります。
通常の樹脂に添加することで壁面などのダレ止め材として力を発揮する特徴があります。

タルク・滑石 比重が重く、硬いパテが出来ます。
通常パテにはこの材料が使われています。

タンカル・炭酸カルシウム・比重がタルクより重く、硬いパテが出来ます。
通常パテにはこの材料が使われています。

強度を出したい場合は、ガラスマットをみじん切りした物をパテに入れると強度がアップします。
どうぞよろしくお願いします。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

透明樹脂がネバネバのまだら状になる!!

Q:先日、FRP素材屋さんで注型・封入用透明樹脂を購入しました。

シリコン型を作り注型し透明パーツを作りましたが、
表面がネバネバのマダラ状になってしまいます。
型の方にもネバネバが残ってしまいます。

硬化剤を買い忘れてしまい。
硬化剤は別のものを使いましたが、
同時に購入したゲルコート樹脂、frp樹脂ワックス無しも固まっているので、
これは硬化不良の原因ではなさそうです。

型、樹脂は速く硬化させる為に乾燥炉を作り40度位に暖めて作業しています。

型に使った離型剤の影響か何か。空気に触れていない部分もネバネバです。

考えられる原因を教えてください。よろしくお願いします。



A:
いつもお世話になりありがとうございます。

硬化剤が他メーカーのため、何とも言いづらい部分がありますが、
考えられる点として、
1.ノンパラ樹脂(ワックスを添加させず透明度を高めているため)のため、表面はべとつきます。
ワックス添加後、少量の樹脂を上に1層かけて下さい。

2.シリコンとfrpは相性が悪いです。※そのため、剥離しますが
表面にシリコンの付着がある場合、硬化を阻害するケースが出ています。
そのため、シリコーンオイル等付着していない状況にして下さい。

3.硬化剤のカクハン不良
行き渡 らないと硬化しないケースがあります。
注意して下さい。

おそらく今回のケースですと2が考えられます。
方に使った離型剤の影響(シリコン系?)が考えられますので、その点をご留意下さい。

塗り込む系のワックス【ボンリースなど】でも型にすり込み、表面の油分を拭き取ってから次の工程に向かいます。

そのため、離型剤の反応が一番確率の高いケースだと思います。

表面のべと付きに関しては、ポリエステル樹脂の宿命ですので、1.を試して下さい。

どうぞよろしくお願いします。



自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
 

水槽の下地を埋めるものは何がありますか?

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 



Q:2×4材で作った木枠を芯材にして、FRP製の水槽を作ることを考えています
木枠の角や隙間を埋めるためのパテはどんな種類のものを使えばよいでしょうか



A:
この度はお問い合わせ頂きありがとうございます。

お問い合わせ内容につきまして
FRP前の下地処理には【ウレタン系シーリング剤】が一般的です。

角にはウレタン系シーリング剤を使用して発泡面木を取り付けると
ガラスマットがなじみやすいです。

ご検討の程、宜しくお願い致します。

FRP素材屋さん スタッフ
記事検索