自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 


Q:御社のポリエステル樹脂インパラタイプと、硬化剤を購入しました。
それについての問い合わせです。

ポリエステル樹脂を硬化剤に混ぜて塗りましたが何度塗っても水がもれてしまいます。
家の庭に池を作ろうと思いセメントを塗り次にゴムシートを張りその上から防水セメントを塗り更にポリエステル樹脂を
何度も何度も塗りましたが水が漏れます。

底から2センチ程たまっている状態です。なので、水の境から御社の油粘土を厚く塗りましたが、
一向に水が溜まる様子はなくかわりません。技術的な違いなのでしょうか?

樹脂と硬化剤の比率も間違わないようにしました。あまり多く入れると固くなりすぎヒビがはいりますので、
気をつけながらやりましたが、見たところヒビはないようです。どうしたらいいでしょうか?


A:いつもお世話になり、ありがとうございます。

お問い合わせ内容につきまして
基本の防水層をご案内致します。

★セメントの上にFRPを貼る場合★

①ウレタン樹脂シーラーで下地処理
 セメントには水分が多く含まれているため直に樹脂を塗ってしまうと
 油分の樹脂とは相性がよくありません。
 また、シーラーはセメントのアルカリ性を抑制する意味もあります。

②ガラスマット+樹脂
 樹脂だけ では強度がないためガラスマットを含ませることによって
 クラックやヒビを抑えることができます。

③トップコート
 屋外の場合は紫外線対策にトップコートで樹脂層を保護します。


油土の使用につきまして
油土は本来、美術等の工作に使用するものなので
当社ではFRP補修に使用した経験がございません。

ただ、補修をしてしまっている現在、もし剥がせるのであれば
剥がして最初からやり直した方が確実にできると思いますが
もし上から重ねるとなると、油土の油分で密着しない可能性があります。
これに対応するシーラー等はございません。

ご検 討の程、宜しくお願い致します。

FRP素材屋さん スタッフ