自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  


Q:現在、FRP防水のベランダのトップコートが傷んでいて塗り替えます。
その際、サンダー、アセトン拭き後、このシーラーは塗ったほうがいいですか。
もし塗ったほうがよければ16kg、塗らないほうが良いなら4kg必要で、
注文できずにいます。よろしくお願いいたします。






A:アイカJU70について

作業する際、研磨作業工程と粉の問題をクリアするための商品です。

組成は旧トップコートとの密着性を高めた1液湿気硬化型ウレタンです。

それぞれ
1.アイカJU70を使用し、アセトンでよく脱脂後積層工程に移る
2.アセトンで脱脂後、研磨してシーラー処理後、トップ工程に移る
3.アセトンで脱脂後、研磨してトップ工程

と各3種類の工程があります。
当店でもアイカJU70と同等品九州塗料リメイクプライマーの取扱いがありますが、非常に高価【3.5kgで21800円】になるため、ほとんど売れておりません。
ですので、アイカJU70が選択肢としては優れていると思います。

いずれの場合もゴミとり、油分除去、チョーキングの粉とり、などを行なう必要はあります。
下地を研磨しない場合は、
JU70を使用する方法が良いと思います。
4kgで約8,000程度
研磨をして安全性を期すならばシーラー塗布ごトップコート
研磨を念入りにして【アンカー効果での物理的接着】するなら清掃、脱脂、研磨、トップコートという手順でいけます。
ただ、抜けがあったりすると、後々剥離原因に成りますので、注意が必要です。

それぞれ工程を取るかコストを取るかという兼ね合いに成ってくると思います。