自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  




Q:FRPで古くなった浴槽(バスタブ)の修理をしたいです。
専用の樹脂等はありますでしょうか?


A:FRP素材屋さん店長馬渕です。

浴槽はFRPのなかでも非常に難しい部類に入ります。

浴槽は特にお湯が入るので、50度~マイナスまでの幅があり、
温度が高くなるほど分子間の動きが活発になり、
異種材料を接着した際に、剥がれる可能性が高いためです。


マンションなどの浴槽修理でも10-25万円程度が相場です。

これは割高というわけではなく、事実これだけの工程と手間暇を要するということになります。

技術的にはプロでも非常に高度な技術を要します。

そのためメーカーでも浴槽用のFRP材料を売っていないのが現状です。
※クレーム率の高さから

一度ご検討を頂けると嬉しく思います。