Q:ガラスマット・ガラスクロス・サーフェースマットの違いを教えて下さい。


A:以下の表を参考にしてください。
よく#100(ひゃくばん)など番手で呼ばれることがありますが、これはすべて平方メートルあたりの
グラム数となります。

したがいましてこの数値が大きいほど重く、厚くなるというように理解してください。

製品名 厚み   説明 用途
サフェース 30 g/㎡ サフェースマット サフェースは英語で表面という意味です。ガラス繊維が見えにくく平らな面がでっます。 表面
ガラスクロス 100 g/㎡ ガラスクロス 規則正しく並んだ格子状の美しいクロス。補強に使用されます。 引張強度が必要な場所
ガラスマット 380 g/㎡ ガラスマット防水用 やや薄手のガラスマット 厚みで約0.8mm~0.6mm 全般・防水・薄手の場所
ガラスマット 450 g/㎡ ガラスマット防水、一般用 通常のガラスマット 厚みで約1mm~0.8mm 全般・厚みが必要な場所
ロービングクロス 580 g/㎡ ロービングクロス 極厚のガラスクロス。船などの重補強に使用されます。 強度が必要な場所
カーボン   g/㎡ カーボンクロス、他の素材よりも強度がでるが割高。 軽量でかつ強度が必要な場所
 


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。