Q:シーリング材がいろいろありますが、どれをどのように使ったら良いのでしょうか?


A:シーリング材は大きく分けて3つに別れます。

◎シリコン系
○変成シリコン系
●ウレタン系
です。

アクリルやその他ありますが、ほとんどないのでこの3本で。


◎シリコン系は、シリコンシーラント。いろんなカラーがあって一番一般的な商品になります。

しかし注意点があり、
1.塗料の剥離硬化がある。
2.可塑剤の移行により硬化不良や変質させる硬化が

といったデメリットがあり、一番最後の工程のみに使用されます。

耐候性がよく、カラーも様々、そして価格も安いです。


これを改良したのが○変成シリコンです。
上から塗料を載せたり、そのまま外壁の目地材になったりと用途は様々です。

耐候性の良さと、施工性の良さの両立をはかっています。

価格は若干割高


●ウレタン系は耐候性が低く、劣化し易いですが、下地、上塗り剤との密着性がよく、
下地に一番適している材料です。

価格は中程度


といったところでしょうか?  

参考になさってください。

 
自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。