Q:もう何年も前からあるガラスマットが家にあるのですが、問題はありませんか?



A:FRP素材屋さん馬渕です。

非常に返答に困る?タイプのご質問ですが、
一般論として解答いたします。

まず長期保存が良いか悪いかですが、

良くはないという解答になります。

ただし使える可能性もありますので、もし使えるのであればご使用頂いたほうが◎◎様にとってメリットがあるのではないかと思います。


長期保存のデメリットについてですが、

1.ガラス繊維自体の目立った物性低下は想定しにくいですが、
一方でガラス繊維を束ねている糊分の劣化、糊、処理剤の揮発などが想定されます。

そのためこのツナギが減少することでマット自体が飛散しやすくなる。
と言ったケースや、樹脂が浸透しにくくなることから作業性が劣ります。

2.水分の混入
どちらかというと1が作業性の問題でしたが、2は異物の問題です。
樹脂と水分は非常に相性が悪いので、この水分の混入があると白化現象を起こしたり、硬化不良につながったりと物性の低下をもたらします。

従いまして使えなくはないが、好ましくはない。

という解答になろうかと思います。

処分するのも大変かと思いますので、自己責任において使用できる場所に使用していただくのがベターな方法かと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。