Q:屋上のFRP防水の工程ですが、カチオンシーラーの上にウレタンシーラーは必要ですか?




A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

塗られたカチオンシーラーが当店のものでなければ申し訳ありませんが、解答はしかねます。
今回一般論として解答をいたします。

凹凸が激しい屋上などの防水では、ダイレクトにFRP防水をかけるより
カチオン系の下地調整材で平滑にしてからの方がトータルメリットが出るケースが多いです。

樹脂モルタル防水下地処理加工


FRP素材屋さんですと
カチコテSPまたはカチオンシーラーで樹脂ノロを作って施工していきます。
カチコテSPであれば水と混ぜるだけなのでカンタンに樹脂ノロができます。

凹凸があまりにも激しい場合、
樹脂モルタルにします。

モルタルとノロの違いは
樹脂ノロ=水+混和剤(カチオン)+セメント
樹脂モルタル=水+混和剤(カチオン)+セメント+砂
コンクリート=水+混和剤(カチオン)+セメント+砂+砂利

という違いになります。

当然ノロよりはモルタルの方が強度が出ます。


【カチコテSP 20kg】お手軽防水下地調整剤

【カチコテSP 20kg】お手軽防水下地調整剤
販売価格  5,184円
税別価格  4,800円
【カチコテSP 20kg×10袋セット】お手軽防水下地調整剤

【カチコテSP 20kg×10袋セット】お手軽防水下地調整剤
販売価格  51,300円
税別価格  47,500円
【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン18kg】防水下地調整剤用混和液HBC-100

【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン18kg】防水下地調整剤用混和液HBC-100
販売価格  10,778円
税別価格  9,980円
【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン2kg】防水下地調整剤用混和液

【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン2kg】防水下地調整剤用混和液
販売価格  1,922円
税別価格  1,780円
【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン1kg】防水下地調整剤用混和液

【カチオン樹脂系アクリルエマルジョン1kg】防水下地調整剤用混和液
販売価格  1,058円
税別価格  980円
【シリコンシーラント用カートリッジガン 1本】詰まり止め・ノズルカッター付き

【シリコンシーラント用カートリッジガン 1本】詰まり止め・ノズルカッター付き
販売価格  307円

つぎにウレタンシーラーですが、

きちんと含水率が適正であればシーラーをなくすケースもありますが、
ウレタンシーラーを施工したほうが良いです。

ただ、実務上はウレタンシーラーをやる場合があります。
これはノロの水分が上がってこないようにするためです。
また、セメント等のアルカリ分の”き出”を抑えることもできます。
またノロ全体を樹脂シーラーで堅めることもできます。


注意点としてはウレタンシーラーをアセトンで希釈して塗っていく方法です。

添加量としてはウレタンに対して15%以内です。

塗布量は源液ベースで0.2kg/㎡ですが、現場に応じて塗布量を変える必要があります。
※ここでは一般論として解答しています。

薄める理由としては、樹脂ノロの場合、塗布量が少なく場合によってはウレタンシーラーの粘着によってローラー施工中にノロが取れてしまうことがあるためです。
 
現場現場で変わってきますので、施工に関する件についてはお問い合わせください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕



洗浄前


高圧洗浄後


樹脂モルタル防水下地処理加工


積層後高耐候性トップコート仕上げ


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。