Q:FRP素材屋さんこんにちは。
FRPを施工しようと思っているのですが、ガラスマット、クロスマット、ロービング、などいろいろあって種類がわかりません。
ガラスマットの種類を教えていただけないでしょうか?


A:FRP素材屋さんです。
いつもお世話になりありがとうございます。 

ガラスマットここでいう広義のガラスマットはガラス繊維などを組み合わせた補強材ということにします。

その中には、
主に
サフェースマット
ガラスマット
ガラスクロス
ロービングクロス 

の4種があると覚えてください。

一番代表的な物は
ガラスマットです。

◎ガラスマット◎
これは繊維をバラバラとふりかけて糊で固めたものです。

1.刻み海苔のようにバラバラと上からふりかけて糊でかためてあるだけなので方向性が無く、曲面に馴染みやすいという特性があります。

2.デメリットとしてガラスの繊維が飛散しやすいという特性があります。

番手は代表的なところで380、450があります。

番手は㎡あたりの重量で、大きい方が厚みも厚くなります。

380が防水用、450が一般成型用になりますが、
どちらを使っても問題はありません。

厚みは
380で0.6-0.8mm
450で0.8-1.0mm
前後になります。


◎サフェースマット◎
サーフェースマット、サーフェスマットなどとも呼ばれますが、
サフェースというのは英語で表情とか、表面とかいう意味です。

極めて細かい繊維を固めたもので
表面において美観性を高める目的で使います。

番手は30で非常に薄い製品となります。

◎ガラスクロス◎
ガラスクロスは

※折り目のあるガラスクロス#100です。

規則正しくガラス繊維を織り込んであるガラス繊維補強材で、

成型品の曲げ弾性率が高くなります。
ガラスマットよりも規則性があるので、表層に持ってきて美観性を高める目的で使用されることもあります。

番手は100と200があります。

◎ロービングクロス◎
ロービングクロスは非常に厚手のマットで、
ガラスクロスのように繊維状に織り込んだ製品です。

厚手のマットで大型の成形品など強度を持たせたい場合に使用します。

番手は570-600番くらいで非常に重量があります。



◎価格については下記リンクを参照にしてください。◎

FRP素材屋さん ガラス繊維カテゴリはこちら
http://www.frpsozai.com/18.html 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。