Q:ゲルコートなどの塗装作業中に、虫が入ってきたり、ほこり、毛みたいなものが大事な塗装にかんで困っています。
FRP素材屋さんならなにかご存知かもしれないと伺い、ご連絡させていただきました。
よろしくお願い致します。

A:せっかくの機会ですので、解答に加筆して塗装についての基礎知識について解説します。

この度はお問い合わせ頂き、ありがとうございました。
塗装というのは本来極めて難しいものです。
といいますのは、
基準塗布量の範囲を守らないと行けない。
温度湿度など可変条件に対し、施工条件を合わせないと行けない。
塗料の性質変化が起こる。

といった理由からです。

今回の件ですが、まず虫について。

有機溶剤の中には虫を引き寄せる性質の物があります。

従いまして有機溶剤の種類を変えるなどというのが対策として取られると思います。


ゴミについては、静電気の問題が大きいです。

そのため静電気を如何に減らすかによって改善ができます。

具体的には

1.帯電しやすいナイロンなどの繊維服は避け、コットンの服を着用する。

2.塩ビ、ナイロン、ポリプロピレン等の刷毛で静電気を起こしゴミの捕集をする。

塩ビブラシはこちら
http://www.frpsozai.com/54_191.html


3.床に水をまいておく。

といった対策が取られます。

どうぞよろしくお願い致します。


お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。