FRP素材屋さん御中

始めてメールさせて頂きます。
父から古い模型の船(ラジコン船)を譲り受けました。
ベニア板の船底です。
昔の物なので、補修して再利用したいのですが、
補修工程に関する以下の2通りの質問があります。

1)下地;ベニア板、仕上げ;ペンキ(現状)
ペンキの層にプライマーを塗布したのちFRPで補強し、
その上からアクリル系の塗装をする。
この工程の場合にはどのようなプライマーとFRP素材が適しているでしょうか。

A:ペンキの上からFRPですとFRP中のスチレンモノマーが既存の塗膜を溶解させる可能性があります。
プライマーの中の酢酸エチル他溶剤分で溶ける可能性があります。
※ペンキの種類、密着度にもよります。
手順としては、ある程度研磨して落とす。
という工程が必要です。

2)下地;ベニア板(ペンキの層を剥離する)
一旦、ペンキの層をサンダーで剥がし、プライマーを塗布して下地調整し、その
上からFRP材を塗布します。その後、アクリル系の塗装をする。
この工程の場合、どのようなプライマーとFRP素材が適しているでしょうか。

A:プライマーは合板用の一般ウレタンシーラーが適しています。
https://s505.asuka.jp/frpsozai.com/16_125.html
【ウレタン樹脂シーラー 1L】KCプライマー 国産品

【ウレタン樹脂シーラー 1L】KCプライマー 国産品
販売価格  2,346円
税別価格  2,172円

プライマーシーラーを塗布量0.2kg/㎡の割合で塗布します。(吸い込みによって変わります。目安としてください。)
1kg≒5㎡です。

塗布量を厚づけしすぎないよう注意してください。

1),2)に共通の質問
FRPで仕上げるときに、色を塗りたいのですが、アクリル系でよいでしょうか。
それとも御社に色はありますでしょうか(特に黒と赤)。

A:最終層はどんな塗装でも構いません。
アクリル系は弾く可能性があるので、弾く場合は細かい番手で研磨していただくと
のりが良いかと思います。
塗膜が薄い場合、研磨目がでるので、番手を変えてください。

ポリトナーを入れた樹脂または、トップコートもあります。
トップコートと普通の塗料の違いはこちらを参考にしてください。

トップコートは今回はオーバースペックですので、無理して購入する必要性はないかと思います。

3)船の内側(ベニア仕上げ)にはガラス繊維を塗布したいのですが、どのよう
なプライマーとFRP素材が適しているでしょうか。

A:プライマーは一般ウレタンシーラー
合板はヤニがなければ樹脂だけでも大丈夫な場合があります。
樹脂は安価な一般品で問題ありません。


【FRP樹脂 インパラ 1kg】ワックス入
 
【FRP樹脂 インパラ 1kg】ワックス入
販売価格  1,214円
税別価格  1,124円
【FRP樹脂 インパラ 2kg】ワックス入 
 
【FRP樹脂 インパラ 2kg】ワックス入 
販売価格  2,138円
税別価格  1,980円
【FRP樹脂 インパラ 4kg】ワックス入 大特価
 
【FRP樹脂 インパラ 4kg】ワックス入 大特価
販売価格  3,066円
税別価格  2,839円

工程2が妥当だと思いますが。工程1でもFRPに粘着性と強度が期待できれば
ペンキの上塗りでも良いと思っていますが、この工程に関するご意見を頂戴でき
ればと存じます。

お忙しい中恐縮ですが、どうぞご教示頂けること、お願い申し上げます。

A:研磨なしの工程1はやってみないとわかりませんが、リスクが高そうです。

工程2が妥当だと思われます。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。