Q:先日御社のHPよりカタログのほうを購入させていただいております。
大変種類も豊富にあり、助かっております。

件名にもありますように、発泡ウレタンに関する
質問に答えていただけるとありがたいです。

当方、発泡ウレタン素材を用いて釣具用品(ルアー)を作製検討
しています。
簡易的な金型にウレタンを注入し形状を作製することを目的としています。

ウレタン素材に関しての質問に2,3点お答えいただければありがたいです。

ウレタン30倍の表面の泡の出方(表面処理が下地処理をそれほどすることなく
塗装可能かどうか)に関してお力をいただければありがたいです。

ウレタン素材 の膨張率がカタログでは30倍とのことでしたが、膨張率を半分程
度の倍率にすることは可能でしょうか?
ルアーを作製するさい、表面の塗装の工程でできるだけ発泡の泡をすくなくし、
塗装表面を滑らかにしたい為です。

ウレタンの温度環境に関してですが、30倍程度の倍率の温度環境を教えてくださ
い。
例えば、冷蔵庫などの環境内で発砲をさせた場合、倍率を低くさせることは
できるのでしょうか?

主材と硬化剤の比率に関して、主材を多めにすることで、発泡の倍率は変わった
りするのでしょうか?

矢継ぎ早に質問すいません。

ご検討いただけると幸いです。

宜しくお願いいたします。



A:
いつもお世話になりありがとうございます。

1.低温発泡について

冷蔵庫で低温発泡すると倍率は抑えられます。
ただし、硬化不良に伴う発泡のムラなどがでますので、避けた方が無難です。

2.表面の仕上げについて

型があるのであればゲルコートをふいておいて、型にあとから発泡ウレタンを流し込むことで表面の巣穴
の問題が解決できる可能性があります。

3.発泡倍率を意図的に抑える方法について

型があるとして、多めにウレタンを流し込み発砲時に上から強制的にフタをすることで発泡倍率を抑えることが可能です。
ただし型へのダメージがありますので、その分を考慮することが必要になります。


発泡ウレタンは鮮度が必要なため弊社では小分け品をおいておりませんが、
40kgセットであれば11倍、18倍のラインナップがあります。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


https://s505.asuka.jp/frpsozai.com/127.html