Q:お世話になります。

古材を使ってテーブル天板をつくるのですが、表面にクリア樹脂塗装で仕上げたいです。

おすすめの材料はありますか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。


日中あまりにも電話が多いので、なかなかつながらないかと思いますが、ご了承ください。


実際にテーブル天板用樹脂としてお客さんで使われているのは、下記の2種類あります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
FRP素材屋さんで取り扱っているのは、ポリエステル樹脂系です。
エポキシ系は取り扱っておりません。
電話での質問が多いため申し訳ありませんが、購入店様に聞いてください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


①国産の船舶用インパラ樹脂


②透明クリア樹脂

の二種類です。


◎樹脂の選択方法◎

コスト重視ならば国産船舶用インパラ
透明性樹脂ならば透明クリア樹脂
小分け量必要ならば透明クリア樹脂小分けタイプ

となります。

いずれも硬化剤が必要です。


◎施工方法◎

樹脂に硬化剤を入れて
板の上に樹脂を塗ります。

完全硬化後粗手のペーパーで研磨し凹凸をならします。
再度樹脂を塗りま す。
完全硬化後粗手のペーパーで研磨し凹凸をならします。
※平滑でるまで繰り返し

研磨しても樹脂をぬれば透明になります。
※ゴミ、異物、ペーパー粉は取り除いてください。

極端な平滑性を求めなければ回数は必要ありません。


樹脂はパラフィンワックスがないと表層のみ未硬化になります。(ノンパラタイプの場合≒透明クリア樹脂)
最終層はインパラタイプで仕上げなければなりません。
透明クリア樹脂についてはパラフィン含有がないので、
パラフィンワックスを入れてください。(インパラフィンタイプに変更)

◎透明度について

テーブル天板ですとよほどのことがない限り完全な透明でなくてもきれいに色が出ることが多いです。
膜厚が薄いこと。下地の色がそもそも木目柄であることから。


◎必要部材

樹脂100%
硬化剤1-2%程度
パラフィンワックス3-5%
研磨ペーパー
になります。

ご不明な点がありましたらいつでもお問い合わせください。

どうぞよろしくお願い致します。




FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢

mabo@frpsozai.comまでメールいただくか
TEL0575-49-4001FAX0575-49-3718
にて連絡いただければカタログの注文も可能です。


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog