Q:FRP素材屋さんこんにちは。

うちの会社でシーラーの溶剤項目に
トルエンや酢酸エチルなどがあるのですが、どのような用途でしょうか?



A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。

ざっくりした質問なので返答に困るのが正直なところですが、
シーラーの溶剤分についてはいろいろな役割があります。

混ぜる用途としてざっくりした解答ですと以下の通りとなります。

1.トルエン:乾燥が遅い、溶解力が強い
2.酢酸エチル(サクエチ):乾燥が早い
3.MEK:表面を溶かす溶解力が強い・臭いがすごい
4.キシレン:乾燥が超遅い
5.シクロヘキサン:臭い少ない、毒性低い

こんな感じでしょうか。

それぞれの用途に応じて組成をかえることができます。

例:乾燥を早くしたい酢酸エチルの分量を増やす。

またそれぞれ基材への相性がありますので、混ぜる事でその用途を増やすことができます。
シーラー用途ですと溶解力が強い≒密着製が高くなる。というイメージでよろしいかと思います。

どうぞよろしくお願い致します。




FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog