Q:液体収縮緩和剤の添加量について教えてください。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

使用方法の場所にあります。

樹脂に対して20-30%が適合量になります。

どうぞよろしくお願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【 特徴 】

1.低粘度で使用しやすい

2.硬化物が白濁しにくい

3.寸法精度が良くなる

4.樹脂と混ざりにくい(液体時・分離しやすく撹拌に時間をかけて下さい。)
※硬化後は分離しません。


【 使用方法 】 

手順 1. 
樹脂+収縮緩和剤20%~30% よくカクハンする!!
  

手順 2. 硬化剤1%~5%添加     再度、よくカクハンする!!


※樹脂に収縮剤を添加・カクハンすると数時間で液体分離します。
  硬化剤を添加した時点で再度、よくカクハンして下さい。
※作業中は火気・換気に十分注意し必要な保護具を着用して作業をして下さい。

写真商品名販売価格税別価格注文
【ポリエステル樹脂用 液体収縮緩和剤 3.5kg】K-100

【ポリエステル樹脂用 液体収縮緩和剤 3.5kg】K-100
5,810円5,380円
数量: 
【ポリエステル樹脂用 液体収縮緩和剤 16kg】K-100

【ポリエステル樹脂用 液体収縮緩和剤 16kg】K-100
14,342円13,280円
数量: 
2
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog