いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんです。

層間で線がある場合の対処方

1.樹脂の熱硬化反応がすすみすぎると黄変します。
そのため黄変が激しいと上層との色の違いがでてしまいます。

2.熱硬化反応が出ている際に、次層を開始すると蓄熱があり硬化反応が進みすぎてしまう可能性があります。

3.表層の異物・これは可能性は低いかもしれませんが表層は硬化しておらずネチャついています。
ここに空気中のホコリなどがつくと線になることがあります。
作業場、加工場などでの施工のケースが多い です。

大きな型で厚み
3センチですと相当な蓄熱になりますので、この熱量を下げることが肝要です。
とはいえ作業性が落ちますので注意は必要です。
熱量を下げる方法は
1.厚みを薄くする
2.硬化材量をへらす
3.気温を下げる

といった方法になります。

どうぞよろしくお願い致します。

いつでもお問い合わせください。
お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog