Q:知り合いから”ウェットトリミング”という言葉を聞いたのですが、どういうものですか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。

樹脂の硬化というのはオンオフ、○☓で決まるものではなく、徐々に硬化していく性質があります。
完全硬化すると壁面の上部にはみ出した部分など余分な部分をカッターで切り取る作業が大変になります。
それこそ刃が折れてしまうくらいになります。

そのため硬化後、切り取りやすいタイミングで、刃を入れるとサクサクきれます。

これが半硬化状態いわゆる”ウエット”での”トリミング”となります。

ベストのタイミングは状況に応じて変わるので、難しいですが作業量がおよそ5分の1程度になり、作業量の低減、作業スピードのアップ、ゴミの低減などいくつかのメリットをもたらします。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog