Q:先月ポリパテを購入し趣味で車の板金に使用しました。
パテに硬化剤(パーメック)を5%いれてかなりよく混ぜ
気温30度以上外で天日干しの時は削れますが
同時に塗ったパテでガレージ内日陰乾燥パテは
ペーパー80番にパテが点々と付き目詰まりをして削れません
パテ表面をペーパーを数枚変えながら研磨した後、(薄皮を削る感じで)内部のパテは硬化しているため普通に削れます

硬化剤の入れすぎとか何か原因があるのでしょうか
どうしても日陰で乾燥させなければならないため何か対策ありましたら教えて下さい。

pate


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

硬化剤の種類にもよりますが、標準でついているパテ用硬化剤は速硬化用ですので
5%は多い可能性があります。

影のものについては硬化不良を起こしている可能性があります。
1.湿度が高すぎ、表層に水分が付着し表層のみ未硬化になっている
2.底面などでスチレンが滞留し未硬化になっている。(外部は風の影響でスチレンがとんでいる)
3.硬化剤量が多すぎ硬化不良になっている。
4.パラフィンが表層に上がり切る前に硬化してしまっている。

とい うパターンがあります。

とりあえずは一番やりやすい硬化材量の調整で試して見てください。

現在西日本豪雨の影響で、出社できない社員がいること、地域に応援をしにいっていることから
会社に影響がでておりまして
普段のように詳細な回答はできませんが、ご理解とご協力のほどどうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕
FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog