Q:今現在 マットECM450-501とPC-916TNMを使用しています。
上記の物と同等品は、どの品物に成るか 教えて下さい。
成形用とそうでない物の違いも教えて下さい。



A:
いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

○ガラスマット
ECM450-501
は450番のガラスマット 国産
501のあとに耳の上体を示す記号があるはずです。
それで品種がわかります。

https://wx31.wadax.ne.jp/~frpsozai-com/18.html
国産ガラスマット450
耳なしもしくは耳ありが同じものになります。

海外ですと450のものになります。

○成形用とそうでないものの違い
p02_001
成形用↑


p02_002
防水用↑

FRP防水用と成形用は組成は同じです。
違いは端部の処理になります。
成形用は耳が切って揃えてありますが、
防水用はほぐしてあります。

屋上など広い面積を施工する場合、つなぎが必要になりますが、ほぐしてあるとつなぎがわからなくなりシームレスになります。
また重ね合わせる目印のためにラインが入っております。

○PC916TNM

PC916は一般硬質樹脂です。
TNはノンパラタイプ
Mは春秋タイプ
になります。
同じものもあります。
https://wx31.wadax.ne.jp/~frpsozai-com/135.html
船舶検定品です。

縛りがなければ国産、海外の硬質樹脂でコスト削減が可能です。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

どうぞよろしくお願い致します。