Q:ありがとうございました。

池の防水ですが、水性アクリル塗料を研磨し、塗膜が強いウレタン塗膜が下地となります。
角形の池ですので、各角に発泡面木をポリウレタンシーリングで貼りつけ、その上からガラスマット#450を割り付けます。ガラスマットの繋ぎ目はほぐし部分を合わせます。
割り付け後、ローラーで樹脂を塗りつけ、二度目の樹脂を塗りつけ完成させたいと思います。トップコートなどは使用しません。
その場合は、一度目をノンパラ4kg、二度目をインパラ4kgとした方がいいでしょうか。それとも両方ともインパラの方がいいでしょうか。
そして一度目の塗りつけ後、どのタイミングで二度目の塗りつけを行うのがベストでしょうか。
よろしくお願いいたします。

ike_01



A:
いつもお世話になりありがとうございます。

重ね塗りをする場合は、1層目ノンパラ、2層目インパラとなります。
両方インパラでも良いですが、1層目終了後に研磨工程が必要となります。

塗りつけのタイミングですが、硬化後に塗りつけを行ってください。
ガラスマット未硬化時点で2層目を行くと、途中で硬化してくると後処理が大変です。

2層程度ですと1度に積層するケースも多いです。
その場合は壁面のタレが想定されますので、タレないようにガラスマットをガチガチに壁面につけておくようにしましょう。

どうぞよろしくお願い致しま す。

FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog