• Q:この分野の知識が全くありません。当方は鹿革で右手にはめる弓かけを作ろうと思っています。弓道で使うものです。個人個人で手の平の大きさ・厚さ・指の長さが違うためなかなかサイズが合いません。そこで右手首関節(関節から2センチほど肘方向まで)から指先までの石膏のモデルを作りたいと思います。それに合わせて裁断・縫製をしようと思っています。手の形としては五指を伸ばしてパーのかたちで作りたいと思います。例えば円筒形の筒の中にシリコンをいれて、その中に手首を突っ込んで数分で硬化、手首を引き抜いて完成。その中に石膏を流し込んで硬化させ、引き抜くというような方法ができないでしょうか。アドバイスお願いいたします。
    p02_002


    • A:最初のシリコン型について
      シリコンは弾性ですので、ある程度の形状であれば無理が聞きます。
      多少破断はするかと思いますが、型はとれます。

      石膏について
      石膏で指の太さになりますと、引き抜きの際、折れる可能性が高いです。
      1個だけ制作するのであればシリコンを壊して抜く形になります。
      複数製作の場合、シリコン型で割れるようにしておくと便利です。
      量産の場合は、フレンズシリコン2が引き裂き強度が圧倒的に高いので便利です。

      どうぞよろしくお願い致します。

      お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

      FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

      1,500品の商品の解説があります。
      その他にも
      ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
      ◎どんな樹脂を選ぶ?
      ◎硬化剤の目安は?
      ◎機能性樹脂の作り方は?
      ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
      ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
      ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
      ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

      などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


      下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


      catarog