Q:初めまして、○○と申します。

FRP素材屋さんの日記をご拝見致しましてご質問したいことがあり、メールをさせて頂きました。

 

FRP製品の原型に関してご質問です。

 

発泡スチロールで原型を作成し、シリコンで型をとり、FRPで製品を作ろうと考えております。

作品の完成像は表面がザラザラした大きいカボチャのような物で、それを何個も作りたいと考えております。

 

発泡スチロールのザラザラした表面を活かし、ある程度細かいディティールを作りたいのですが、どのような発泡スチロールを選べば良いのでしょうか?(近いニュアンスのものはスタイロフォームです。)

 

今のところ購入の候補はアキレススチレンブロックという小粒子、高密度の発泡スチロールです。

ただ、密度や圧縮の強さをどれを選べばいいのかわかりません。

 

芸術大学などで使われているような、、、細かいディティールの大きな立体の原型の素材、、、

 

そのようなときに使われている発泡スチロールの密度kg/㎥、圧縮の強さN/c㎡をお知りでしたら教えてください。

 

宜しくお願い致します。

A558_Z1


A:いつもお世話になりありがとうございます。

 

スタイロフォームにも大きく分けて3種類あるのをご存知でしょうか?

 

一般に出回っているスチロール鮮魚箱程度が60倍だとすると

1種38倍、234倍、331倍です。

 

細かいディテールということですとグレードを上げて密度を上げていく必要があるかもしれません。

 

以下はスチロールとの違いというページから転載しました。

 

参考にしてみてください。

 

圧縮強さ等は知見がありません。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

一般的なつぶつぶの鮮魚箱みたいなものは通常60倍くらいです。

これの重量は立米あたり約17kg

スタイロフォームの1種は(通常出回っているスタイロ、カネライトのグレード)
倍率にして38倍程度
重量は立米あたり約26kg

スタイロフォームの2種は
倍率にして34倍程度
重量は立米あたり約29kg

スタイロフォームの2種は
倍率にして31倍程度
重量は立米あたり約32kg

といったところでしょうか。

重量比に直すと

スタイロ1種が1.52
スタイロ2種が1.71
スタイロ3種が1.88

にそれぞれなります。

それだけ密度が高く、強度があるということになります。

断熱性能の違い

断熱性は一般的なスチロール板よりもスタイロフォームの方が断熱性が高くなります。




FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog