Q:初めてご連絡申し上げます。
ゲルコートはスタイロフォーム(ウレタン製の発泡断熱材)を溶かさないと理解
していますが、正しいでしょうか。
以下に具体事例を挙げます。

GFRPで車のディフューザーを作ろうと思っています。
制作方法は以下の手順を考えています。
1.スタイロフォーム(上記のもの)による型の作成
2.ゲルコートの型全体への塗りつけ
3.GFRP(ガラスマット)とポリエステル樹脂(ノンパラ)を用いた積層
4.製品の研磨と塗装
ゲルコートを”ポリエステル樹脂によって型(スタイロフォーム)が溶けないよ
うにする”用途で使用する方針です。
今までは型にパテを塗り、積層していましたが、ゲルコートを塗ることでスタイ
ロフォームが溶けないという話 を伺い、ご相談させていただきました。
ご回答の程、よろしくお願い致します。
何かわからないことがございましたら、お気軽にご連絡ください。
お手数ですが、何卒よろしくお願い致します。

img56988430



A:
いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
ゲルコートというのは、ポリエステル樹脂ベースの素材です。

ゲルコート≒色付きポリエステル樹脂
と考えてください。

かなり端折って説明すると
ゲルコートは、ノンパラフィンタイプのポリエステル樹脂の中にトナー顔料が混ぜてあるものになります。

そのため樹脂中のスチレンモノマーがスタイロフォームの素材を溶かします。

スタイロのようなXPS(押出発泡ポリスチレンフォーム)やEPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム・鮮魚箱のようなボード)
両方を溶かします。

該当のゲルコートのように型をコーティングしたい場合、
https://wx31.wadax.ne.jp/~frpsozai-com/136.html

スチロール用樹脂という専用のコーティング材がありますので、こちらをご使用ください。

こちらはアルコール系溶剤で溶かしてある樹脂ですので、
スチレンのようなスチロール材への攻撃性がありません。

※ゲルコート、スチロール用樹脂ともにFRP硬化剤(共通)が必要になります。

該当の樹脂でコーティングすれば後工程に強溶剤系の樹脂をもってきても問題はありません。
どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕



追記:
いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

質問文に以下の文がありましたので、補足いたします。

補足:

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スタイロフォーム(ウレタン製の発泡断熱材)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
とありますが、

ウレタンフォームであれば、ゲルコートのスチレンでも溶けることがありません。
※商品によって異なるため一般論としてご理解ください。

ウレタンフォームとスタイロフォームは組成が全く異なる別の商品になります。


硬質ウレタンフォームだと思われますが、金額も大変高額で、
断熱性能も同一の厚みであればこちらの方が上になります。


どうぞよろしくお願い致します。




FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog