Q:お世話になっております。

いつも大変参考にしてます。
合板にプライマーを塗ったほうがいいという人と、塗らなくてもいい。という人がいます。

馬渕さんの見解をお聞かせください。


A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。

結論から言うと、両方共正解であると言えます。

プライマーを塗った方がベターですが、密着はしやすい。
という結論になります。

ヤニ分が多い合板の場合、ヤニが密着不良を誘発するケースがあります。
このヤニドメにプライマーが必要な場合があります。

また下地の含水率が高い場合は、密着不良を起こすことがありますが、
湿気反応硬化型のウレタンプライマーを入れることで、下地からの水分の上がりをブロックできるケースがあります。
img60670479

該当の場合においてはプライマーは必要と言えます。

ただし、乾燥状態の合板については凹凸があり、内部に食い込むので、密着はします。

ですのでケース・バイ・ケースと捉えてください。

密着という観点からすれば
シーラーなどの塗料による密着力よりも
表面研削による凹凸による密着の方が密着力は遥かに高いということを覚えておいていただけると参考に成るかと思います。

※つるつるのガラスに良いプライマーを使うよりも、研磨をゴリゴリしていただいた方が密着力は高くなります。
プライマーに頼らないことが原則ですね。


お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願い致します。




FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog