自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:そちら様の職人としての素晴らしい説明を拝見しました。

是非ベランダのFRPの
修理を自らしたいと思います。

ベランダの広さが4.86m2なのですがどれ程の量を
購入すれば良いでしょうか?

現状は10年使用したベランダのFRPに亀裂が入って
る状態であり剥がれ等はありません。

オールセットが希望です。宜しくお願いし
ます。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

平方メートルに関しては、立ち上がりと呼ばれる垂直面も含まれますのでご注意ください。
計算シートはこちら

に計算シートがありますので、印刷してぜひご利用ください。

現在亀裂のみであれば、トップコートの塗替えでいける可能性が高いです。

5㎡ですので、必要量は2kgとなります。
(0.4kg/㎡です。)
bousui4

2kg分のトップコート(㎡が大きくなれば4kgの方が得になります。※貼付はグレー)
硬化剤
サンドペーパー(塗装セットに含む)
塗装セット
が必要製品になります。

【アセトン 4L 】溶剤・アセトン
 
【アセトン 4L 】溶剤・アセトン
販売価格  1,297円
税別価格  1,201円


になります。



マスカーは550mm巾を覆うことができます。
テープはその他養生、マスカーの止に必要になります。
どうぞよろしくお願い致します。

手順は
1.簡易清掃(後からゴミがでるので簡易で可)
2.アセトンで脱脂(苔や表層の油分を取ります。)
3.研磨(付属の40番等荒手のサンダーが良いです。)
4.清掃(研磨粉等を払います。)
4.コロナマスカーで養生
5.養生テープでとめます。(養生テープは細かい部分がとれないのでご注意ください。)
6.トップコートに骨材を入れてよく混ぜます。(骨材重量比10%以内)
7.硬化剤を入れます。(夏季0.5-1%、春秋1-2%、厳冬期3%)
8.カクハン棒でよく混ぜます。
9.よく混ざったことを確認し、塗布していきます。
10.養生テープを塗りながら取ります。(ただし硬化が始まってきますので、慣れない場合、面積が大きい場合や時間がかかる場合は、硬化後とったほうが良いです。)

塗り方は基準塗布量を基本とし、0.4kg/㎡タテ塗りと横塗りでクロス塗りとしてください。
塗り方向が一定ですと、塗ムラがでます。これを横塗で消しこんでいくイメージです。
塗るのに力を入れると塗布量にムラがでます。

そのため軽く転がすイメージです。

○厚塗りをするとどうなるの?
厚塗りをすると、トップコート層が厚くなり、曲がったときに割れるケースがあります。
必要以上の厚みは意味がありません。
また骨材が表に出てこないことから滑りやすくなります。
○薄塗りをするとどうなるの?
ポリエステル樹脂は太陽光によって体積が減少していきます。
必要以上に薄いと、将来的なハゲの原因となります。


どうぞよろしくお願い致します。


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog