自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:浴槽を浄化槽用の速硬化タイプで施工していたのですが、
喫水線ラインで剥離することがあります。

現行、品番●●●社の●●●●を使用しています。

これを解消するためにはどうしたらよろしいでしょうか?

またFRPのピンホールにも悩まされています。

どうぞよろしくお願い致します。

樹脂別カラー比較表



A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。
まず耐熱樹脂を使用することをおすすめします。

該当5421でも可

弊社ですと
こちらのタイプになります。


送料無料! インパラ 国産 耐熱性ポリエステル樹脂2液タイプ 18kg
販売価格  16,416
税別価格  15,200

 
ノンパラタイプもあります。

旧来の樹脂ですと熱変形温度が約60℃であり、

熱によって分子間が広がり水が入りやすくなります。
これがフクレやメクレの原因となります。


一方で該当の樹脂ですとイソ系耐熱樹脂ですので熱変形温度が110℃を超えております。

○施工による改善点

施工による改善点は、
1.しっかり硬化させる。
樹脂の未硬化層があると水が入るので、しっかり硬化させなければなりません。
硬化剤を多めに入れてしっかり熱反応をおこし硬化させてください。

2.熱収縮によるピンホール対策
熱収縮が起こるとピンホールになりやすいことは先に述べました。
浴槽ライニングの積層においてピンホールが入りやすいのは、積層不良によるものです。
脱泡に不備があると、ピンホールになるのでしっかり積層してください。

ですが、1.2は矛盾しており、しっかり硬化させるためには樹脂の硬化が早くなり、
熱収縮が起こりやすくなり、作業時間が短くなります。
作業時間が短くなれば、積層不良が起こりやすく、ピンホールが入りやすくなります。

そのため区分を細かく区切って少量づつ樹脂を作り積層していくというのが正しい方策になります。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕



FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog