自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:はじめまして、充ちたと専門家の知恵をお貸し頂きたくメールしました。

自宅のベランダ築20年ですが、建築当初から排水用の溝の傾斜が悪く一部に水が溜まってしまします。

この傾斜を直す方法ですがポリパテや樹脂モルタルで直せますか?(DIYなのでできれば簡単に直したいので、アドアイスをお願いします)

ちなみにトップコートは昨年DIYにて塗装しています。

水が溜まるので写真のように汚れています。写真はわかりずらいですが水が溜まっている状態です。

よろしくお願いします。

DSC_0490

A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

防水工事の水勾配については
下記を参考にしてください。



一般的に直線を前提として勾配が1/100を下回ると水たまりができやすくなります。
ポリパテで直せないことはないですが、一般的に長手面積に渡って水がたまるベランダ構造の場合
勾配をつけることは難しいです。

理由は上記のようにきちんと流れる勾配であれば1/100、理想をいえば1/50勾配をつける必要があるからです。

例えば5間サイズの4550程度の長さであったとすると、
1/100であれば46mmの高低差をつける必要があります。

写真を視るにおそらく10mmn程度しか嵩上げができそうにないように見受けられます。

頂点をトントンにしたとしても1cmしか水勾配がつけられない計算になります。

防水層を3mmとすれば7ミリ程度、これをモルタルでつけようとすればかなりの精度で平滑をださないとかえって水はけが悪くなってしまう可能性があるということです。

根本解決方法は、上にもう一層合板を引いて嵩上げをし、水勾配をつけ直すという方法ですが、あまり現実的ではありません。

ガラスマットを増し貼りしつつ勾配を取る方法がありますが、期待したほど流れないのが現状です。

対症療法として水勾配をめだたなくする方法としては、
ベランダ敷タイルなど敷物をしく方法が取られます。


ご理解をいただきますよう
どうぞよろしくお願い致します。



FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog