自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:大変参考になる記事が多い。

なかなかこれという返答がないが、技術的に信頼できそうなので質問をしたい。

スプレーで塗装をするのだが、表層が凹凸になるので解消したく。

電話がつながらないのが残念。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

技術的な電話質問を減らすためにこのサイトで1000を超える質疑応答をまとめておりましたが、
かえって質問が激増してきております。

そのため日中電話はほとんどつながらないものとご理解ください。

電話対応は購入後の対応のみとしております。



さて、塗装の件ですが、情報が少ないので
塗装でいうところの【ゆず肌】だと判断いたします。

※塗装の現状認識はできる範囲で行っておりますが、あくまで一般論として解釈してください。

まずは正しい認識を持つことが大事です。
たとえば病院に行ってガンであったのに、風邪と診断されれば間違った対策になりかねません。

仮に該当の条件がゆず肌の場合、原因と対策が必要になろうかと思います。

◎ゆず肌の原因

ゆず肌は、みかんの表層のような塗膜面になることで細かい凹凸がパターン化しているような塗装面になります。
本来は平滑に持っていきたいですが、スプレーであっても完全な平滑は難しいです。
これは塗膜が粒となって表層に固着することからわかります。

この粒を小さくすれば、表層を平滑に近づけることは可能です。

原因
1.塗膜噴霧の粒子が大きすぎる。

また原因の1つとしては、粒子をエアーで噴霧するわけですが、その際に粒が固まって固着することがあります。
これが肌を荒らす原因となります。

2.塗膜噴霧粒子が硬化してきている。

噴霧期間中に粒子が硬化している原因は、スプレーの距離が長過ぎることと、一番大きい原因は乾燥の速いシンナーを使っていることによります。

乾燥が適切でないと、問題が起きます。
乾燥が早すぎる≒ゆず肌
乾燥が遅すぎる≒ダレ

になることが多いです。

原因と対策

原因がわかればそれに対する対策をするのみです。

1.シンナーを適切なものに交換する

乾燥の遅めのシンナーに変更する。

2.スプレーの噴霧距離を適切にする。

スプレーの距離を短めにしてください。

3.塗料粘性を下げる

塗料の粘性を下げましょう。

以上が原因と対策になります。

改善できない場合は、原因から間違っている可能性があります。








FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog