自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:施工にとりかかっておりますが、下地合板の目地にウレタンシールを入れまし
た。セメダインのS700NBという商品ですが、乾燥が遅く困っています。半日程置
いてプライマー塗布しても問題ないでしょうか。ウレタンシール以外で合板の目
地入れて使用できる物はありますか。
 又、FRP積層ですが2枚同時に重ねてから樹脂を入れるのが良いのか、1枚入れ
て脱泡と硬化を待ってから2枚目が良いのかご教示下さい。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

合板の目地の絶縁としては養生テープ、ウレタンシーリング材、
等が使用されます。

ウレタンは乾燥の問題、養生テープはテープの浮きの問題があります。

Frpの積層ですが、2枚一度の方が良いです。

○理由

1.1層目にバリがあった場合、2層目に空気フクレができ、それが抜けないこと
2.施工工程が2倍になること
3.1層目の処理によっては送間で剥離しやすくなること
4.樹脂リッチになりやすく強度に関連しない余分な 樹脂がつくことでコスト的にデメリットになること

からです。

お客様の工数も減るのでベターは2枚一度です。

ただし、樹脂が浸透しにくいというデメリットがありますので、ご注意ください。


追記:

ウレタンシーリング材が乾燥しないのは、空気中の湿気と反応するタイプだと思います。
NBということはノンブリードだと思いますので、汚染性はすくないと推察されます。

基本的に表面が指触で乾燥していればほぼ大丈夫だと思われます。
※弊社の商品ではないので保証はできませんが

おそらく空気が乾燥しているため乾燥が遅いと思いますが、時間がた てば硬化してきますので、
すこし時間を置く必要があろうかと思います。
問題なく施工ができると思います。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog