自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:パラフィンをきちんと計量していれたのにもかかわらず、
表面がベトベトします。

パラフィンを入れた樹脂を2層にて仕上げています。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

パラフィンを入れたものに対してパラフィンを入れたものを
2回にわたって注入しているという解釈でよろしいでしょうか?

パラフィンの量は樹脂に対して3-5%ですので、
樹脂1kgに対して50g程度になります。 

浮き上がってこない原因

1.直射日光などがあたると樹脂の硬化反応が進み過ぎ、パラフィンが内部に溶け込んでしまう
2.硬化物が厚すぎると上記と同じで硬化熱によりパラフィンが内部に溶け込んでしまう。
3.極端な高温、低温によりパラフィンが浮き上がらない
4.パラフィンが全体に行き渡っていない

等の現象が考えられます。

対策

1.パラフィンの量を増やす
2.パラフィンが全体に行き渡っていない可能性があるのでよくカクハンする。
3.極端な高温、低温にならないように材料を管理する。⇒直射日光を避ける、場合によっては扇風機を当てるなど

一度ご件当いただきますよう
どうぞよろしくお願い致します。


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog