自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:トップコートと積層用樹脂について質問です。
用途については説明を見て理解しましたが、成分や性質等具体的な違いについて
分かりませんでした。
具体的には硬度や粘度、柔軟性、密着性等です。

また、見出しの質問とは異なりますが、FRPはヨットやサーフボード等の使われ
るものであっていますか?

宜しくお願いします。

ver_21



A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

トップコートと積層用樹脂ですが、両方ともポリエステル樹脂がベースになっております。
そのため両方とも基本的には同じ素材です。

積層用樹脂に顔料を混ぜれば簡易的なトップコートになります。

ただしトップコートは屋外で使用されることを想定しているので、
※製品の中には紫外線に劣化しやすいものもあります。
これらは上記のように単純な樹脂に顔料をまぜた色付き樹脂です。

トップコートは物性を上げてあります。
イソ系=紫外線劣化に強いタイプ。紫外線のエネルギーで分子構造が破 壊されにくく
チョーキング、退色がおきにくいです。
柔軟性は分子構造の不安定さを示すことが多いので、柔軟性にはおとります。

また耐擦傷性にすぐれており基本的な樹脂よりも硬度が硬いです。
粘性については壁面などに塗布することを想定しているので、
タレ性が付与されております。

タレ性については解説が長くなるので、
FRP素材屋さんの日記を御覧ください。

FRPはマリンスポーツ、ヨット、サーフ、カヌー、カヤック、ボートなどによく使用されております。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog