自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:お世話になります。 お忙しいところ失礼かと思いますが、質問させていただき
ます。
先日、御社のFRP樹脂他を購入させて頂きました。 その際にFRP樹脂が余ってる
いるので、ホームセンターでタルクを購入しポリパテを自作しようかと思います

質問なのですが、
①樹脂:タルクの割合(1:1)?
②硬化剤の配合量(樹脂の量に対して又は樹脂+タルクの量に対して?) 何%?
③樹脂:タルクの割合を変えることで粘度が変わると思うのですが、それにより
薄付けパテや厚付けとして可能でしょうか?又、樹脂:タルクの配合を変えるこ
とで強度的には如何でしょうか?

以上、長々と書いてしまいすみません。
どうぞ御指導下さい。宜しくお願い致します。
img63202875142


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

1.樹脂タルクの割合
パテの粘性によっても変わりますが、概ね樹脂1kgに対しパテ1.3-1.4程度です。
粘性に応じて変えてください。
といいますのは、樹脂はバターと同じで温度で粘性が変わってきます。
また樹脂の季節型があり、スチレン含有量などに大きな違いがあるため粘性に差が生じています。

2.硬化剤は概ね樹脂に対して1%ですが、実務上はそれほど大きな面積を塗布しないことが多いので
硬化剤 は多めに入れることが多いです。

3.タルクの割合を変える事で用途を変えることが可能です。
あつ付をしたい場合は粘性をアップする、その逆もまた同じです。

強度は曲げ強度、切削強度、圧縮強度など各種指標がありますので、それぞれによって異なります。
タルクは滑石という素材で粉体の中でも柔らかい素材になります。
そのため切削性、研磨性が良いという特徴があります。
見方を変えれば擦傷性には劣るという判断になります。

引張強度などについてはガラス繊維、ガラスパウダーなど繊維剤を、圧縮強度などはタン カルを
コスト重視であればタンカルをタレ性付与に関してはアエロジルを、切削性重視であればガラスパウダーを
塗料の密着製付与であればガラスパウダーを(塗料の種類による)選択してください。

どうぞよろしくお願い致します。



FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog