Q:先程の質問に追加です。
エタノール・IPA・NPA
この3つのアルコールの中で引火と発火が強いのはどのアルコールになりますでしょうか。
また、アルコールは揮発しますが、気体になっても引火と発火の可能性はありますでしようか。
換気が必要でしようか。
よろしくお願いいたします。


A:基本的に問い合わせの溶剤が発火することは、自然界においてないと考えます。

 

引火点については、IPAが最も低く、11.7℃となり、その他の2油種は

15~16℃となります。

 

最も注意するべき内容としては、仰る通り溶剤は揮発したのち、

べーパー(気体のガス)が密閉空間では残りますので、

そのガスに静電気などが触れると引火致します。

 

よって、作業環境下において携帯電話を触ったり、

金属の棒を落とすなど、静電気の発生や火花の発生には

十分注意が必要となります。

あくまでも密閉空間ですので、風通しの良い場所であれば問題ございません。





フレンズエタノール
商品ページはこちら↑↑↑

FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました
・1500品の商品解説!
・充実した内容のコラムも盛りだくさん!

◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

・・・・etc