FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

カテゴリ: FRP樹脂

Q:「液体収縮緩和剤を添加したポリエステル樹脂」と「超低収縮樹脂」では
どちらの方がより収縮の少ない物が作れるのでしょうか。
寸法精度について2つの差を教えて頂きたいです。



A:
いつもお世話になりありがとうございます。

収縮緩和剤について

収縮緩和剤については、収縮を緩和するものです。

超低収縮についてはほぼ収縮がないといったレベルです。

そのため厳密な精度を求められるのであれば、間違いなく超低収縮の方がベターです。


超低収縮樹脂20kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂20kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  23,738円
税別価格  21,980円
超低収縮樹脂4kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂4kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  8,424円
税別価格  7,800円
超低収縮樹脂1kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂1kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  2,138円


収縮緩和剤を使用するケースは、手持ちの樹脂を使いたいとき
収縮を緩和したいが、施工性も重要視したい。

というときになります。

お問い 合わせ頂き、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

Q:
超低収縮樹脂に関する問い合わせです。

どうぞよろしくお願い致します。

当社はマシニングセンターで成形型を切削する機会が多く、あまりハンドレイ
アップ型の経験はございません。マスターの関係からハンドレイアップ型の製作
をお問い合わせ頂く事も多く、この樹脂に関してお問い合わせします。

ハンドレ型の場合今まで少々手間でもエポキシを使用しておりました。しかし扱
いが少々手間で、この樹脂をしようしてみたいのですが、

●温度、湿度等管理して保存した場合、購入し開封後、おおよそどの位の保存が
可能ですか?


●コバルト・パラフィンは既に入っているタイプですか?


●弊社のほうな130℃、オートクレーブ成形用の型材料として使用された判例
はございますか?


●同様の成形条件の型の製作に使用できるゲルコートはお取り扱いありますか?
(できれば少量単位の物)



A:◯保存期間について
夏場を除いて1年間程度は持ちます。
開封してキャップをしない状態が続くとスチレン揮散で粘度が上がります。
又、添加されている水酸化アルミが徐々に分離してきますので、逆さにして缶をよく振るなどの対応が必要です。

◯コバルト、パラフィンについて
コバルト入りです。
パラフィンは入っておりませんが、樹脂が硬化した後は表面がパラフィンが入ってるかのようにツルツルになります。

◯オートクレーブ型への実績について
実績としてはありません。
ただしベース樹脂の耐熱温度が126℃有り水酸化アルミを充填していますので、
かなり高い温度迄熱変形温度は有りますが、実際に検査はしていません。
問題無いと思います。
 
◯同ゲルコートについて
TMTGE-83ブルー又は、ブラウンで実績はあります。
最高の実績では、オートクレーブ 20気圧 180℃ に耐えています。
以上は成形時の加工技術にも依ります。
荷姿は5kg缶または15kg缶になります。
 
以上よろしくお願いします。

金額については必要数を教えていただければ回答できます。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

FRP素材屋さんはこちら

Q:この樹脂は注型用となっているようですが、
この注型用の樹脂をガラスクロスの積層に
使用した場合、何か不具合等は有りますか?
よろしくお願いします。


【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 1Kg】アクセサリー作りに

【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 1Kg】アクセサリー作りに
販売価格  2,138円
税別価格  1,980円
【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 2Kg】アクセサリー作りに

【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 2Kg】アクセサリー作りに
販売価格  2,919円
税別価格  2,703円
【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 4Kg】アクセサリー作りに

【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 4Kg】アクセサリー作りに
販売価格  5,378円
税別価格  4,980円
【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 20Kg】 アクセサリー作りに
   
【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 20Kg】 アクセサリー作りに
販売価格  18,980円

A:
いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。


FRP素材屋さんの注型用樹脂を積層に使用した場合、
懸念される点

1.肉厚が出にくいです。
透明度を重視しているため機能を付与する添加物(揺変性持たせるような素材)等が混入されていません。

そのため壁面などに施工すると硬化までにたれてきてしまいます。

そのため本来厚みとなるべき樹脂層の厚みが確保できない可能性があります。

2.強度が出にくい。
上記理由からFRPの厚みが出しづらいということは強度が出にくいということになります。


frp製品とfrpクリア樹脂の販売をしています。適正価格にて販売中


3.コストパフォーマンス
透明度を重視しているため、一般積層用よりも高価になってしまいます。

4.下地への密着度
ガラスクロス等を湾曲した面に密着させたい 場合、粘性が低いため、形状によってはうまく密着しないケースがあります。

以上が懸念される点です。

ただし透明度が高いためその分の利点はあります。

メリット

1.最終FRP成形物の透明度が高くなる。
2.収縮率が他の一般用と比して低い
3.成形物が反りにくい

と言った点です。

上記のようなメリットとデメリットを勘案して、最適な材料をご使用ください。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

どうぞよろしくお願い致します。
FRP素材屋さん馬渕


FRP素材屋さんは
こちら


Q:まぶちさんこんにちは。
FRP素材屋さんは圧倒的な知識量で大変安心できます。
いつもありがとうございます。

先日合板でできた板の上から防水用樹脂を塗布しました。
入念に脱泡ローラーで脱泡したのですが、下から細かい泡がどんどん出てきました。
泡とともにところどころ白くなっています。

使用に問題はなさそうなのですが、気持ち悪いので質問しました。

原因と対策があれば教えてください。


A:こちらこそいつもお世話になりありがとうございます。

先日の施工もうまく行ったようでとてもうれしく思います。
細かい泡ですが、一番可能性として高そうなのは、下地の合板に水分が多いということです。

水分が樹脂に触れると白化現象をおこすからです。

下地のシーラーの役割が大事になってきます。

よくシーラーの役割は密着を高めるというように理解されています。
もちろん間違いではないのですが、実はその他にいろんな仕事もしているのです。

1.下地のヤニどめ
2.下地の空気の浮き上がり防止
3.アルカリどめ
4.不陸調整(造膜型)
5.下地の水分ブロック

今回5の下地の水分ブロックが何らかの形で機能していないため、問題が出てきていると推察されます。

シーラーのブロック機能が正常に働いていない原因は?
下記の5つのパターンが考えられます。
1.塗布量が多すぎて硬化していない。
2.塗布間隔が短すぎて硬化していない。
3.塗布量が少なすぎて表層にブロック出来ていない。
4.高湿度、または高水分によりシーラー樹脂層が発泡している。
5.塗りムラにより塗布抜けがある。

と言ったところです。

1,3番また5番もそうですが、塗布量を適正化するだけで多くの不具合の目を摘むことができます。

塗布量は0.2kg/㎡が基準値です。
200g計量して1㎡をまんべんなく塗ればだいたいこのくらいの値に落ち着きます。

大きくブレすぎると問題がでるので注意しましょう。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:あまった樹脂などの廃棄方法を教えて下さい。よろしくお願い致します。


A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さんです。

・樹脂の廃棄処分について

樹脂については液体ですと問題が出ることが懸念されますので、安全な方法で固めてしまいましょう。
硬化剤を入れ固めて不燃物で処分するのが一般的です。

・アセトンの廃棄処分について

アセトンは全て屋外で揮発させましょう。
幅広のローラー容器などに入れて屋外で保存すれば一日で殆どの量が揮発します。

・樹脂などがついたローラーなどの廃棄処分について

不燃物にて処分します。

・ガラスマット等

不燃物にて処分します。

また不明な点がありましたらお知らせください。
どうぞよろしくお願い致します。

frpsozaikanban311093
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。



Q:樹脂はどのぐらいの時間保存可能ですか
「当方北海道に在住」冬はマイナス30
度まで野外は気温が下がります
当然樹脂や硬化剤やウレタンプライマーは家の

中に入れるつもりです。



A456_I1

A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。

この度はお問い合わせ頂き、ありがとうございました。

温度が高いのは保存に問題ありますが、マイナス30度の低温下での保存は問題ありません。

但し、熱硬化性樹脂ですので、実際に使用される際には室温保存または加温していただく必要があります。
どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:まぶちさんこんにちは。
樹脂ですが1kgで何リットルになりますでしょうか?

また保存についてですが、どのくらい持つものでしょうか?

よろしくお願い致します。

A:樹脂の比重は製品によって多少かわります。

一般論でいえば比重約1.1になります。

1kgは約900ml程度になろうかと思います。

メーカー保証は3ヶ月です。

保存状態が良ければ1年を超えても使用できます。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:現在製品のカバーが樹脂製なのですが、FRPというように設計図に記載がありました。
FRPとはどんな素材ですか?



A:FRP素材屋さんまぶちです。
お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

○FRPとは○
FRPというのはプラスチックの一種です。

繊維で強化したプラスチックという意味ですので、
(Fiber Reinforced Plastic)
広義にはカーボンファイバーの製品も含まれます。

一般的な狭義の意味でいえば、
ガラスマットをポリエステル樹脂で固めた製品と言えると思います。

繊維と樹脂を組み合わせることによって、曲げ強度、引張強度、圧縮強度などそれぞれの強度に強い製品ができるという特徴があります。
軽くて強いというのが特徴になります。

○FRPの重さ:比重は?○

1.樹脂 約1.1
2.FRP成形物 約1.5
3.アセトン 約0.88
4.トップコート・ゲルコート 約1.25
5.ポリパテ(ホワイトパテ)約1.3

という比重値になります。

イメージしづらいと思いますが、水が比重1.0になります。
樹脂が1.1、FRP成形物が1.5ですので、

1立米あたりの重量は水が1,000kg
樹脂が約1,100kg
FRP成形物が1,500kg
といったようになります。

○製品○

船体
ヘルメット
バスタブ
カヌー
エアロパーツ
浄化槽
水槽
タンク
住宅ベランダ

などさまざまな分野に使われています。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRPで反らない板を作りたいです。

雨掛かりする屋外に置くのですが、
反らない素材で施工したいと思います。
なにか良い方法はありますでしょうか?



商品と画像は異なります。

A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

一般樹脂は成形時に約7-8%前後収縮します。

そのため普通に製作すると収縮による動きがでて反りがでます。

FRP素材屋さんでは反りを少なくするための各種対策をお客様にお伝えしておりますが、
今回のように反っては行けないというところについては、
超低収縮樹脂をおすすめしております。

なんちゃって収縮樹脂を売る店舗もあるみたいでなぜか毎回こちらにクレームが来たりしますが、
FRP素材屋さんの製品は本当にほぼ無収縮になります。
※詳しくは直接お聞きください。

その他いろいろなメリットがあります。


超低収縮樹脂の特徴

●特徴●


*極めて高い寸法精度が実現します。

寸法精度を要求されるFRP型、成形品にはほぼ無収縮といえるような
超低収縮性を持ちます。


*安定製品

型用として最適な安定性・比重が重く安定しています。


*反りがない製品ができます。

超低発熱性であり、通常であれば発熱して反り返る厚物成型品がそりません。
板材料の積層には最適な樹脂と言えます。


*連続成形が可能

高い連続性形性をもちます。例:1×10工程層積層⇒1工程で終了。
発熱が少ないため連続成型が可能で生産性を大きく向上させます。


*低臭気

低臭気性樹脂になり、作業環境が改善します。


*長いゲルタイム

長いゲルタイムは通常さけられがちですが、良い点もあり、バリなどを簡単にカッターなどで

切る時間が確保できます。(ハーフウェット時に切ればゴミも出ず作業環境も劇的に改善されます。)

 

◎体積収縮が反りを引き起こします。

反りというものは、樹脂の体積収縮によってできる減少です。そのためこの体積収縮がなくなれば

FRP板など成形品が反りにくく、寸法精度の高い製品ができます。


◎連続成型が可能に!

通常厚物成型品ですと一度に何プライも重ねて樹脂を入れると高発熱し、反りの大きな原因となりますが、

連続成形が可能になり、たとえば10枚を一度に積層できるなど高い生産性を実現できます。


◎高い弾性率

弾性率が上がり、成形品の耐久性が増します。



●使用方法● 

一般の樹脂と同じくFRP用硬化剤を入れよく混ぜてください。

硬化が始まります。(30分から1時間など※樹脂タイプ、硬化剤タイプ、外的環境によって大きく変わります。)


●注意事項●  

一般の樹脂よりもゲルタイムが長めに設定されています。

使用用途に応じて硬化剤の量を変えてください。

 


商品と画像は異なります。







Q:犬を飼う箱をFrpでコーティングしたいです。
FRP素材屋さんで買った樹脂にパラフィンを入れてインパラ仕様にして滑り止めとしたいです。
パラフィンの含有量を教えて下さい。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

パラフィンワックスは確かに入れないことでベトベトはしますが、
恒久的なものではありません。

空気中のホコリ、ゴミ、浮遊物と付着してベトベトがなくなるからです。

滑り止めとして一番良いと思われる方法は、樹脂またはトップコートの中に骨材を入れて物理的に凸凹状態を作り出す方法です。

おそらく犬の掃除などもあろうかと思いますので、汚れは付着しづらく、かつ滑りにくいという形状になります。

ただ、あくまで机上のアドバイスとなります。施工および施工結果については責任を負いかねますので、ご理解ください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRP板同士の接着にはなにが一番適しているでしょうか?
2m×1mの板の面同士をくっつけたいです。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんです。

◎専用の接着剤

板の接着については、陶磁器質タイル接着剤のME-01をご利用ください。

なぜこのような2液タイプで、かつ高価格品が必要かと申しますと、
通常の接着剤には、溶剤が揮発して硬化するタイプや、空気中の湿気と反応硬化するタイプなどがあります。

しかしFRPは湿気をほとんど保持していないため、空気中の湿気と反応硬化するタイプが適用外となってしまいます。

また、溶剤揮発型でも、FRP同士では揮発する溶剤の気道が確保できないため、膨れたり、剥がれたりという不具合が出がちです。

その面、2液を反応硬化させるタイプですとすでに硬化反応が完了する素材は塗布時にはすべて揃っているので、FRPのような素材同士でも硬化させることができます。
またエポキシ系は硬化時の体積収縮が少ないというメリットもあります。

◎もっと簡単に接着する方法

なお、こんな高い接着剤は不必要❢❢
もっと簡便に接着したいという場合もあろうかと思います。

そういった場合の裏技を少し解説したいと思います。

ただし自己責任でお願いします。

湿気反応硬化型接着剤を薄塗りして、しばらく放置しておき、空気中の湿気を表層に確保してから貼り合わせます。
硬化時に必要な素材を揃えてから貼合硬化させるということです。

※注意点
仮に我々であれば問題なく施工は可能です。
しかしいきなりこれをやろうとしますと失敗する可能性が高いため推奨はされてないということになります。
日々の気温、湿度は大きく変わるので経験が必要になります。

もっと簡単な方法として

またゴム系接着剤を両面に塗布しておき、(片側だけで200g/㎡以上両面で400g以上を塗布)軽く乾燥させた状態で転圧することで接着できます。
(このタイプ、クロロプレン系ゴムという記載があると思います。黄色いゴムを溶剤で薄めたようなマンゴージュースのような接着剤です。)
注意点として、1発勝負になりますので、貼り合わせ後は一切位置の調整等はできません。


以下ME-01の情報になります。

◎塗布量について

塗布量についてまとめると
1.5ー3.0kg/㎡

こういう書き方をするとわかりづらいので
2.0kg/㎡くらいでしょうか。

1㎡で2kg
というわけで2㎡の場合、4kgを使用する計算になります。


お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願いいたします。

【ME-01 15kg(A剤5kgB剤10kg)セット コテ付】陶磁器質タイル、石材用弾力性接着剤



商品詳細

ME-01 JIS A 5548 タイプI 
ME-01

JIS A 5548 タイプⅠ
JAIA 4VOC基準適合

金属・FRP・コンクリート・モルタル下地の屋内外壁面に、陶磁器質タイルや薄物石材を張り付けるのに適した、変成シリコーン・エポキシ樹脂系弾力性接着剤です。
注 空気の対流が少ない箇所で使用すると臭気が残る可能性があります。

商品詳細

容量
容量A剤 5kg  B剤 10kg 
梱包単位1セット 
梱包形態 
用途
適用箇所コンクリート、モルタル、FRP、金属、                                        窯業系サイディング材、けい酸カルシウム板などの各種ボード
適用下地コンクリート、モルタル、FRP、金属、
適用仕上げ材陶磁器質タイル、薄物石材
性質
外観A剤 白色 マスチック状  B剤 灰色 マスチック状
主成分A剤 エポキシ樹脂  B剤 変成シリコーン樹脂
張り付け可能時間60分以内/23℃  可使時間 60分以内/23℃
標準使用量

1.5~3.0kg/㎡ ・ 0.3~0.6㎡/kg

使用方法

 

【下地の確認】

●コンクリート・モルタル下地

下地は凹凸や不陸のない平滑面とし、浮き水のないことを確認します。

●ボード類下地

タワミのない厚手の材料を使用し、目違いや目地あきのない下地とします。

【下地の清掃】

接着不良の原因となるゴミ・ホコリ・油分・レイタンスなどを取除きます。

 チェック:接着不良の原因となる可能性がありますので、吸水調整剤などは塗布しないで下さい。


【墨出し】

割り付け図面に従い墨出しを行います。

【接着剤の混ぜ合わせ】

1.接着剤のA剤とB剤を1対2の割合(重量比)になるように取り出します。

チェック:・接着剤を取り出す時はA剤とB剤では別々のヘラを使用して下さい。

      ・B剤は空気中の水分の影響により皮張りを起こしますので、取り出し時以外は蓋をして下さい。

2.取り出した接着剤を色が均一になるまで、よく混ぜ合わせます。

チェック:・一度に混ぜ合ぜる量は可使時間内に使い切れる量にして下さい。

      ・一度混ぜ合わせた接着剤は保管できません。

      ・A剤とB剤がよく混合されていないと接着不良や石材への汚染の原因となりますので注意して下さい。

【接着剤の塗布】

1.接着剤は左官ゴテを用いて下地に押し付けるように均一に塗布します。

チェック:・一回の塗布面積は張付け可能時間内に仕上げ材を張り終えることのできる面積として下さい。

2.接着剤を塗布した後、クシ目ゴテを用いてクシ目を立てます。

チェック:厚塗り・塗布ムラ・薄塗りなどは接着不良の原因となります。


クシ目ゴテ図


【仕上げ材の張り付け】

1.クシ目を立てた後すぐに仕上げ材を張り始め、張付け可能時間内に張り終えます。

チェック:張付け可能時間は環境により異なります。

2.仕上げ材はもみ込むようにして張り、裏面全体に接着剤がなじむようにビブラートなどの

  衝撃機具を使用して充分に圧着します。

3.約2㎡ごとに仕上げ材を1枚剥がし、裏面に接着剤が充分付着していることを確認します。

チェック:・接着剤がタイル表面に付着した時は、すぐにシンナーなどを含ませた布で拭き取って下さい。

      ・目地直しは接着剤が硬化する前(張り付け後30分以内)に行って下さい。

【養 生】

接着剤を硬化させるため仕上げ材張り付け後1日以上外力が加わらないように養生します。

【目地詰め】

1.目地詰めを行なう前に仕上げ材のズレがなく、また、接着剤が硬化していることを確認します。

2.目地部に目地材を充てんします。

チェック:伸縮目地や設備機器との取り合い部には、シーリング材を充てんしますので

     セメント系目地材を施工しないで下さい。

3.表面に残った目地材を拭き取ります。

【端部の処理】

伸縮目地や設備機器との取り合い部にはシーリング材を設けます。

チェック:シーリング材が硬化するまでは、ホコリやゴミなどが付着しないようにして下さい。



商品番号me01
商品名【ME-01 15kg(A剤5kgB剤10kg)セット コテ付】陶磁器質タイル、石材用弾力性接着剤
定価
販売価格36,720円
税別価格34,000円
メーカー
送料区分送料別
配送タイプ送料
在庫

数量:  





Q:鉄製の古い大型飼料攪拌機を使っていますが、 
水分を含む原料を使うので、錆防止の為に 
攪拌槽の中側と、攪拌羽を、FRPでカバーしてみたいと考えています。 

以前使っていた攪拌機は、6ミリのガラスマットで槽の中だけやりましたが、 
攪拌羽が劣化してしまいました。 

羽は複雑な形なので、ちゃんと密着させるにはガラス繊維や樹脂の選び方などに何か注意点などありますでしょうか? 

この場合、強度は元の鉄で足りるので、 
奇麗に被覆する方法が知りたいです。




A:
お問い合わせ頂き、ありがとうございました。 

凹凸部に関しては、ガラスマットが上手く張り付きません。 
例えば布の服を直角の角に押し当てても反発して戻ってくると思います。 

直角を綺麗に出すには、クロステープ、防水テープなどで直角を決めてあげる方法がよいです。 

防水テープは片面がブチルゴムテープになっており、夏季または、温度が上がってくると柔らかくなって剥がれやすく成る可能性があります。 

温度条件によっては避けた方が良い場合があります。 

一方でガラスクロステープについては特殊なガラスクロスに粘着加工がしてある製品です。 
※現在選定試験を行っている最中です。 

粘着が強いテープ状のものを曲げて使う形になります。 

すこし説明が長くなりますので、また近日中に施工方法をアップする予定です。 

どうぞよろしくお願い致します。 

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。 

FRP素材屋さん馬渕

catarog

Q:先日FRP素材屋さんで海外製の樹脂を購入しましたが、インパラとノンパラの違いはどのように見分ければよろしいでしょうか?

よろしくお願い致します。

A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんです。
インパラはAPT
ノンパラはPTと表記があるはずです。

日本語でインパラ、ノンパラと別れているわけではありませんが、
上記の表記法を知っておくと後々便利かと思います。
どうぞよろしくお願いいたします

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

先日FRP素材屋さんカタログが出来上がりました。

FRPのまめ知識や不具合の原因および対処法などが載っていますので、
一冊もっておくと便利かと思います。

なお、800円の価格設定ですが、クーポンが800円分ついておりますので、実質無料となります。

ぜひご利用くださいね。

FRP素材屋さんカタログはこちら


Q:半年たった樹脂が固まらないです。
どうしたら良いでしょうか?

1月に購入した樹脂で
硬化剤は1割から2割入れています。

ver_10

A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。

経験上ですが、
1.表層にゼリーのような寒天状の物がある場合、
硬化しない可能性があります。

2.全体が茶色く変色している場合

については硬化しない可能性があります。


今回は症状を聞くに、問題はなさそうですので、
そのままご使用してもおそらくは硬化すると思います。


硬化樹脂については1割から2割は入れすぎです。

鮮度を確認した所11月に製造されたロットで冬用樹脂になります。
※台湾製は若干タイムラグがあります。
冬用樹脂は硬化しやすく作ってあります。

現在は6月であり、硬化しやすい条件です。

硬化しやすい樹脂
硬化しやすい時期
硬化しやすい硬化剤量

ということで、硬化材量が多すぎることが原因かと思います。


一度硬化材量を減らしていただき、
1%程度で硬化させていただければ問題なく積層できるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。




Q:耐熱150度に適した樹脂はありますでしょうか?

A:耐熱性が適した樹脂があります。


超低収縮樹脂20kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂20kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  23,738円
税別価格  21,980円
超低収縮樹脂4kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂4kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  8,424円
税別価格  7,800円
超低収縮樹脂1kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂1kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  2,138円
税別価格  1,980円

該当の超低収縮樹脂が該当の製品になります。

ポイントは幾つかあり

◎収縮率が極めて低い
樹脂単体の線収縮率が1%以下
◎高い耐熱製
耐熱温度150度以上です。
カーボンプリプレグなどの型にも使用されています。
◎連続成形が可能
低発熱のため収縮しづらく、
一度に数10プライの積層が可能です。
◎低臭タイプ
臭いが少ないタイプです。
◎反りが少ない
反りの原因となる収縮がほとんどないため、
板などの成形に適しています。


といったポイントがあります。

高額ではありますが、いくつかの機能的利点がありますので、お試しください。


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:透明性と耐候性がよい樹脂はありますか?

屋外で使用するものですので、紫外線に強い物が必要です。

よろしくお願い致します。



A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さんです。
送料無料!【国産 サーフボード用樹脂 15kg】PC6150

送料無料!【国産 サーフボード用樹脂 15kg】PC6150
販売価格  29,138円
税別価格  26,980円
完全に透明ではありませんが、
該当のサーフボード用樹脂が適していると思われます。

天井の明り取りなどでも使用される樹脂です。
アクリル変性のポリエステル樹脂のため耐候性に優れ、かつ透明度も高いです。

透明度は膜厚と相関関係があるためあまり厚づけすると透明度が下がってきます。

どうぞよろしくお願い致します。

ポットライフ(硬化開始)時間は25度で約20分です。


どうぞよろしくお願い致します。




FRP素材屋さん

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。


Q:前回、
一般樹脂18リットル缶を注文して、池自作しましたが、

水漏れチェックを
しましたが水が漏れます、
今回防水樹脂をを購入しましたが、一般樹脂と防水樹
脂とは
防水が違いを教えていただけますか。



A:いつもお世話になりありがとうございます。

購入履歴が拾えました。

FRP素材屋さん馬渕です。


一般樹脂と防水樹脂の違いは防水性の違いではありません。

固定式の水槽、池などは一般樹脂で積層されるケースが多いです。

ではその違いはなんでしょうか。
その違いは

1.樹脂の弾性率の違い
防水樹脂は住宅のベランダ等に使用されます。
家というのは非常に大きく、FRP防水の下地は合板をつなぎ合わせてつくります。
この場合、合板の動きによりFRP層に応力がかかります。
これが硬質樹脂の場合応力に耐えきれず破断するケースがあります。

そこで弾性率の高い樹脂にすることでこの破断を抑えることが可能になります。

2.ダレドメの違い
防水樹脂は壁面に塗布する必要があります。
防水層の立ち上がり部分など

そのため壁面に塗ると垂れるケースがよくあります。
樹脂の中にダレドメ剤が豊富に入っていることにより、立ち上がり部分の樹脂が下に降りにくく
樹脂の厚みが薄くなりにくいという特徴があります。

3.パラフィンワックスの有無
防水樹脂はパラフィンワックスが添加されておりますが、
インパラフィンとノンパラフィンの中間の性質をもちます。

密着製を高めるため、パラフィンががっつり入っておらず、
防水層上で作業する必要があるため、完全なノンパラフィンではないという仕様です。

つまり防水層の上で作業もできるが、密着も悪くない。という特性を持ちます。

硬質、防水樹脂いずれの場合も的確な施工をすれば問題なく加工ができます。


◎水漏れの補修方法◎
詳しくは”FRP素材屋さんの日記”の中に水槽の水漏れ補修についての概要がありますので、そちらを参考にしていただきたいです。

今回の水漏れですが、
水のレベルが下がりきるところまで放置してください。

下がりきって動かなくなったらそのポイントが漏水ポイントになります。

その部分だけガラスマットでパッチを当てて再度積層すれば漏水は止まります。



他にも質問項目がありましたら

FRP素材屋さんの日記に
約500件のQAをまとめてありますのでぜひご参考ください。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
http://frp.blog.jp/

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。


Q:収縮率がない樹脂というものを購入して(他店販売のものと判明)
収縮して型が壊れてしまいました。

どうしたらよいですか。



A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さんです。

弊社での販売履歴が拾えませんでした。
他店さんの間違いではないでしょうか?

同様の質問がすでに何件か寄せられております。
○○○○という店舗ではないでしょうか?

弊社ですと収縮の低い樹脂として超低収縮樹脂というのを販売しております。
通常の樹脂ですとラジカル重合という反応の際に収縮するのが一般的です。


超低収縮樹脂20kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂20kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  23,738円
税別価格  21,980円
超低収縮樹脂4kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂4kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  8,424円
税別価格  7,800円
超低収縮樹脂1kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257

超低収縮樹脂1kg 無収縮・FRP板などの制作に 連続成型可能 TMT-T53257
販売価格  2,138円
税別価格  1,980円

FRP素材屋さんの超低収縮も1%以下の収縮率ですが、
無収縮というのははっきり言ってうたっていません。

樹脂の硬化メカニズム上、無収縮というのはほぼありえないからです。
低収縮の樹脂も収縮があるものと推定し別の方法をもって収縮を結果的におさえるという方法で収縮を緩和しています。

従いまして、その理論的な根拠を購入された店舗でちゃんと確認してください。

または、該当樹脂のメーカー品番を聞いて、その樹脂の組成をきちんと把握する必要があります。

FRP素材屋さんにも何軒か問い合わせがありますが実績として調べるとすべて
弊社の商品ではないです。

単なるお金儲けの商売としてやっている店舗があるため、
そのあたりきちんと取捨選択をしていただきますようよろしくお願い致します。

基本的に当店では購入された商品に対する質問等で手一杯です。
そのため今回のケースですと対応できかねますのでご理解をたまわりますようよろしくお願い致します。

※今回、名前はふせて代表案件としてFRP素材屋さんの日記に掲載させていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRP素材屋さんこんにちは。

YAHOOの他ショップ◎◎◎◎で購入した樹脂がいつまでたっても固まりません。
また、樹脂が不良品かどうかの判断がつきませんので、こちらのサイトを購入後でみかけ、
とても信頼できると思い質問した次第です。

購入店舗に連絡した所、まったく繋がらずようやく返信が来たと思ったら不具合ではないの一点張りです。

硬化前の樹脂の状態は表面にゼリーのような物が浮き上がってきております。 

やはり安い樹脂だったからよくなかったのでしょうか?

・・・・URL・・・・




A:FRP素材屋さんです。

こんにちは。

金額の高い安いによって品質がことなるか?

というところですが、これは品質というより機能の観点が大きいです。

樹脂の金額についてですが、これは樹脂の組成によってことなります。
いろんな機能を持たせるために、添加物を入れるのですが、
その添加物によって金額が大きく変わってきます。

機能的には
チクソトロピー性(タレどめ)
増粘性
難燃性
低収縮化
速硬化
硬化遅延化
高比重化
断熱化
軽量化
などなどです。

購入されたサイトを見たところ樹脂の寸法収縮がOとあります。

ほとんどの樹脂については寸法収縮があり、
一部収縮がない(収縮が0に近い)ものもありますが、この価格でははっきり言って無理です。

つまり何らかの方法でアウトレットを入れているか、虚偽の表示をしている可能性もあります。

そのあたりは実際にこの店舗さんに聞いていただく必要があろうかと思います。



一般論として機能を付与すれば高額に。
機能を絞れば安価になります。

該当の店舗の問題は正直いろいろ情報が入ってきておりますが、
話し半分で見ていただいたほうがよろしいかと思います。


ゼリー化について

ゼリー状になるケースですが、これは硬化が半分始まってしまっているケースです。

一旦缶をよく密閉して混ぜていただくと治る可能性もあります。
この場合は、樹脂の沈殿の問題です。

一方で硬化が始まっているケースですと混ぜても使えないことが多いです。
夏場などに保管状況が悪いと、熱によってゲル化してしまうことがあります。
おそらくその状況ではないかと推察されます。

どうしても使いたい場合は、上の方の寒天を取り除いて使えば使えなくもないと思います。
(推奨ではありません。あくまで自己責任にて)


ではまたどうぞよろしくお願い致します。
 

Q:いつもありがとうございます。
壁面の樹脂が下にタレて上側がいつも白くなってしまいます。

どのように対処したらよろしいでしょうか?


A:FRP素材屋さんです。いつもお世話になりありがとうございます。

樹脂が壁面から垂れるのは樹脂の揺変性とよばれるタレ性が適していないからです。

例えば水を壁面につけるとタレてくると思いますが、これがケチャップであればタレが少ないと思います。

このような性質をもたせるのがアエロジルやレオロシールという製品になりますので、こちらを購入いただければ大丈夫です。

樹脂に対してこの粉体を混ぜてよく混ぜてください。

添加率は重量比・1から2%程度でも十分に効果がありますよ。


【アエロジル】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 

【アエロジル】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 
販売価格  15,408円
税別価格  14,267円
【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 

【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 
販売価格  3,888円
税別価格  3,600円
【レオロシール】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 アエロジル同等品

【レオロシール】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 アエロジル同等品
販売価格  12,744円
税別価格  11,800円

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

このページのトップヘ