FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

カテゴリ: ポリパテ

Q:カーボンファイバーの製品があるのですが、表面に凹型のかけができてしまいました。

御社の製品で補修などに使えるものはありますでしょうか?




A:お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さんです。

カーボンの成形品ですとドライカーボン成形の場合はポリエステル樹脂ではなくエポキシ樹脂が使われている可能性があります。

弊社のクリア樹脂パテであればある程度の凹部であれば問題なく補修できます。

但し、多少の濁りがありますのであまりに大きい場所の補修ですとビジュアル的に問題が出る可能性があります。
またエポキシ樹脂はほとんど収縮しませんが、クリア樹脂パテは低収縮ではありますが、収縮しますので、その部分でヒケがでて剥がれやすく成ることはあります。

ご理解の上ご使用ください。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:いただいたFRPポリエステル樹脂20kgにタルクを入れたら色がグレーに変色しました。

原因と対策をお願いします。


A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。

タルクは樹脂をグレー化する効果があります。

そのため今回のケースを回避するためには、タルクをやめてタンカル

アエロジルなどに変更ください。

アエロジルを入れると樹脂パテが薄いピンク色になります。

どうぞよろしくお願い致します。 

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕

【タルク】25kg パテ用に!

【タルク】25kg パテ用に!
販売価格  4,094円
税別価格  3,791円
【タルク】5kg パテ用に!

【タルク】5kg パテ用に!
販売価格  1,636円
税別価格  1,515円
【タルク】2kg パテ用に!

【タルク】2kg パテ用に!
販売価格  1,009円
税別価格  934円
【タルク】1kg パテ用に!

【タルク】1kg パテ用に!
販売価格  514円
税別価格  476円
【タンカル】20kg 増量剤 増粘剤

【タンカル】20kg 増量剤 増粘剤
販売価格  2,655円
税別価格  2,458円
【タンカル】10kg 増量剤 増粘剤

【タンカル】10kg 増量剤 増粘剤
販売価格  2,037円
税別価格  1,886円
【タンカル】5kg 増量剤 増粘剤

【タンカル】5kg 増量剤 増粘剤
販売価格  1,541円
税別価格  1,427円
【タンカル】2kg 増量剤 増粘剤

【タンカル】2kg 増量剤 増粘剤
販売価格  822円
税別価格  761円
【タンカル】1kg 増量剤 増粘剤

【タンカル】1kg 増量剤 増粘剤
販売価格  410円
税別価格  380円
【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体10kg】

【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体10kg】
販売価格  22,609円
税別価格  20,934円
【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体1kg 1000g】

【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体1kg 1000g】
販売価格  3,066円
税別価格  2,839円
【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体250g】

【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体250g】
販売価格  1,009円
税別価格  934円
【アエロジル】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 

【アエロジル】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 
販売価格  15,408円
税別価格  14,267円
【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 

【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 
販売価格  3,888円
税別価格  3,600円
【レオロシール】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 アエロジル同等品

【レオロシール】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 アエロジル同等品
販売価格  12,744円
税別価格  11,800円
【ガラスパウダー 1kg】 パテ補強用に!

【ガラスパウダー 1kg】 パテ補強用に!
販売価格  1,468円
税別価格  1,359円
【ガラスパウダー 14kg】 パテ補強用に!

【ガラスパウダー 14kg】 パテ補強用に!
販売価格  13,351円
税別価格  12,362円


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:FRP防水の下地に節や、凹凸があります。その場合に適したパテはどのパテになりますでしょうか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さんです。

もちろんパテでも良いのですが、最大のデメリットとして2液を混合させなければなりません。
つまり硬化剤が必要になってくるということです。

容器を用意してパテをいれ、硬化剤をいれまぜて・・・

となると大変な工程が一個増えてしまいます。


というわけで一番適しているのは、
ポリウレタン系のシーリング材です。
これは1液ですので、塗布したあとからすぐに硬化がはじまります。

空気中や基材中の湿気と反応硬化するためです。

またうわ物のFRPとの密着性能も高く、問題なく使用できますよ。

◎注意点として◎
専用のガンが必要です。
空気中の湿気と反応硬化するため、使用後の保管状況を誤ると、使いかけの製品がダメになることがよくあります。(きちんと空気と遮断してあげれば大丈夫です。)
紫外線に弱く、太陽光に当て続けると劣化が速いです。
大量に使う場合は、タルクなどを樹脂に入れ、簡易パテとする方がよい場合もあります。
  • ポリウレタン系の湿気硬化1成分形シーリング材です。硬化後はゴム弾性と復元性を保ち、動きに対する追従性に優れます。また、各種塗料の上塗りができます。
  • 容量:320ml
  • 梱包形態:カートリッジ
  • 色:ホワイト
  • 用途:コンクリート壁の打継ぎ目地。亀裂誘発目地。サッシ回りの気密・防水シール。
  • 外観:パテ状
  • 主成分:ウレタン樹脂





 商品一覧
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 1本】ホワイト タイルメントS-300同等品
 
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 1本】ホワイト タイルメントS-300同等品
販売価格  616円
税別価格  570円
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 10本】ホワイト タイルメントS-300同等品
 
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 10本】ホワイト タイルメントS-300同等品
販売価格  5,692円
税別価格  5,270円
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 20本】ホワイト タイルメントS-300同等品

【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 20本】ホワイト タイルメントS-300同等品
販売価格  11,221円
税別価格  10,390円


 

Q:炭酸カルシウム・タンカルは樹脂に入れると、どのような効果がありますか?

樹脂に入れる割合は?


A:
例えば中華スープを作る際に
片栗粉を入れて粘度をあげるように
粉をいれることによって粘度があがります。(粘くなります。)

そのため壁面のダレ止めやパテ、厚づけ、重量増加など
樹脂に機能性を持たせることが可能です。

どうぞよろしくお願いします。


樹脂に入れる割合ですが、普通の樹脂パテの粘度ですとおよそ樹脂1に対し、1.3くらいです。
樹脂の粘性、季節型、気温によって前後しますので、あとはお好みで調整してください。

よろしくお願い致します。


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 

Q:アエロジルが手持ちにあるのですが、樹脂にまぜるパテ材かなにかですか?


A:アエロジルを樹脂にまぜることでパテ材にはできます。
肌がよいパテができるのが特徴です。

ただ、それはアエロジルの性能の一つであって
本当はダレドメ剤としての機能を果たすものです。

アエロジルは他の増粘剤と異なり、
3次元構造の結晶構造になるため安定した増粘剤となります。

また切削面が綺麗に仕上がるというよさもあります。
壁面や垂直面などで垂れるのを防止する目的で使用されます。

 そのあたりが他のタルクタンカルとの違いとなります。

添加量の目安は
ポリエステル樹脂に対して重量比2%程度
塗料に対しては重量比1%程度で十分効果的です。

かさ比重は
1gで20ミリリットル
50gで1リットル 1000ml
100gで2リットル 2000ml
1kgで20リットル 20000ml
5kgで100リットル
となります。


1kgの樹脂に2%混ぜたい時は、
20g,容積に換算すると、0.4リットルになります。
ペットボトル1本分よりやや少ないくらいですね。

20kgの一斗缶樹脂に混ぜるには
400g,容積に換算すると、8リットルになります。

 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

 

Q:パテに入れるタンカルとタルクの違いを教えて下さい。
タンカルの方が安いですが、タルクのメリットを教えていただけると大変嬉しく思います。

A:●●様いつもお世話になりありがとうございます。
タンカル(炭酸カルシウム)は出来上がりが硬くなります。
タルク(滑石)は比重は思いですが切削性が若干上がります。 

どちらもお値打ちですので、どちらでも問題はないですよ。

どうぞよろしくお願い致します。

ちなみに当店ではタルク:タンカルが2:1くらいの割合ででております。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん 馬渕

FRP素材屋さん 本店
http://frpsozai.com/

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

 

Q:いつもお世話になりありがとうございます。
他店で購入した際には連絡が繋がらなくなったためこれからFRP素材屋さんを利用したいと思っています。
パテ(樹脂)に何を混ぜればどのような機能がつきますでしょうか?
ご教示ください。

A:お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕です。
基本的に樹脂に混ぜる事によって以下の機能を付与できます。
 
強度を出したい場合は、ガラスパウダー・ガラスマット(カット品)
軽量化したい場合は、ガラスバルーン
重量アップしたい場合は、タルク・タンカル
粘性アップしたい場合は、タルク・タンカル
粘性ダウンしたい場合は、スチレンモノマー
色をつけたい場合は、ポリトナー
切削性を上げたい場合は、ガラスバルーン
断熱性を上げたい場合は、ガラ スバルーン
耐薬品性を上げたい場合は、樹脂原料をビニルエステル樹脂

というように使い分けてください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 

Q:型を作ったのですが、ビスで固定してある箇所があります。ここをパテ埋め等したいのですが、どのような手順が適していますでしょうか?


A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。
パテの処理についてはいくつかの方法がありますが、一般論として回答いたします。

1.凹面にパテをもります。この時、収縮分を見込んで厚めにもるようにしてください。硬化剤を混入したパテ
厳密に言えば収縮とともに入れすぎるとスアナがでますので、硬化剤は多すぎないことが推奨されます。
ただ、おそらくは工程スピードをあげていきたいと思われますので、硬化を早めて2回目以降に工程を分けることがベターかとおもいます。

2.盛ったパテを削り出します。
通常1,000番程度まで削ってコンパウンドの中目から細目で仕上げます。(場合によっては極細目まで) 

研磨するタイミングのベストタイムは、外部環境に大きく左右されますが、数時間後の固くなりすぎなく、かつきちんと削れるタイミングです。
削りやすくなり、作業性が上がります。 

FRP素材屋さん本店
http://frpsozai.com/

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

Q:研ぎやすい樹脂や、ポリパテというのはありますでしょうか?


A:お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

樹脂それ自体は同じような比重で研ぎやすさは変わりません。

表面だけ削るのであれば、研磨専用のポリサフェーサーなどを塗布して研磨する方法がとられます。

その他樹脂自体を軽くしたいときは樹脂に中空のガラスバルーンを投入すると軽量でかつ研磨性がよくなります。

これはチョコレートでもクランキーチョコレートのようなフワフワの物体を入れる事で柔らかくなる原理とよく似ています。

軽く研磨性の良い物を仕上げたい場合、アエロジ ル、レオロシールのようなダレ止め粉体と中空ガラスバルーンのような軽量骨材を添加することで改善出来ます。

中空の素材を添加する良さは遮音性、断熱性を付与することができる点にもあります。


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  


どうぞよろしくお願いします。

FRP素材屋さん
http://frpsozai.com/



 

Q:パテの上に「ポリサフェーサー」を塗布し、パテが樹脂を吸収するのを抑えよう
と思っているのですが
このような用途で使用することはできますか。



A:
いつもお世話になりありがとうございます。
 
どのようなパテか分かりませんが、
パテが硬化する際、収縮します。
その収縮による巣穴が樹脂を吸収していると類推されます。
 
そのため、サフェーサーで表面の巣穴を消してやることで
樹脂の吸収を解消出来る可能性があります。
 
どうぞよろしくお願いします。
 

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

Q:御社の材料を使ったポリパテの作り方を教えて下さい。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

樹脂1に対して粉体タルク、タンカルなどを1-1.3程度入れてください。

ホワイトパテには各種原料が色々入っておりますので原料を公開することはできませんが、
おおよそ下記のような状態で機能性を付与することができます。

強度を出したい場合は、ガラスパウダー
軽量化したい場合は、ガラスバルーン
重量アップしたい場合は、タルク・タンカル
粘性アップしたい場合は、タルク・タンカル
粘性ダウンしたい場合は、スチレンモノマー
色をつけたい場合は、ポリトナー
切削性を上げたい場合は、ガラスバルーン
断熱性を上げたい場合は、ガラ スバルーン
耐薬品性を上げたい場合は、樹脂原料をビニルエステル樹脂

というように使い分けてください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん  

http://frp.blog.jp/自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
 

Q:パテ用の粉体について

また、形状の複雑な部分にのみ樹脂+パテみたいな物を塗布しようかと思うので

すが、アエロジル、タルク、などの製品の使い方が勉強不足のせいかイマイチよ
く解らないのでご教授いただけないでしょうか?




A:パテ用の粉体について

アエロジル・比重が軽く、切削性の良いパテが出来る。強度はありません。アエロジルのみでパテをつくるともさもさになります。
通常の樹脂に添加することで壁面などのダレ止め材として力を発揮する特徴があります。

タルク・滑石 比重が重く、硬いパテが出来ます。
通常パテにはこの材料が使われています。

タンカル・炭酸カルシウム・比重がタルクより重く、硬いパテが出来ます。
通常パテにはこの材料が使われています。

強度を出したい場合は、ガラスマットをみじん切りした物をパテに入れると強度がアップします。
どうぞよろしくお願いします。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

Q:他社で購入したポリパテが硬化しない。御社の硬化剤で硬化しますでしょうか?



A:いつもお世話になり、ありがとうございます。

ポリパテと記載があれば、おそらくポリエステル樹脂ですので、硬化すると思います。ただしあくまで推測です。

なぜ硬化しなかったのか?ということですが、ポリエステル樹脂は熱硬化性樹脂というカテゴリで、
硬化剤とコバルトの熱反応で樹脂を固めるという性質を持っています。

そのため、現在の急激な冷え込みで熱が逃げてしまったということも考えられると思います。

方法1
硬化する際の温度を確保してあげる事

方法2
通常のFRP硬化剤を添加する

ただし付属の硬化剤で硬化しないという点
から


方法3
硬化剤を変えたところであまり効果がない気がします。
コバルトの添加量が少ない可能性があります。
またははじめからあまり入っていない。
という点、そこでコバルト(弊社ですと下記商品)
http://item.rakuten.co.jp/frp/56202234/
を添加した上で硬化剤を添加する。

という方法があると思います。

一度通常の硬化剤で試していただくという方法が良いかも分かりません。

いずれにせよ組成が分からない以上的確な回答ができませんことご了承ください。

どうぞよろしくお願い致します。

このページのトップヘ