FRPに関する質問事項をまとめたFRP素材屋さんの日記です。
樹脂の硬化や、トラブルなどをまとめてあります。
検索窓から検索したいワードを入れてみてください。

ポリパテ

アエロジルはタルクの代用になりますか?

  • Q:馬渕様
    お世話になります。

    ・アエロジルはHPにありますか?また、タルク等では代用となりませんか?
    ・トップコートでイソ系とありますが、必要でしょうか?
     インパラ樹脂に紫外線防止剤を入れようかと思いましたが、どうでしょうか?
    ・きれいな仕上げとなるローラーがありますか?
     今は通称グリーンローラーですが、いまいちムラになったり泡が出たりします。





    短毛ローラー

  • A:いつもお世話になりありがとうございます。

    アエロジルはHPにあります。
    kg単価にすると非常に割高に思えますが、かさ比重が20くらいありますので、1kgで20Lくらいになります。
    タルクとは性質が異なります。

    1.透明度
    アエロジルは透明度をある程度たもったまま樹脂に粘性をつけることができます。
    タルクは樹脂が”にごり”ます。

    2.比重
    タルクを入れると密度がたかくなり、比重があがります。
    アエロジルは軽めの樹脂にしあがります。

    3.研削性
    軽めということで研削性は良いのですが、
    粉体自体は耐久性があるので擦傷性が高くなります。
    タルクは削りやすくなりま す。

    トップコート

    イソ系は結合力が強いので紫外線で分解されにくいです。
    屋外においては長期耐久性に直結します。

    紫外線吸収剤でも効果はあろうかと思いますが、実験をしていないので
    公表できるエビデンスがありません。

    仕上げ

    仕上げについては短毛ローラーが適しています。
    ただし、トップコートの基準膜厚よりも薄くなりがちですので注意が必要です。

    どうぞよろしくお願い致します。

    お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
    •                     
  • 商品ページはこちら↑↑↑

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました
    専門商品の商品解説!
    ・充実した内容のコラムも盛りだくさん!

    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    ・・・・etc
                   

    炭酸カルシウムの粒径、また強度があがりますか?

    Q:質問させてください。
    ①炭酸カルシウムで樹脂の強度を上げることができると聞いたのですが、本当でしょうか。本当なら、どのような原理なのでしょうか。炭酸カルシウム同士が結合するのですか?
    ②販売されている炭酸カルシウムの粒の直径はどれくらいでしょうか?0.1μmぐらいとか、小さいほうが良いと聞いたのですが。
    ③樹脂だけでなく、食べ物などに入れても、強度(剛性?)は上がるのでしょうか?
    もし、粒の小さいものなら、購入したいです。


    A:いつもお世話になりありがとうございます。

    強度にはいろんな要素があり、
    圧縮強度、引張強度、曲げ強度などあります。

    例えばグミは圧縮には弱いですが、曲げには強いと言えます。

    そのため求められる強度の要素によって回答がことなることをまずご理解ください。


    1.炭酸カルシウム
    比重が約2.7もあります。樹脂が1.1程度ですのでまず樹脂に入れる事で比重をぐっと上げることができます。
    単位面積あたりの密度と言い換えることができるので圧縮強度が上がります。
    穴が多いスポンジよりも密度のつまったスポンジのほうが圧縮に強いようなイメージです。

    2.粒子径
    直径については約2.6um程度あります。
    良いというのは何に対して良いという評価でしょうか?

    3.炭酸カルシウム
    炭酸カルシウムについては確かに食品等にも入っております。
    ただし、弊社のは工業用の炭酸カルシウムですので、食用には適しておりません。
    食用はクリーンルームのような異物混入確率の極めて低い場所にて製造されています。

    以上ご理解をたわまりますようよろしくお願い致します。






    ポリサフ
    商品ページはこちら↑↑↑

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました
    専門商品の商品解説!
    ・充実した内容のコラムも盛りだくさん!
    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    ・・・・etc
                   

    接合部の補強にポリエステル樹脂か、パテかどっちがいいですか?



    P1080860

    Q:木材5枚をポリエステル樹脂で一旦覆ってから箱型に組立てして接着したいので
    すが、その場合タルクパテorポリエステル樹脂で入り角を固定する場合どちら
    の方が接着強度が強いのでしょうか?
    返答の程、よろしくお願いします。


    A:FRP素材屋さん馬渕です。

    接着剤強度に関しては、内部へ食い込んで、両方を接合するという意味において
    1.浸透しやすいのは樹脂
    2.厚みが出やすいのがパテ

    ということで一長一短があります。

    木材の種類にもよりますが、
    どちらかというと浸透というよりは、厚みが必要なケースが多いので、
    タルクパテのほうが比較的接着剤強度は強くなるかと推察されます。

    どうぞよろしくお願い致します。

    接合部は応力が集中します。
    その場合、板面のみの接着力と、ガラスマット入のfrpでは曲げ強度に極めて大きな差がでます。

    薄く、強くという意味合いでいけばガラス繊維を入れるのがベストの選択になります。

    どうぞよろしくお願い致します。


    フレンズパテ
    商品ページはこちら↑↑↑

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました
    専門商品の商品解説!
    ・充実した内容のコラムも盛りだくさん!

    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    ・・・・etc
                   

    樹脂に配合するタルクの割合で、あつ付、うす付が可能ですか?

    Q:お世話になります。
    お忙しいところ失礼かと思いますが、質問させていただきます。
    先日、御社のFRP樹脂他を購入させて頂きました。
    その際にFRP樹脂が余ってるいるので、
    ホームセンターでタルクを購入しポリパテを自作しようかと思います。
    質問なのですが、
    ①樹脂:タルクの割合(1:1)?
    ②硬化剤の配合量(樹脂の量に対して又は樹脂+タルクの量に対して?) 何%?
    ③樹脂:タルクの割合を変えることで粘度が変わると思うのですが、
    それにより薄付けパテや厚付けとして可能でしょうか?
    又、樹脂:タルクの配合を変えることで強度的には如何でしょうか?

    以上、長々と書いてしまいすみません。
    どうぞ御指導下さい。宜しくお願い致します。



    A:いつもお世話になりありがとうございます。

    FRP素材屋さん馬渕です。

    1.樹脂タルクの割合
    パテの粘性によっても変わりますが、概ね樹脂1kgに対しパテ1.3-1.4程度です。
    粘性に応じて変えてください。
    といいますのは、樹脂はバターと同じで温度で粘性が変わってきます。
    また樹脂の季節型があり、スチレン含有量などに大きな違いがあるため粘性に
    差が生じています。

    2.硬化剤は概ね樹脂に対して1%ですが、実務上はそれほど大きな面積を
    塗布しないことが多いので
    硬化剤 は多めに入れることが多いです。

    3.タルクの割合を変える事で用途を変えることが可能です。
    あつ付をしたい場合は粘性をアップする、その逆もまた同じです。

    強度は曲げ強度、切削強度、圧縮強度など各種指標がありますので、
    それぞれによって異なります。
    タルクは滑石という素材で粉体の中でも柔らかい素材になります。
    そのため切削性、研磨性が良いという特徴があります。
    見方を変えれば擦傷性には劣るという判断になります。

    引張強度などについてはガラス繊維、ガラスパウダーなど繊維剤を、
    圧縮強度などはタン カルを
    コスト重視であればタンカルをタレ性付与に関してはアエロジルを、
    切削性重視であればガラスパウダーを
    塗料の密着製付与であればガラスパウダーを(塗料の種類による)選択してください。

    どうぞよろしくお願い致します。


    フレンズポリパテ
    商品ページはこちら↑↑↑

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました
    ・専門商品の商品解説!
    ・充実した内容のコラムも盛りだくさん!

    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    ・・・・etc
                   

    パテの硬化剤の量はどのくらいでしょうか?

    Q:お世話になります。
    お忙しいところ失礼かと思いますが、質問させていただきます。
    先日、御社のFRP樹脂他を購入させて頂きました。
    その際にFRP樹脂が余ってるいるので、ホームセンターでタルクを購入しポリパテを
    自作しようかと思います。
    質問なのですが、
    ①樹脂:タルクの割合(1:1)?
    ②硬化剤の配合量(樹脂の量に対して又は樹脂+タルクの量に対して?) 何%?
    ③樹脂:タルクの割合を変えることで粘度が変わると思うのですが、
    それにより薄付けパテや厚付けとして可能でしょうか?
    又、樹脂:タルクの配合を変えることで強度的には如何でしょうか?

    以上、長々と書いてしまいすみません。
    どうぞ御指導下さい。宜しくお願い致します。



    A:いつもお世話になりありがとうございます。

    FRP素材屋さん馬渕です。

    1.樹脂タルクの割合
    パテの粘性によっても変わりますが、概ね樹脂1kgに対しパテ1.3-1.4程度です。
    粘性に応じて変えてください。
    といいますのは、樹脂はバターと同じで温度で粘性が変わってきます。
    また樹脂の季節型があり、スチレン含有量などに大きな違いがあるため粘性に差が生じています。

    2.硬化剤は概ね樹脂に対して1%ですが、実務上はそれほど大きな面積を塗布しないことが多いので
    硬化剤 は多めに入れることが多いです。

    3.タルクの割合を変える事で用途を変えることが可能です。
    あつ付をしたい場合は粘性をアップする、その逆もまた同じです。

    強度は曲げ強度、切削強度、圧縮強度など各種指標がありますので、それぞれによって異なります。
    タルクは滑石という素材で粉体の中でも柔らかい素材になります。
    そのため切削性、研磨性が良いという特徴があります。
    見方を変えれば擦傷性には劣るという判断になります。

    引張強度などについてはガラス繊維、ガラスパウダーなど繊維剤を、圧縮強度などはタン カルを
    コスト重視であればタンカルをタレ性付与に関してはアエロジルを、切削性重視であればガラスパウダーを
    塗料の密着製付与であればガラスパウダーを(塗料の種類による)選択してください。

    どうぞよろしくお願い致します。



    フレンズポリパテ
    商品ページはこちら↑↑↑

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました
    ・専門商品の商品解説!
    ・充実した内容のコラムも盛りだくさん!

    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    ・・・・etc
                   

    パテ製作のタルクと樹脂の割合はどのくらいでしょうか?

    Q:お世話になります。
    お忙しいところ失礼かと思いますが、質問させていただきます。
    先日、御社のFRP樹脂他を購入させて頂きました。 その際にFRP樹脂が余ってるいるので、
    ホームセンターでタルクを購入しポリパテを自作しようかと思います。
    質問なのですが、
    ①樹脂:タルクの割合(1:1)?
    ②硬化剤の配合量(樹脂の量に対して又は樹脂+タルクの量に対して?) 何%?
    ③樹脂:タルクの割合を変えることで粘度が変わると思うのですが、
    それにより薄付けパテや厚付けとして可能でしょうか?
    又、樹脂:タルクの配合を変えることで強度的には如何でしょうか?

    以上、長々と書いてしまいすみません。
    どうぞ御指導下さい。宜しくお願い致します。


    A:いつもお世話になりありがとうございます。

    FRP素材屋さん馬渕です。

    1.樹脂タルクの割合
    パテの粘性によっても変わりますが、概ね樹脂1kgに対しパテ1.3-1.4程度です。
    粘性に応じて変えてください。
    といいますのは、樹脂はバターと同じで温度で粘性が変わってきます。
    また樹脂の季節型があり、スチレン含有量などに大きな違いがあるため粘性に差が生じています。

    2.硬化剤は概ね樹脂に対して1%ですが、実務上はそれほど大きな面積を塗布しないことが多いので
    硬化剤 は多めに入れることが多いです。

    3.タルクの割合を変える事で用途を変えることが可能です。
    あつ付をしたい場合は粘性をアップする、その逆もまた同じです。

    強度は曲げ強度、切削強度、圧縮強度など各種指標がありますので、それぞれによって異なります。
    タルクは滑石という素材で粉体の中でも柔らかい素材になります。
    そのため切削性、研磨性が良いという特徴があります。
    見方を変えれば擦傷性には劣るという判断になります。

    引張強度などについてはガラス繊維、ガラスパウダーなど繊維剤を、圧縮強度などはタン カルを
    コスト重視であればタンカルをタレ性付与に関してはアエロジルを、切削性重視であればガラスパウダーを
    塗料の密着製付与であればガラスパウダーを(塗料の種類による)選択してください。

    どうぞよろしくお願い致します。


    ポリパテセット
    商品ページはこちら↑↑↑

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました
    ・専門商品の商品解説!
    ・充実した内容のコラムも盛りだくさん!

    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    ・・・・etc
                   

    ヒケ防止目的でのガラスパウダー添加量について

    自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
    FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。



    Q:ヒケ防止目的でガラスパウダーを添加する場合、本品(ポリパテ)に対するガラスパウダーの比率を教えてください。また、ガラスパウダーの小さい単位での販売はありませんか?100グラムや500グラムなど・・・ よろしくお願いします。


    A:
    ガラスパウダーの比率というものは特に決まっておりません。
    粘性によってぱさついて使えなくなりますので、ぱさつかないまでガラスパウダーをいれていく。
    というのが基準になろうかと思います。

    ガラスパウダーは1000gが最小単位になります。
    どうぞよろしくお願い致します。


    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

    1,500品の商品の解説があります。
    その他にも
    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


    下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


    catarog

    ポリパテのスアナ対策

    Q:御社のご製品をいつもご利用させていただいてます森下です。

    樹脂とタルクで樹脂パテを作成する時の硬化剤についてご質問があります。

    御社の「フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 ノンパラ」とタルクを混合
    してパテを自作する際、樹脂とタルクを1:1で作成した場合には、硬化剤は樹脂
    の重量に対して1-5%程度添加すればいいのでしょうか?
    それとも、樹脂とタルクを合わせた重量に対して1-5%程度添加すればいいのでし
    ょうか?

    また、樹脂パテに上塗りする際巣穴が目立つことがあるのですが、これは樹脂パ
    テの粘度調整で対応することができるのでしょうか?

    お忙しいと思いますが、ご回答よろしくお願いします。


    A:
    いつもお世話になりありがとうございます。

    お問い合わせ頂き、ありがとうございました。



    1.硬化剤の量
    硬化剤は樹脂に対してMAX5%ですので、出来上がりに対して2-3%となります。
    施工の時間を考慮すると多めに入れても問題はありません。

    パテについては下地用が多いと思いますので、それほど厳密な硬化剤管理は必要ないケースが多いです。
    2018-09-14-13-46-58

    2.スアナ(巣穴)について
    スアナがなぜできるかということを突き止める必要があります。

    一般樹脂はおよそ8%程度硬化後体積収縮をおこします。
    そのため硬化する際に体積が縮みます。これがスアナの原因の一つとなり ます。

    理論上、粉体は硬化前後で体積が代わりませんので、この比率が大きくなると
    縮量が減少し、スアナが減ります。

    また樹脂の硬化時間が短いほど縮が大きくなります。
    そのため硬化時間を長めにとることもスアナ解消の対策となります。

    またカクハン時に気泡を抱き込むと、塗布厚が厚い場合空隙ができます。
    これが巣穴の原因となることもあります。

    そのため”気泡を抱き込まないこと”が重要となります。
    (180mim-1)回転以下の低速回転で羽形状はピッチド、フラット、リボン翼形状等が適合です。


    お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

    今後ともどうぞよろしくお願いします。

    FRP素材屋さん馬渕

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

    1,500品の商品の解説があります。
    その他にも
    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    などいろんなコラムが充実しています❢❢❢

    mabo@frpsozai.comまでメールいただくか
    TEL0575-49-4001FAX0575-49-3718
    にて連絡いただければカタログの注文も可能です。


    下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


    catarog


    ポリパテ製マスター型でワックス離型はできますか?

    Q:
    • タイトル:ワックスかPVCかです

      こんにちは、お聞きしたいのですが。
      剥離にボンリースか、PVCかで悩んでいます。
      A208_Z1

      ボンリースですと、FRPのマスターに何回位塗り込みますか?

      また、例えばなのですが、パテでマスターを作ったとしましても、ボンリースで剥離可能なのでしょうか?パテでマスター自体がありえない事でしょうか?

      PVCなら、刷毛塗りなのですが、製品に刷毛跡つきませんか?

      あとポリエステル樹脂も買いたいのですが、
      硬化後、どの位でスチレンは無くなるのでしょうか?保管の都合です。

      ぞうぞ、宜しくお願いいたします。



    A:FRP素材屋さんです。
    お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

    初回の型には複数回、3回ほど塗っていただく必要があります。
    塗布⇒拭き取りを3回転です。

    パテでも剥離可能です。
    ただし、表面を研磨してかなりつるつるの状態にしなければなりません。
    離型剤で物理的に接着しない状態にしたとしても、凹凸があり両方で食いつけば、レゴブロックのように接着するからです。

    PVCの塗り方によります。
    刷毛の目については出る可能性もあります。
    刷毛の種類や粘性を変える事で改善は可能です。

    硬化後のスチレンの揮発については感覚値になりますので、一概にはお答えしづらい部分があります。

    風通しの良い場所であれば数日でわからないくらいにはなります。

    どうぞよろしくお願い致します。

    お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

    FRP素材屋さん

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

    1,500品の商品の解説があります。
    その他にも
    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


    下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


    catarog

    最終的な平面を出す際はポリパテか、FRPかどちらが適しているか?

    Q:初めまして、こんにちは。

    当方、数年ぶりにFRPを使用して、製品を作りたいのですが、
    作業に迷いがあり、買う物で悩んでいます。
    すみませんが、アドバイスを頂けないでしょうか?

    雄型マスターを作るのですが、
    バイクのサイドカバーの上からFRPを貼って作ります。

    サンディングして平らにする必要があるのですが、
    最後まで、FRPで仕上げた方が良いのでしょうか?

    それとも、ポリエステルパテで平らにして、
    仕上げても大丈夫なのでしょうか?
    雄型は、簡単な半楕円形です。
    FRPで雌型を作る際に、
    パテだと不具合が生じるかが解りません。

    もし、最後までFRPで仕上げた方がいい時は、
    なるべく平らを保ちたいので、
    マットは使わずに、クロスのみを使用した方が、
    正解でしょうか?

    どうぞ宜しくお願い致します。


    A:
    いつもお世話になりありがとうございます。

    FRP素材屋さん馬渕です。

    1.FRPで仕上げたほうがよいかどうか

    強度的にはFRPで仕上げたほうが繊維分が入っている分強くなります。
    ただしパテと異なりFRPですと研削したときにガラス繊維の粉分がでるのと
    研削性が劣ります。

    パテですと研削性が高くなりますが、
    強度が落ちます。(特に曲げ強度)

    2.マットとクロス

    ガラスクロスは繊維パターンが一定ですが、
    曲面になじみにくいというデメリットがあります。

    シワになることがありますので、曲面ですとガ ラスマットになります。

    どうぞよろしくお願い致します。

    FRP素材屋さん馬渕

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

    1,500品の商品の解説があります。
    その他にも
    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


    下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


    catarog

    ポリパテの表面が硬化しないのはなぜ?

    Q:先月ポリパテを購入し趣味で車の板金に使用しました。
    パテに硬化剤(パーメック)を5%いれてかなりよく混ぜ
    気温30度以上外で天日干しの時は削れますが
    同時に塗ったパテでガレージ内日陰乾燥パテは
    ペーパー80番にパテが点々と付き目詰まりをして削れません
    パテ表面をペーパーを数枚変えながら研磨した後、(薄皮を削る感じで)内部のパテは硬化しているため普通に削れます

    硬化剤の入れすぎとか何か原因があるのでしょうか
    どうしても日陰で乾燥させなければならないため何か対策ありましたら教えて下さい。

    pate


    A:いつもお世話になりありがとうございます。

    FRP素材屋さん馬渕です。

    硬化剤の種類にもよりますが、標準でついているパテ用硬化剤は速硬化用ですので
    5%は多い可能性があります。

    影のものについては硬化不良を起こしている可能性があります。
    1.湿度が高すぎ、表層に水分が付着し表層のみ未硬化になっている
    2.底面などでスチレンが滞留し未硬化になっている。(外部は風の影響でスチレンがとんでいる)
    3.硬化剤量が多すぎ硬化不良になっている。
    4.パラフィンが表層に上がり切る前に硬化してしまっている。

    とい うパターンがあります。

    とりあえずは一番やりやすい硬化材量の調整で試して見てください。

    現在西日本豪雨の影響で、出社できない社員がいること、地域に応援をしにいっていることから
    会社に影響がでておりまして
    普段のように詳細な回答はできませんが、ご理解とご協力のほどどうぞよろしくお願い致します。

    FRP素材屋さん馬渕
    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

    1,500品の商品の解説があります。
    その他にも
    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


    下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


    catarog

    樹脂にセメントを混ぜてパテにできますか?

    自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
    FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。


    Q:透明樹脂にセメントを混ぜてパテにできますか?

    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 20kg】 アクセサリー作りに
       
    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 20kg】 アクセサリー作りに
    販売価格  18,980円
    税別価格  17,574円
    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 4kg】アクセサリー作りに

    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 4kg】アクセサリー作りに
    販売価格  5,378円
    税別価格  4,980円
    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 2kg】アクセサリー作りに

    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 2kg】アクセサリー作りに
    販売価格  2,919円
    税別価格  2,703円
    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 1kg】アクセサリー作りに

    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 1kg】アクセサリー作りに
    販売価格  2,138円
    税別価格  1,980円


    A:いつもお世話になりありがとうございます。

    セメントを混ぜて粘性を上げることは可能です。

    但し、セメントはアルカリ性が強いので、樹脂が劣化してくる可能性もあります。
    あまりお薦めはできません。

    あまったセメントを使いたい気持ちはわからなくもないですが、自己責任でお願いします。
    タルクや炭酸カルシウムですと安価ですのでそちらをおすすめしたいと思います。
    どうぞよろしくお願い致します。




    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

    1,500品の商品の解説があります。
    その他にも
    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


    下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


    catarog

    ゲルコートサフェーサーとは?

    Q:知り合いに、ゲルコートサフェーサーが良いという風に聞いたのですが、

    実際御社のポリサフとどう違うのでしょうか?よろしくお願い致します。


    A:FRP素材屋さんです。

    いつもお世話になりありがとうございます。
    FRP素材屋さん馬渕です。

    【ポリサフェーサー2液型 4kg】ホワイトタイプ

    【ポリサフェーサー2液型 4kg】ホワイトタイプ
    9,236円8,552円
    あると便利★1 
    数量: 
    【ポリサフェーサー2液型 4kg】ブラックタイプ

    【ポリサフェーサー2液型 4kg】ブラックタイプ
    9,236円8,552円
    あると便利★1 
    数量: 
    【ポリサフェーサー2液型 20kg】ホワイトタイプ

    【ポリサフェーサー2液型 20kg】ホワイトタイプ
    22,609円20,934円
    数量: 
    【ポリサフェーサー2液型 20kg】ブラックタイプ

    【ポリサフェーサー2液型 20kg】ブラックタイプ
    22,609円20,934円
    数量: 

    ポリサフ、いわゆるポリエステル・サフェーサーは、塗装の前段階で研磨前提に使うもの。

    として捉えてください。

    通常のゲルコートを塗って、削り出すと、硬度が硬いがために研磨が大変だったりします。

    その点を改良してあるのがサフェーサーの役割です。

    ではポリサフとゲルコートサフェーサー、どう違うのかと申しますと、

    ◎ポリサフの使い方

    板金などで塗装前にへこんだ箇所にポリサフを塗り、硬化後研磨する。
    その後塗装をする。

    といった用途に使用します。


    一方で

    ◎ゲルコートサフェーサー

    型にゲルコートを塗り型から外して、研磨して塗装する。

    と言った場合に、ゲルコートの代わりに塗布するのがゲルサフになります。

    塗装前に普通に使うのがポリサフ
    型を使った製品を作るときに使うのがゲルサフ

    です。


    型から脱型するのは、実はかなりストレスがかかるものであり、かなりの強度を要求されます。
    またひじり、歪みなど外力がかかるので、物性が必要になります。

    ここにポリサフのような柔らかいものを使ってしまうと、脱型時に壊れてしまったりとトラブルがおこります。
    そのため物性値が高いゲルコートサフェーサーを利用するわけです。

    通常のゲルコートで脱型すると、研削性が悪いので研磨が大変ですが、ゲルサフですとうまく研磨ができます。

    つまりポリサフとゲルコートの中間に位置するのがゲルサフというわけです。

    お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

    ちなみにゲルサフですが、あまり出ないので在庫を持っておりません。
    鮮度が下がったものを提供せざるを得なくなるからです。
    そのため都度お問い合わせいただき、注文発送するような格好となります。


    ◎ゲルコートサフェーサーの使用方法◎

    硬化剤を添加(0.5%から5.0%)

    ガンの口径 2-3φ
    スプレー圧 4kg/cm2前後
    標準塗布量 600g-700g/cm2

    均一に塗布するようにしてください。

    どうぞよろしくお願い致します。
    mabo@frpsozai.com

    FRP素材屋さん

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

    1,500品の商品の解説があります。
    その他にも
    ◎FRPのよくあるトラブルと対処法
    ◎どんな樹脂を選ぶ?
    ◎硬化剤の目安は?
    ◎機能性樹脂の作り方は?
    ◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
    ◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
    ◎下地によるプライマーの選定方法とは?
    ◎ポリトナーによる調色のコツとは?

    などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


    下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


    catarog





    アルミ製玄関扉の補修に使えるパテはありますか?

    Q:マンションにあるアルミ製玄関扉の補修をしたいです。

    下地が木目調のため透明度が高い樹脂またはパテが必要です。
    なにか良いものはないでしょうか?


    A:いつもお世話になりありがとうございます。

    FRP素材屋さん馬渕です。

    今回のケースは初めてなので、回答が難しいです。

    透明度が高い樹脂については
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    透明クリア樹脂が適しています。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 1Kg】アクセサリー作りに

    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 1Kg】アクセサリー作りに
    販売価格  2,138円
    税別価格  1,980円
    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 2Kg】アクセサリー作りに

    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 2Kg】アクセサリー作りに
    販売価格  2,919円
    税別価格  2,703円
    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 4Kg】アクセサリー作りに

    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 4Kg】アクセサリー作りに
    販売価格  5,378円
    税別価格  4,980円
    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 20Kg】 アクセサリー作りに
       
    【注型・封入用ポリエステル樹脂 透明クリア樹脂 20Kg】 アクセサリー作りに
    販売価格  18,980円
    税別価格  17,574円

    ◎利点◎
    水のような透明度があります。

    ヒケ、収縮がおきにくく、耐クラック性に優れています。



    通常の樹脂はおおよそ6-8%くらい収縮するのですが、該当の樹脂は線収縮率で約2%と収縮率が低いです。

    体積が変わると、反りやヒケに繋がったり剥離の原因になりますので、パテという意味でもその部分では性能が高いといえるでしょう。

    ◎デメリット

    一番のデメリットは添加物をふくまないので、タレやすい。ということです。
    そのためコップのようなものに入れて硬化させる注型用としてはすぐれていますが、壁面などではタレて使い物にならない可能性もがあります。


    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    透明クリアパテ
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


    ◎メリット

    一番のメリットはタレにくいということです。

    揺変性という効果をもたせてあります。

    ざっくりいうとタレ性という効果です。

    液体は硬度とタレ性は比例しません。

    どういうことかと申しますと、

    ケチャップやホイップクリームは非常に柔らかいですよね。
    はしがサクッと簡単に通ります。
    対して
    水飴はちょっと硬いですよね。
    はしに抵抗がかかります。

    では、両者を壁面に塗ったらどうなりますでしょうか?

    ケチャップやホイップはある程度原型を留めるのに対し、
    水飴はダラーっとたれてきます。

    硬度の違いがタレ性とは別次元にあるということです。

    これが揺変性。

    この揺変性が高いので壁面などへの肉持ち性が高いのです。


    というわけで下部でかつ造形が必要ないのであれば透明樹脂
    壁面があるのであれば透明パテ

    ということになります。


    ただし、これはあくまで一般論ですので
    お客様のパターンに適合するかどうかはわかりかねます。

    一度少量で試して見るのもいいかもしれませんね。


    FRP素材屋さん馬渕


    FRP素材屋さんのカタログができました。

    送料無料で800円のクーポン付き。実質無料になりますのでぜひご利用くださいね❢❢❢
    catarog




    FRPの繊維材料それぞれの特徴を教えてください。

    Q:FRP素材屋さんいつもお世話になってます。

    FRPの繊維材料についてですが、それぞれどんな特徴がありますか?


    A:いつもお世話になりありがとうございます。

    FRPの繊維材料ですが、下記のように分類できると思います。

    材料 材質 繊維化方法 状態 引張強度 曲面施行性 仕上げ 用途
    ガラスマット ガラス繊維無方向 マット状 成型、船、タンク、防水、パーツ
    ガラスクロス ガラス繊維方向性 編み込み 布状 船、タンク、パーツ他
    ロービングクロス ガラス繊維方向性 編み込み 布状 船、タンク、強度物他
    サーフェースマット ガラス繊維無方向 シート状 仕上げ品
    ロービングひも ひも状のガラス繊維 編み込み ひも パイプ、役物他
    ガラスパウダー ガラス繊維カット品 パウダー状 パウダー 混合用途

    このあたりもカタログに書いてあります。

    幾つか材料がありますが、それぞれの用途に合わせて使っていただくとよいですね。

    どうぞよろしくお願いいたします

    FRP素材屋さん

    カーボンファイバー(CFRP)の補修方法について

    Q:カーボンファイバーの製品があるのですが、表面に凹型のかけができてしまいました。

    御社の製品で補修などに使えるものはありますでしょうか?




    A:お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

    FRP素材屋さんです。

    カーボンの成形品ですとドライカーボン成形の場合はポリエステル樹脂ではなくエポキシ樹脂が使われている可能性があります。

    弊社のクリア樹脂パテであればある程度の凹部であれば問題なく補修できます。

    また大容量のカーボン用クリアポリエステル樹脂もあります。
    送料無料!【国産 カーボン用クリア樹脂 20kg】PC550T 640円/kg

    送料無料!【国産 カーボン用クリア樹脂 20kg】PC550T 640円/kg
    販売価格  13,824円
    税別価格  12,800円
    但し、多少の濁りがありますのであまりに大きい場所の補修ですとビジュアル的に問題が出る可能性があります。
    またエポキシ樹脂はほとんど収縮しませんが、クリア樹脂パテは低収縮ではありますが、収縮しますので、その部分でヒケがでて剥がれやすく成ることはあります。

    カーボンクロス 平織り 1M×1M 国産原糸使用 1000mm×1000mm

    カーボンクロス 平織り 1M×1M 国産原糸使用 1000mm×1000mm
    販売価格  4,298円
    税別価格  3,980円
    カーボンクロス 平織り 1M×0.5M 国産原糸使用 1000mm×500mm
     
    カーボンクロス 平織り 1M×0.5M 国産原糸使用 1000mm×500mm
    販売価格  2,786円
    税別価格  2,580円
    カーボンクロス 平織り 0.2M×0.2M 国産原糸使用 200mm×200mm
     
    カーボンクロス 平織り 0.2M×0.2M 国産原糸使用 200mm×200mm
    販売価格  1,501円
    税別価格  1,390円
    カーボンクロス 平織り 0.1M×0.1M 国産原糸使用 100mm×100mm
     
    カーボンクロス 平織り 0.1M×0.1M 国産原糸使用 100mm×100mm
    販売価格  1,058円
    税別価格  980円
    カーボンクロス 平織り 1M×50M 国産原糸使用 1000mm×50000mm

    カーボンクロス 平織り 1M×50M 国産原糸使用 1000mm×50000mm
    販売価格  214,920円
    税別価格  199,000円
    ご理解の上ご使用ください。

    どうぞよろしくお願い致します。

    お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

    FRP素材屋さん馬渕

    自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
    FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

     

    ポリエステル樹脂にタルクを入れたら色がグレーになった・・・

    Q:いただいたFRPポリエステル樹脂20kgにタルクを入れたら色がグレーに変色しました。

    原因と対策をお願いします。


    A:FRP素材屋さん馬渕です。

    いつもお世話になりありがとうございます。

    タルクは樹脂をグレー化する効果があります。

    そのため今回のケースを回避するためには、タルクをやめてタンカル

    アエロジルなどに変更ください。

    アエロジルを入れると樹脂パテが薄いピンク色になります。

    どうぞよろしくお願い致します。 

    お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

    FRP素材屋さん馬渕

    【タルク】25kg パテ用に!

    【タルク】25kg パテ用に!
    販売価格  4,094円
    税別価格  3,791円
    【タルク】5kg パテ用に!

    【タルク】5kg パテ用に!
    販売価格  1,636円
    税別価格  1,515円
    【タルク】2kg パテ用に!

    【タルク】2kg パテ用に!
    販売価格  1,009円
    税別価格  934円
    【タルク】1kg パテ用に!

    【タルク】1kg パテ用に!
    販売価格  514円
    税別価格  476円
    【タンカル】20kg 増量剤 増粘剤

    【タンカル】20kg 増量剤 増粘剤
    販売価格  2,655円
    税別価格  2,458円
    【タンカル】10kg 増量剤 増粘剤

    【タンカル】10kg 増量剤 増粘剤
    販売価格  2,037円
    税別価格  1,886円
    【タンカル】5kg 増量剤 増粘剤

    【タンカル】5kg 増量剤 増粘剤
    販売価格  1,541円
    税別価格  1,427円
    【タンカル】2kg 増量剤 増粘剤

    【タンカル】2kg 増量剤 増粘剤
    販売価格  822円
    税別価格  761円
    【タンカル】1kg 増量剤 増粘剤

    【タンカル】1kg 増量剤 増粘剤
    販売価格  410円
    税別価格  380円
    【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体10kg】

    【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体10kg】
    販売価格  22,609円
    税別価格  20,934円
    【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体1kg 1000g】

    【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体1kg 1000g】
    販売価格  3,066円
    税別価格  2,839円
    【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体250g】

    【中空ガラスバルーン・Q-CEl パテ軽量化素材・粉体250g】
    販売価格  1,009円
    税別価格  934円
    【アエロジル】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 

    【アエロジル】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 
    販売価格  15,408円
    税別価格  14,267円
    【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 

    【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 
    販売価格  3,888円
    税別価格  3,600円
    【レオロシール】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 アエロジル同等品

    【レオロシール】5kg 送料無料 ダレドメ用粉体 アエロジル同等品
    販売価格  12,744円
    税別価格  11,800円
    【ガラスパウダー 1kg】 パテ補強用に!

    【ガラスパウダー 1kg】 パテ補強用に!
    販売価格  1,468円
    税別価格  1,359円
    【ガラスパウダー 14kg】 パテ補強用に!

    【ガラスパウダー 14kg】 パテ補強用に!
    販売価格  13,351円
    税別価格  12,362円


    自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

    FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

    FRP防水下地の穴埋めはどのパテが良いですか?

    Q:FRP防水の下地に節や、凹凸があります。その場合に適したパテはどのパテになりますでしょうか?


    A:いつもお世話になりありがとうございます。
    FRP素材屋さんです。

    もちろんパテでも良いのですが、最大のデメリットとして2液を混合させなければなりません。
    つまり硬化剤が必要になってくるということです。

    容器を用意してパテをいれ、硬化剤をいれまぜて・・・

    となると大変な工程が一個増えてしまいます。


    というわけで一番適しているのは、
    ポリウレタン系のシーリング材です。
    これは1液ですので、塗布したあとからすぐに硬化がはじまります。

    空気中や基材中の湿気と反応硬化するためです。

    またうわ物のFRPとの密着性能も高く、問題なく使用できますよ。
    pate

    ◎注意点として◎
    専用のガンが必要です。
    空気中の湿気と反応硬化するため、使用後の保管状況を誤ると、使いかけの製品がダメになることがよくあります。(きちんと空気と遮断してあげれば大丈夫です。)
    紫外線に弱く、太陽光に当て続けると劣化が速いです。
    大量に使う場合は、タルクなどを樹脂に入れ、簡易パテとする方がよい場合もあります。
    • ポリウレタン系の湿気硬化1成分形シーリング材です。硬化後はゴム弾性と復元性を保ち、動きに対する追従性に優れます。また、各種塗料の上塗りができます。
    • 容量:320ml
    • 梱包形態:カートリッジ
    • 色:ホワイト
    • 用途:コンクリート壁の打継ぎ目地。亀裂誘発目地。サッシ回りの気密・防水シール。
    • 外観:パテ状
    • 主成分:ウレタン樹脂





     商品一覧
    【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 1本】ホワイト タイルメントS-300同等品
     
    【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 1本】ホワイト タイルメントS-300同等品
    販売価格  616円
    税別価格  570円
    【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 10本】ホワイト タイルメントS-300同等品
     
    【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 10本】ホワイト タイルメントS-300同等品
    販売価格  5,692円
    税別価格  5,270円
    【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 20本】ホワイト タイルメントS-300同等品

    【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 20本】ホワイト タイルメントS-300同等品
    販売価格  11,221円
    税別価格  10,390円


     

    炭酸カルシウム・タンカルは樹脂に入れるとどのような効果がありますか?

    Q:炭酸カルシウム・タンカルは樹脂に入れると、どのような効果がありますか?

    樹脂に入れる割合は?


    A:
    例えば中華スープを作る際に
    片栗粉を入れて粘度をあげるように
    粉をいれることによって粘度があがります。(粘くなります。)

    そのため壁面のダレ止めやパテ、厚づけ、重量増加など
    樹脂に機能性を持たせることが可能です。

    どうぞよろしくお願いします。


    樹脂に入れる割合ですが、普通の樹脂パテの粘度ですとおよそ樹脂1に対し、1.3くらいです。
    樹脂の粘性、季節型、気温によって前後しますので、あとはお好みで調整してください。

    よろしくお願い致します。


    自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 

    アエロジルとエロジルの違いとは?

    Q:アエロジルとエロジルの違いとは?

    A:単に読み方の違いです。

    同一の商品となります。

    自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

    記事検索
    記事検索

    google-site-verification: google57293dcfd430f1d4.html
    • ライブドアブログ