FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。 日々のお客様からの問い合わせに対する回答を集めてあります。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。

カテゴリ: 各種施工方法

Q:馬渕さんこんにちは。
商品の詳細 
雑誌にいくつか掲載されていました軽トラのキャンピングカー(軽トラキャンパー)のシェルを自分で作りたいです。

材料的にはこちらで用意し、最後にFRPでコーティングしたいです。

作り方を教えて下さい。



A:いつもお世話になりありがとうございます。

多岐に渡りますので、どこをどう説明したらよいのかわかりかねますが、
ポイントを絞って解説したいと思います。

雑誌に記載されたのはFRPでも合板下地に直接貼り付けるカバリングとかライニングと言われる手法です。

型から外す方法ですと型作り+離型が必要になり、一気に難易度が跳ね上がります。

合板などに貼り付けるライニングであれば当店の得意分野ですので
使用材料はお問い合わせくださいね。


FRPの基本ですが、
樹脂に硬化剤を入れて硬め、内部に補強用のガラスマットを入れる。
これがFRPです。合板で作ったシェルにFRPでライニングすることで飛躍的に防水性と耐久性、剛性を高める事ができます。


さて、雑誌では通常の樹脂を使っていましたが、
木目を活かしたい場合、淡色の樹脂が適していると考えられます。
 
送料無料!【国産 カーボン用クリア樹脂 20kg】PC550T 640円/kg

送料無料!【国産 カーボン用クリア樹脂 20kg】PC550T 640円/kg
樹脂のタイプは硬質タイプで良いです。

上から塗装する、またはコストを求めるのであれば一般硬質タイプ
透明度、下地の木質性を出したい場合は淡色タイプ

硬質インパラ樹脂が該当の樹脂になりますね。


送料無料!!大特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg】FRPR18P
 
送料無料!!大特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg】FRPR18P
販売価格  7,538円
税別価格  6,980円
送料無料!!セット特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg×3缶】FR-PR18P
  
送料無料!!セット特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg×3缶】FR-PR18P
販売価格  22,518円
税別価格  20,850円
送料無料!!セット特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg×5缶】FR-PR18P
  
送料無料!!セット特価!!【フレンズポリ 国産硬質ポリエステル樹脂 インパラ 18kg×5缶】FR-PR18P
販売価格  37,260円
税別価格  34,500円

値下げしました!!送料無料!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】 台湾(20kg)ワックス入 2597APT
 
値下げしました!!送料無料!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】 台湾(20kg)ワックス入 2597APT
販売価格  7,797円
税別価格  7,219円
送料無料!!セット特価!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】台湾(20kg)ワックス入 3缶 2597APT
  
送料無料!!セット特価!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】台湾(20kg)ワックス入 3缶 2597APT
販売価格  22,291円
税別価格  20,640円
送料無料!!セット特価!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】台湾(20kg)ワックス入 5缶 2597APT
  
送料無料!!セット特価!!【◎赤APTインパラ大特価硬質ポリエステル樹脂】台湾(20kg)ワックス入 5缶 2597APT
販売価格  36,720円
税別価格  34,000円

◎下地作り◎

良い製品を作るためには下地が8割をしめます。
今回、箱形状のため角部の積層がポイントになってきます。

角部については、ガラスマットが角に密着しないので、防水テープを張り込んで直角を出すようにしてください。

防水テープは50-75ミリ巾の不織布付きのテープで、ガラスマットの代わりになります。
これをあらかじめ張り込んでいきます。

防水テープはタイプが色々あり、樹脂中の溶剤でブヨブヨになってしまうものや、後から膨れがでるものがありますが、FRP素材屋さんの防水テープであれば
密着製と耐溶剤性も問題ありません。

【FRP用防水テープ50mm】

【FRP用防水テープ50mm】
販売価格  1,274円
税別価格  1,180円
【FRP用防水テープ50mm】×16本パック 単価1,090円

【FRP用防水テープ50mm】×16本パック 単価1,090円
販売価格  17,939円
税別価格  16,610円
【FRP用防水テープ75mm】

【FRP用防水テープ75mm】
販売価格  1,420円
税別価格  1,315円
【FRP用防水テープ75mm】×12本パック 1254円((税抜き)本

【FRP用防水テープ75mm】×12本パック 1254円((税抜き)本
販売価格  16,252円
税別価格  15,048円

製作例:合板製キャンパーに75ミリの防水テープを角に貼ります。

1.角から32mmの地点に鉛筆で何箇所かマーキングをする。
2.マーキングした地点を目印に防水テープを貼ります。
3.防水テープはテンション(強めに張る。)を掛ける事で直線がでて綺麗に貼ることができます。
4.きちんと貼れると両側に対し、およそ32mmづつ貼れるようになるかと思います。

ブチルゴムは動きがあるテープです。あまり下地がぐらつくと応力がかかって切れる場合がありますので、その場合は下地ごと作り直してください。

5.ガラスマットを当てる部分はテープの32mmに対して約半分を基準にします。
カドまでいっぱいにガラスマットを当てると後工程でカット工程が入り、防水テープを切ってしまったりするので注意が必要です。

◎凹凸部の処理◎
半透明で下地を活かしたい場合は、ガラスマットを細かく切ったものを樹脂にまぜパテを作って凹部に充填します。
凸部についてはFRPの積層の障害となるので、サンダー、グラインダーなどで平滑にしてください。

◎シーラー処理◎
シーラーについてはウレタン系のものを使用します。
ウレタン系シーラーは紫外線で黄変するので木のカラーによっては回避することもあります。
シーラーの目的は下地とFRPを強固に一体化させるためのものです。
塗布量は0.2kg/㎡
吸い込みが激しい場合は、塗布量が変化します。

◎ガラスマット張り込み◎
 
よく下地に樹脂を一旦ぬってからガラスマットを
ということが書いてあるケースがあります。

しかしこの方法、衛生的ではなく、タック性が作業の邪魔になるのでおすすめしません。
途中で下塗りが固まってきますしね。
下塗りはやめましょう。

優秀な職人は作業環境が必ず綺麗です。

最初にガラスマットを仮止めしておきます。

下地は乾いてますので、しっかりと時間をかけてガラスマットをわりづけしましょう。

※経験が浅い方は、エリアをくぎって作業することを強くおすすめします。
下にやり方は記載してます。

☆施工場所の目安☆
風がない場所
下を養生しておく

というのがポイントです。

大型でかつ成型物を積層する際は、塗布に集中する環境がいちばん大事なので、
ガラスマットが動かないよう、ハンディタッカー、養生テープにてガラスマットをガチガチに固定する方法がベターです。

シビアな防水性等を求めるのでなければタッカーはそのまま残しておいて大丈夫です。 
養生テープは取りやすいように、取り代を作っておくことが重要です。
養生テープのタイプは中粘着以上の物が必要です。
何かと便利なテープなので一個持っておくとベターですね。

また大きめのゴミ袋を2個用意しておき、不燃用と可燃用に用意しておくことが大事です。
【養生用ビニルテープ幅50mm】手でカンタンに切れます。

【養生用ビニルテープ幅50mm】手でカンタンに切れます。

優秀な職人は作業中バタバタしないよう準備ができている。


◎樹脂塗布◎
 
 樹脂は壁面が多いのでタレドメが入っているもしくはあとから入れる必要があるでしょう。

【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 

【アエロジル】1kg ダレドメ用粉体 
販売価格  3,888円
税別価格  3,600円
 
1kgでも相当な量があるので、少しづつ添加していきます。
あまり入れすぎると透明度が下がってきます。

壁面はこれがないと下に垂れてきますので注意が必要ですね。

樹脂については硬化剤は1%以下にしたいところです。

一度にたくさん樹脂を作ると途中で硬化がはじまり収集がつかなくなることが初心者の方によくあります。

そのため少ない量で、硬化材少なめ。というのが少なくとも最初の方法となります。

硬化が遅いと心配になりますが、安心して作業ができるのとあらかじめタレドメをいれておくことでタレを防止できます。

想定されるトラブルの元を準備段階で削っておくのが優秀な作業者のポイントです。
トラブルを事前に予知しておけば何倍も作業が効率的になります。


さて、ここで想定されうるトラブルを列挙したいとおもいます。


◎想定されるトラブルと対処法◎

1.ガラスマットが風で飛散する。
ガラスマットをわりづけしておいたのに、風で飛ばされる。
そうなるとてんやわんやになります。

この場合は、テープ、タッカーの留めが悪いことと、風の入り口を作ってしまうことに原因があります。そのためわりづけ段階からぴっちりと張り込んでいくことが重要になるでしょう。また事前準備は以下の通り。

無風状態にする衝立、防風板をつける。倉庫など屋内で作業する。
タッカーで打ち付ける。養生テープでガチガチに固定しておく。
風が強いと硬化が早く成ることがあります。
※FRP素材屋さんのガラスマットは低飛散タイプです。

2.樹脂が途中で硬化してきた。
作業中に樹脂が硬化してくるほど恐ろしい物はありません。
そのため優秀な職人は、最初の方で樹脂の硬化時間の目安を掴んでおきます。

また作業が遅くなりそうな場合、または初心者の場合
樹脂の製作量を減らす。硬化時間を長くするため硬化剤の添加量を減らす。
最初は1kgの少量、硬化剤1%から始める。

硬化時間はタレとのトレードオフの関係があります。そのためタレドメ材を入れて硬化時間を長くする。
これがキャンプカー・キャンパー製作時にはベターな方法のような気がします。

3.下地の凹凸が積層の邪魔をする。
凹凸を予め削っておく。凹部にはパテで詰め物をする。
凸部があるとガラスマットをはがして削らないといけません。

4.脱泡ローラーが固まってきた。
つけ置きできる容器とアセトンを用意しておく。
これは結構大事なポイントです。

塗布ローラーは使い捨て、脱泡ローラーはアセトンつけおき。

これが基本です。


5.樹脂が下にタレてえらいことに。
下地を全面養生しておく。新聞だと浸透することを想定しておく。

優秀な職人は垂れるであろう範囲+風で飛ばされる範囲+マージン
で養生します。

逆の職人はタレたものを後で掃除する。
垂れるであろう範囲の養生で飛び散ったものを掃除する。

こういった考え方の違いがあります。
養生材をケチっては良いものはできません。
【養生用コロナマスカー550ミリ×25メートル×1巻】手でカンタンに切れ、55cmまで伸びます。

【養生用コロナマスカー550ミリ×25メートル×1巻】手でカンタンに切れ、55cmまで伸びます。
※養生用コロナマスカーはテープ部とビニール部に分かれています。
テープを貼ってビニール部を伸ばすと、55cmの大きな範囲をカバーできます。
さらにコロナ放電処理をしてあるため塗料が付着しやすくなっております。
ポイントはピンピンに張ることがポイント。
なぜなら張ってないと風を巻込みバタつくか、風で飛ばされやすくなるからです。


◎樹脂の含浸◎

硬化剤をまぜたら樹脂をガラスマットに染み込ませていきます。
塗布ローラーに樹脂をつけてガラスマットにおいていきます。
置いていくだけで自然に浸透していきます。

優秀な職人はガラスマットへの自然浸透と重力のちからを利用します。
逆の人は、自分の力で無理やりガラスマットへ浸透させようとします。

浸透しきったところで脱泡作業に入ります。

浸透しきった所・・・と言うのはわかりづらいですが、
合板下地の見た目で言うと全体が飴色になったポイントです。

そこまでは素材の浸透力や、重力にまかせて最後の空気抜き工程のみを行います。

あまり空気が抜けきれない場合があります。その場合はほっておいて次に進みましょう。
※空気が抜けきれない場合の殆どがガラスマットが馴染みきれない箇所にあたっているということです。

具体的には、
◎樹脂の量が足らない
◎下地の凸、バリが邪魔になっている。
◎角部の直角がきつすぎてガラスマットが馴染んでいかない。

の3点です。
殆どは準備段階の問題ということがわかりますね。


◎エリア別積層法◎

大型のライニングの場合最初はエリアを区切って施工したほうが良いかもしれません。
ガラスマットの巾が1Mですので、この部分を施工し、次硬化したらガラスマットを張って…
というようにする方法です。

つなぎになる部分は50mm~ラップさせ重ねて行きます。

カットマットの突きつけをやる方が見えますが、繊維が入ってない部分で切れる可能性が極めて高いので、きちんとラップ(重ねる)させましょう。

ラップ部同士を目立たせなくする方法は、カットマットの部分をほぐして上げるとよいです。

バリがあるとフクレになるので、バリを削り取ってください。

研磨すると白くなるので注意してくださいね。

1エリア終わったら2エリアというようにずらしながら施工していきます。


◎トップコート塗布◎

トップコートを塗る場合は、研磨後トップコートを塗ってください。
トップコートの硬化剤添加量は樹脂と同じです。

0.4kg/㎡になります。

可能であれば中塗りをしたいですね。
◎中塗り◎
中塗りはトップコートと樹脂層の間に一層塗る工程で、
1.研磨する際に凹凸、バリがわかりやすくなる
2.ガラスマット目を目立たせなくする
3.トップコートの欠けにたいする対策
4.伸び率を合わせて密着性を高める

といった目的で行われます。

中塗りは0.5kg/㎡程度になります。

壁面はあまり塗布量をつけると垂れるので注意してください。
壁面のタレに注意です。


どうでしたか?ポイントを絞っていますが、読んでおくだけで大分できあがりと作業スピードが違うと思います。

準備が8割、先を急ぎたい気持ちはわかりますが、準備に時間をかけた方が圧倒的に作業は早くなるということをよく覚えておきましょう。


◎雑誌掲載について◎

軽トラックキャンピングカーの製作工程は

地球丸社の
軽トラックパーフェクトマニュアル3に記載があります。

商品の詳細 
雑誌取材依頼はこちら
FRP素材屋さん 本店
TEL0575-49-4001
FAX0575-49-4001

 

Q:いつも丁寧なご返答ありがとうございます。

フレンズサンドペーパーというものを購入したのですが、
いろいろ数字があるペーパーがありどれをどのように使ったら良いのかわかりません。
教えていただけないでしょうか?

【大判フレンズサンドペーパーセット#40、60、100、240、400、1000】各番手オールインワンセット

A:お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

またいつもお世話になりありがとうございます。

【大判フレンズサンドペーパーセット#40、60、100、240、400、1000】各番手オールインワンセット

【大判フレンズサンドペーパーセット#40、60、100、240、400、1000】各番手オールインワンセット 
販売価格  297円
税別価格  275円
 
この商品かと思いますが、まず番手について。

ペーパーには数字があります。
40かなり荒い
100一般的なペーパーサイズ
1000かなり細かいペーパー

この数字が少ないほど荒いペーパーになります。

荒いペーパーの特徴
1.一回の研削量が増えます。
2.また古い塗膜を剥がしたりするのに使用できます。
3.凹凸を消したり、物理的な突起物をなくしたりできます。


中目ペーパーの特徴
1.塗装前の目荒らし
2.凹凸の平滑化

細目ペーパーの特徴
1.塗装前の目荒らし
2.細かい傷を消す

というようにそれぞれ役割があります。

一般的には
数字の小さい

40⇒60⇒100⇒240⇒400⇒1000
というように細かくしていく方法が一般的です。

FRPでの作業では、スプレーゲルコート仕上げの前はかなり細かい番手で
FRP防水のトップコートの前は研削量重視のため40以下の荒手の番手が良いです。

最終塗膜によって研磨目を変えたほうが良いです。
防水のトップコートは膜厚が0.2ミリもあり、かつ粘性があります。
そのため40などの荒手で削っても最終層には影響がありません。
これが塗膜の薄いウレタン系塗料ですと40で削った跡が表層に出てしまいます。

このように上塗りとの相性も重要になってきます。

どうぞよろしくお願い致します。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:いつもありがとうございます。

ロービングひもという商品を見つけたのですが、具体的にどのような場所に使用されるのでしょうか?



A:FRP素材屋さん馬渕です。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


お問い合わせのロービング(ひも)ですが、特徴としてロープと同じく両側から引っ張った時の強度
(引張強度)がでます。
この方向性については非常に強い強度を持ちますので、引張方向に強度を持たせたい場合は、使用すると効果的です。

また通常の面形状のものではやりにくい場所についての施工が得意です。

防水工事などでは、手すりなど役物の根本などにグルグルと巻いてガラス繊維の代わりとしたり、
池から立ち上がっているパイプの根本を固定するために巻いたりと結構使いみちはあります。

どうぞよろしくお願い致します。
 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRP素材屋さんこんにちは。

FRPガラスクロスなのですが、いつものようにカッターで切ろうとしたらよじれてしまいました。



このガラスクロスを上手く切る方法というのはありますでしょうか?



A: いつもありがとうございます。

ガラスクロスについては普通にきるとなかなか上手く行きません。

一度伸びたガラスクロスはなかなか元には戻りません。

◎カットする方法◎

養生テープ、紙のマスキングテープを一旦貼っておきます。

その上からカッターで切断するようにしてください。

カッターは角度をなるべく寝かせて切るようにすると上手く切れると思います。

相手がガラス繊維のため、カッター刃が思った以上に摩耗しています。

そのためカッター刃を寝かせつつ刃物交換頻度を上げるようにしてください。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:いつもお世話になっております。
防水テープについてですが、角をこれで施工すると良いということです。
具体的にどのような方法で張り込んで行けばよろしいでしょうか?

よろしくお願いします。



A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

下の写真は実際に水槽を施工しているところです。

 
最初の写真の黒い角が防水テープです。

この部分は合板の厚み分15mmしか巾がないので、この部分をガラス繊維で巻き込むのは不可能です。

【例えば合板の端っこに布の服を押し当てようとしても難しいと思います。】

ガラス繊維は折り目をつけることができないので、この防水テープを使うということです。


役物などがあればあらかじめ防水テープを貼っていきます。

防水テープは密着面がブチルゴム系、表面が不織布になっております。

そのためFRPガラスマットのかわりとして使うことができます。
但し、漏水想定箇所や水がたまる目地部には使用を避けてください。

上の天端に防水テープを巻き込むと直角がきっちりと出ます。

例えば75mm巾の防水テープを使うと、
15ミリの合板の天面を抜くと50mmあまります。

そのため

25ミリの地点をメージャーで測って印を売っておき、この線をガイドにしてテープを貼っていきます。

裏面に離型紙が着いてますので剥がしながらテンションを強めにかけてください。
そうするとたるむことなく綺麗に直線張りができます。

張り終わったら25mmの内、15mm程度をラップ(重ねる)させ、ガラスマットを貼っていきます。

一番上まで貼ってもよいのですが、カッターでバリを切る際に、大事なテープ部まで切ってしまいがちなので、途中までラップさせて後工程なしの方が良いかと思います。


ブチルゴムテープの中には不織布が溶剤で溶かされ、ブチルと不織布間に浮きがでるケースがあるので類似品にご注意ください。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


税別価格  325円
【FRP用防水テープ50mm】

【FRP用防水テープ50mm】
販売価格  1,274円
税別価格  1,180円
【FRP用防水テープ50mm】×16本パック 単価1,090円

【FRP用防水テープ50mm】×16本パック 単価1,090円
販売価格  17,939円
税別価格  16,610円
【FRP用防水テープ75mm】

【FRP用防水テープ75mm】
販売価格  1,420円
税別価格  1,315円
【FRP用防水テープ75mm】×12本パック 1254円((税抜き)本

【FRP用防水テープ75mm】×12本パック 1254円((税抜き)本
販売価格  16,252円
税別価格  15,048円



自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:FRP素材屋さんこんにちは。FRPで積層作業をしているのですが、
角部分のエアーがどうしても抜けません。
このような場合はどうしたら良いでしょうか?

A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。

角部はおおよそ2種類あります。
入隅(いりずみ)と出隅(でずみ)です。

例えば水槽をイメージすると
内側の底の4隅が入隅
外側の底の4隅が出隅
になります。

今回、どちらかがわかりませんので両方として解答いたします。

FRPの特性として直角にはなじまない。

と言うものがあります。
例えば服を直角に押し当てようとしても反発して戻ってきてしまいますよね。


事前に▲にしてあげることで巧くなじむようになります。


そのため角部は意図的に▲型にしてあげる必要があります。

この三角形がないと、気泡が入ってしまいます。


さてやり方ですが、


1.入隅の方法

入隅については

1.ポリウレタン系シーリング材の充填
 

このグレーの内側の部分。

ここにポリウレタン系のシーリング材を充填します。





その上で発泡面木を切って押し当てます。


【手軽に面取り発泡面木、細タイプ・面はば10ミリ】2000mm×50本入 100メートル分

【手軽に面取り発泡面木、細タイプ・面はば10ミリ】2000mm×50本入 100メートル分
販売価格  2,782円
税別価格  2,576円
【手軽に面取り発泡面木、中幅タイプ・面はば20ミリ】400mm×5本入 2メートル分
 
【手軽に面取り発泡面木、中幅タイプ・面はば20ミリ】400mm×5本入 2メートル分
販売価格  204円
税別価格  189円
【手軽に面取り発泡面木、中幅タイプ・面はば20ミリ】1000mm×10本入 10メートル分
 
【手軽に面取り発泡面木、中幅タイプ・面はば20ミリ】1000mm×10本入 10メートル分
販売価格  724円
税別価格  670円

発泡面木は通常は面幅20mmが一般的です。

大きい方が施工はしやすくなります。


これをポリデントのように角に押し当てることで角に面が取れるのです。


発泡面木を当てたら角取り終了です。



次に出隅





この写真を見てもらえばわかりますが、防水テープが施工してあります。

防水のブチルゴム系テープを施工することで、ガラスマットの代わりとし、
角まで補強繊維をいれないという方法です。
※但し、強度は落ちますので、自己責任にてお願いします。

応力のかかる場所や、水漏れの恐れのある場所は別途方法がありますので、お聞きください。

【FRP用防水テープ50mm】

【FRP用防水テープ50mm】
販売価格  1,274円
税別価格  1,180円
【FRP用防水テープ50mm】×16本パック 単価1,090円

【FRP用防水テープ50mm】×16本パック 単価1,090円
販売価格  17,939円
税別価格  16,610円
【FRP用防水テープ75mm】

【FRP用防水テープ75mm】
販売価格  1,420円
税別価格  1,315円
【FRP用防水テープ75mm】×12本パック 1254円((税抜き)本

【FRP用防水テープ75mm】×12本パック 1254円((税抜き)本
販売価格  16,252円
税別価格  15,048円
【カッターナイフ】エコノミータイプ黄色

【カッターナイフ】エコノミータイプ黄色
販売価格  107円
税別価格  99円

というわけでこれがFRP素材屋さんが推奨する出隅入隅の施工方法となります。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん
馬渕



自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。



 

Q:現在ベランダ防水のトップコートを塗ってますが、上手い方法というのはあるのでしょうか?


A:トップコートの上手い塗り方についてはまずは通常の塗料、塗装との違いを認識する必要があります。

普通の塗料であれば最も大事なのは美観、つまり綺麗にしあげることです。

しかしトップコートの場合は、紫外線から防水層を守る。
つまり防水層の保護という機能的な側面があります。

そのため綺麗に仕上げるということより本来は防水層の保護という観点から施工しなければならない。
ということになります。

綺麗に仕上げようとするならば、塗膜面を短毛ローラーで薄くぬることが一番綺麗には仕上がります。
それは凹凸が少なく仕上がるからです。

しかし、トップコートは紫外線から防水層を守るため、ある程度の膜厚が必要になります。

具体的には膜厚0.2-0.3mmであり、この膜厚になるようきちんと事前にトップコートの量を計量しておく必要があるといえます。

膜厚は計ることは難しいと思いますので、重量で換算します。

1㎡に対し0.4kg
10㎡に対し4kg
 
です。

この分量を正しく均等に塗布していくことが重要になります。

理論的計算方法は上記になりますが、
但し、立ち上がり面(垂直面)は塗布量が減ります。


塗り方の基本は、塗料の塗布量を均一化すること。

といえます。

つまり塗布した際に凹凸のように多い場所、少ない場所があるとよくないということになります。

そのためNNNというように斜め方向にローラーを動かし、ローラーの目(凹凸)を消しながら塗布してください。

どうしても塗布の凹凸ができるのがローラー塗りの最も難しい部分ですので、 
この部分を以下に消しつつ、塗布量を平準化できるか。

ということが大事な面になります。
すると自然に綺麗に仕上がってくるということです。

一番は機能面
そして
付随して美観面ということになります。


どうぞよろしくお願い致します。


FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:FRPでできた大型のボックスが破れています。
これをFRP素材屋さんの材料で補修したいのですが、どれが良いでしょうか?
また施工方法を聞きたいです。


A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

破れた物の詳細はわかりませんので、一般論として解答いたします。

そんなに大きくない場所であればサンキューセットやチャレンジセットでも十分行けると思います。
おすすめ商品
【送料無料!FRP自作28点19種類セット NEW FRP今からはじめるガンバリセット】
 
【送料無料!FRP自作28点19種類セット NEW FRP今からはじめるガンバリセット】
販売価格  6,990円
税別価格  6,472円
数量:  
詳細を見る
【FRP自作21点17種類セット NEW FRP今からはじめるチャレンジセット】
 
【FRP自作21点17種類セット NEW FRP今からはじめるチャレンジセット】
販売価格  4,990円
税別価格  4,620円
数量:  
詳細を見る
【FRP自作9点 FRP今からはじめるサンキューセット】
 
【FRP自作9点 FRP今からはじめるサンキューセット】
販売価格  3,990円
税別価格  3,694円
数量:  
詳細を見る

それぞれ
ガンバリセット 2.6㎡×1層
チャレンジセット 0.78㎡×1層
サンキューセット 2.6㎡×1層
の施工がそれぞれできます。

手順ですが、

◎ボックスの破れの補修手順◎

まずちぎれた表面にテープを貼ります。 
もしはみ出すようであればペーパーで削っておいてください。

裏側もペーパーで研磨してください。

理由は2つ
1.バリがあるとFRPが密着せず強度が出ません。
2.バリがあると空気抜きが大変になり、施工性が落ちます。
3.表面にワックスその他油分が乗っている場合、後工程のFRPの密着力が落ちてしまいます。この離型成分を研磨で落としてあげることができます。

研磨工程は非常に重要になります。



裏からちぎったマットを作り、樹脂を含浸させていきます。 
塗布ローラーなどでしっかりと空気抜きをします。

#450のガラスマット1マイで0.8-1.0mm厚となりますので、
想定される厚みになるまでマットを重ねて行ってください。

一度に重ねて樹脂を含浸できるのは多くて3枚くらいまでです。

あまり厚い層にすると脱泡作業に時間がかかるのと
硬化熱収縮が起こり、成形品に反りや歪みが出たりします。

ものによっては裏からバックアップ剤を入れて反りを防止したりします。


表面に予め貼ってあったテープを取り、はみ出た樹脂、ガラスマットを研磨して落としてください。

塗装の前にはきちんと細かい番手で研磨を入れると補修痕が目立ちにくくなります。

塗装の番手ですが、通常の車用などの塗料は非常に綺麗に仕上がる反面膜厚がうすいので最終の研磨番手は落として上げる必要があります。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:FRP浴槽にヒビが入ってきました。
そこでFRP素材屋さんのFRP修理キットを使って
修理をしたいですが、どうしたら良いですか?



A:FRP浴槽の修理については通常のFRPとは全く製法がことなります。

私達が普段目にしているFRPはハンドレイアップという手法で手作業で貼り付けたりします。
一方で、FRP浴槽、ヘルメットなど量産品についてはSMCという手法が使われます。

SMC成形は大型の設備が必要です。
FRP浴槽などは大型の金型などにFRPの樹脂や充填剤、離型剤、などを一個の金型に入れ
熱硬化反応等で成形させるものです。

そのため量産ができ、速いサイクルで製品の製造が可能になります。


しかしこの手法は内部離型剤等の問題で、
上からFRPを貼り付けようとすると非常に密着製が悪くなります。


さらに問題が一つあり、

1.環境が過酷である。
浴槽は氷点下から60℃までととても幅広い範囲での温度対応となります。
温度が上昇すると分子間の動きが活発になり、剥がれやすくなります。

例えばお湯で茶碗を洗うのと、冷水で洗うのとの違いのようにです。

2.使用が毎日肌に触る場所である。
例えば天井の部分であれば塗料の剥がれなどは大きな問題になりません。
しかし、毎日肌に触る部分であればごくごく微小の引っかかりでも剥がれとして認識されやすいです。
そのため非常にクレームが多い分野になります。

といった問題から、バスタブ専用のFRP樹脂を材料だけ販売しているメーカーがないのがないのが現状です。

結論としましては、浴槽をFRPで修理することはできますが、
補修前提で、長期保証には適さない分野となります。
もし施工したいのであればあくまで自己責任において施工していただく。
という方法になります。

この非常に難しい分野を専門にやられている業者様が当店のお客様でありますので、
そちらを紹介することはできます。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。








 

Q:発泡ウレタンでカーパーツを複製して作りたいです。
車のドアに発泡ウレタンで型を取り、後からFRPで成形品を作りたいです。
その際、発泡ウレタンについて以下の質問があります。

1.R液・T液の比率を教えて下さい。
2.乾燥時間や硬化時間を教えて下さい。
3.型を抜きたい場合注意する点はありますか?
4.出来上がりの体積は?

A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さんです。
1.R液・T液は1:1です。
2.2つの液を混ぜると約10秒でクリーム状になってきます。
10ー20で発泡してきて約4分で発泡を完了します。

品番

 

 

 

クリームタイム

 

T液

R液 

混合比

フリー密度

発泡倍率

発泡開始時間

発泡終了時間

FRP素材屋さんT

FRP素材屋さんR

100:95
約1対1 

35kg/m3

約30倍

20秒

230秒

※密度、発泡倍率はフリー発泡時です。(拘束がない状態の自由発泡)


そのため完全硬化までが4分、カクハン可能時間が20秒ということになります。

3.型を抜きたい場合の注意点

発泡ウレタンはジャイアントカプリコのように表面に無数の巣穴があります。
ここに樹脂を塗ってしまうと、物理的に食いついてしまいますので、
この穴を埋めなければなりません。

通常何度も使う型であればポリパテで穴埋めをします。
一回限りで小さいものでしたらワックス系離型剤を使う場合もあります。
(但しコストが割高になりがちです。)

4.出来上がりの体積
出来上がりの体積は、液体の約30倍となります。
例えば一斗缶サイズであればあれの30倍となります。
※缶の体積よりは多少少ないので実際の出来上がりはもう少し小さくはなります。

発泡倍率はあくまで通常の使用時になります。
当然上の方と下の方では倍率は変わりますし、温度、湿度によって影響を受けますので、
余裕を持っていただけるようによろしくお願い致します。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん 馬渕 


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:小物の成形品なのですが、型から抜けません。
どのようにしたら良いのでしょうか?


A:型から抜けないのは
1.型の設計に由来する場合、
2.離型剤の塗布に由来する場合
3.施工に由来する場合
があります。

1は型の問題なのでおいておいて圧倒的に多い施工に由来する場合についてご説明いたします。
2の離型剤に由来する場合については前回の記事を参考にして見てください。

離型剤の塗り方についてはコチラ


いずれにしても今回の分を型からきちんと取らなければなりません。

おそらく一部については型から離れている部分があるとおもいますので、
そこにヘラのような物を差し込んで抜く方法があります。

それでも抜けない場合は、何本も差し込んで徐々に型から離していきましょう。
ゴムハンマーで叩くとパリッといける可能性もありますが、型にダメージがあるのであまりおすすめではありません。

ヘラの材質ですが、木製品などがよく使われます。

しかしながら途中で折れるケースが結構あるので、
パテヘラを何本も持っておき、使うケースがあります。

金属製などですとどうしても型に傷がつきますので、
木質、樹脂系にしてください。


 検索結果
写真商品名販売価格税別価格注文
【パテヘラ45ミリ】

【パテヘラ45ミリ】
163円151円
数量:  
【パテヘラ60ミリ】

【パテヘラ60ミリ】
245円227円
数量:  
【パテヘラ75ミリ】

【パテヘラ75ミリ】
276円256円
数量:  

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 
    

Q:防水トップコートを塗る前に中塗りをすると思いますが、その理由を教えて下さい。


A:FRP素材屋さん馬渕です。
いつもお世話になりありがとうございます。

中塗りとは、ガラスマットが入っている防水層を作ったあと、
樹脂にトップコートを混ぜて塗る工程です。

その後研磨をいれてトップコートを塗っていきます。

工程順序
1.プライマー
2.FRP防水層積層
3.中塗り
4.トップコート仕上げ

といった流れでしょうか。

1と2の間に下塗りをする場合もありますが、これは最終防水層が汚くなる恐れがあるため実務上は省いても問題はないケースの方が多いです。

さて、トップコート前に塗る
この中塗り、実は省かれやすいですが、非常に重要な意味を持ちます。

いくつか理由があるのですが、

1.美観面:通常防水層はガラスマットの目がでてしまいあまり綺麗ではありません。
そのため中塗りをして研磨することでこのガラスマット目を目立ちにくくするのです。

2.性能面:伸び率の緩和という役割があります。
トップコートは樹脂の中でも非常に硬い素材です。耐候性、擦傷性などを上げるため硬度が硬いです。
しかし、その反面靭性(曲げ強度) に劣ります。
グミの方が柔らかいですが、クッキーの方が硬いです。しかしクッキーの方が割れやすいと思います。
つまり防水層がグミ、その上にクッキーがあるようなイメージですね。

そのグミが動いた場合、クッキーは割れてしまいます。
伸び率が違う二つの素材というのは本来付きにくく、剥がれやすいです。

この中にお互いの特徴をもった(混ぜてるので当たりまえですが、)樹脂層を一回いれるだけで耐クラック性などをあげることができるのです。

3.施工面:研磨工程が後工程で入りますが、中塗りはその手助けをしてくれます。
透明な防水層にあるバリや異物などは非常にわかりづらいです。
しかしここに色をつけてあげることで、バリや突起物などがわかりやすくなるのです。
それをサンディングで磨いて平滑を出してあげればトップコート後の研磨作業は必要なくなりますよね。

4.対クレーム面:硬いトップの下にダイレクトに透明な防水層があるとします。もし室外機や倉庫などをゴリゴリ動かしてしまったばあい、トップが剥がれたとします。
すると透明な防水層がでてきてしまい、お施主さんからするとすぐにクレームになります。
水が漏れそうですものね。

しかしこのトップの下に同じ色のついた樹脂が塗ってあれば、ほとんどその不備が目立たなくなります。
そのためクレームがおこりにくいのです。

これを防水工事のトップ下といい、サッカーと一緒で大事なポジションになるのです。


というわけで上記4つの意味合いがあり、非常に重要なんですね。

工期が遅れてくると、この工程を省きガチですが、きちんと中塗りをやっている工事はすぐにわかりますよね。


FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。



 

Q:FRP素材屋さんこんにちは。

先日アドバイス通りトラック壁面のFRP防水をさせていただきました。

なんとか形にはなったような気がしますが、 壁面で樹脂が上からタレて来ました。

これはやり方がまずいのでしょうか?



A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さんです。

該当の樹脂はFRP防水用でしたでしょうか?
もしFRP防水用であればダレ止材が入っており、この壁面からのタレはほとんどないはずです。

もしあるとすれば

1.基準塗布量以上の塗布量がついてしまっている。
2.防水用樹脂ではない樹脂を使用している。
3.季節型がずれている場合、樹脂の粘性が著しく下がるケースがあります。


おそらく9割型この範疇に入っていると思います。

FRP素材屋さんの樹脂は帳簿上ですが、平均商品回転率が0.85と
ほとんど1ヶ月のうちに全商品が入れ替わるようにしております。
そのため季節をまたぐようなことがないよう、鮮度を保つようにしております。

※台湾樹脂に関しては、+輸送時の船便のタイムラグがあるため弊社の管理外の部分もあります。

もし以上の項目を精査していただき、改善できなければまたお知らせください。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:いつもお世話さまです。
先日FRP防水をやってみたのですが、そこそこ上手くいきました。ありがとうございます。
一つ気になる点がありまして、
FRPとFRPのつなぎ目のところに線が入ってしまいました。

この線を消すにはどうしたらよいでしょうか?

もしかして段を消すために、樹脂をもっと塗ればよかったでしょうか?



A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。
ひとまず良かったです。

FRP同士のつなぎに関しては50mm以上ラップ(交差)させる必要があります。
これをなしにすると、この部分からクラックが入りますので、交差させることについては問題ありません。

今回、その交差部分について、線が入ったのは、綺麗にカットされたガラス同士を交差させたからであり、当然そのラインが見えてしまいます。

そのため手でちぎってモサモサにしてからラップさせるとこのつなぎめが割合目立ちにくくはなります。
防水用マットにかんしては両脇がほぐしてありますが、こういう意味になります。

樹脂の塗布量ですが、これはガラスマットに対し含有量は決まっていますので、これを遵守するようにしてください。

FRP樹脂の基準塗布量は
㎡あたり1.2kg/㎡(#450×1層の場合)
㎡あたり1.8kg/㎡(#380×2層の場合)
です。若干前後はありますが、概ねこんな感じです。


なぜ基準塗布量を守るべきかと申しますと、

1.規定量以上の樹脂は物性に与える影響が少なく、コストパフォーマンスが悪くなります。
※必要以上に無駄な材料を使うことになります。強度は比例してあがりません。

2.樹脂の量が多すぎると硬化熱反応が進んでその部分だけ硬化収縮がおきたり、黄変したりと予期せぬトラブルの温床となりがちです。

というわけであくまでガラスマット対樹脂というのは一対というように考えるようにしてくださいね。

そうすると一番綺麗でかつコストパフォーマンスに優れた防水層ができあがると思いますよ。

ではまた良い報告をお待ちしてますね。

FRP素材屋さん馬渕 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:今度FRPトップコートの塗り替えをやりたいと思っております。
現在、ホームセンターで購入した1液の塗料が塗ってあるのですが、
若干水漏れがするようになりました。
このまま上から塗れますでしょうか?


A:ホームセンターなどの1液の防水塗膜系材料は短期の簡易防水材です。

そのためハウスメーカーなどの防水やり替えでは絶対に採用されません。

なぜかそれは耐久性が非常に劣るからです。
DIYレベルで何度も塗り替えるにはコストパフォーマンス面で利点はありますが、
長期で見るとかえって厄介なことが多いです。

物事にはメリットとデメリットがあります。
その両方を測りにかけて判断ください。

メリットは
1.初期のコストパフォーマンスは高い。
2.伸縮性があるので、初期においては下地の動きの追従を受けづらい

反面デメリットは、

1. 塗膜が弱いため、耐候性に劣り、劣化が極めて速い
2. 伸縮性がある反面、堅い物を載せて動かしただけで塗膜がやぶれるケースが多い。

と言った点がよく言われております。

一方リフォームにおいてこういった塗膜防水材の一番のデメリットはこれらの点とは実はことなります。
一番厄介なのは、上塗りのFRP防水材の溶剤分で浸食され、膨潤したりフクレをおこす。

ということなのです。

この水系で取扱がし易い塗膜防水材というのはどんな製品なのでしょうか?

1液より、2液、水系よりシンナー系

これはざっくりとした塗膜系の強度の違いです。

1液のように軽く反応して硬化させるのか、それともA液とB液をしっかり混ぜて反応硬化させるのか。どちらが出来上がりの塗膜強度が強いかは比べるまでもないです。

また水で溶かせる塗料か、それとも強い溶剤でないと溶かせない塗料
どちらが出来上がりの強度が高いかも比べるまでもないです。


つまりホームセンターなどにある塗料は、比較的何度も何度も塗り替える。
ということを想定していますので、きちんとした認識で施工が必要になります。


溶剤分で膨潤しないように防水下地調整材を塗布し、きちんと下地にバリアをはってからFRP防水層をもう一度かける必要があります。

もし水がもれていないのであれば、同じような塗膜防水材を再度定期的に塗られるのが一番適した方法になります。

どうぞよろしくお願い致します。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:シーリング材がいろいろありますが、どれをどのように使ったら良いのでしょうか?


A:シーリング材は大きく分けて3つに別れます。

◎シリコン系
○変成シリコン系
●ウレタン系
です。

アクリルやその他ありますが、ほとんどないのでこの3本で。


◎シリコン系は、シリコンシーラント。いろんなカラーがあって一番一般的な商品になります。

しかし注意点があり、
1.塗料の剥離硬化がある。
2.可塑剤の移行により硬化不良や変質させる硬化が

といったデメリットがあり、一番最後の工程のみに使用されます。

耐候性がよく、カラーも様々、そして価格も安いです。


これを改良したのが○変成シリコンです。
上から塗料を載せたり、そのまま外壁の目地材になったりと用途は様々です。

耐候性の良さと、施工性の良さの両立をはかっています。

価格は若干割高


●ウレタン系は耐候性が低く、劣化し易いですが、下地、上塗り剤との密着性がよく、
下地に一番適している材料です。

価格は中程度


といったところでしょうか?  

参考になさってください。

 
自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:作業中にベランダの防護柵の立ち上がりがありますが、 防護柵を外しFRP防水後に防護柵を元に戻し、ビス打ち⇒ コーキング処理でよいですか? それとも防護柵立ち上がりを残した上でFRP防水をした方が良い のでしょうか?


A: メリットとデメリットを勘案した上で判断する場合が多いです。

防護柵を外す場合

メリット
・美観性は上がります。
・防護柵を外した方が後々のメンテナンス性は良いです。

デメリット

・数年で切れるコーキング処理に頼ることとなる。


防護柵を外さずFRPを立ち上げる方法


メリット

・すべてFRP化するので、長期防水性能はあがります。
・通常、FRPの収縮は反りというのにつながります。これはハガレになりかねませんが、
パイプ等に対しての収縮は、中に向かって縮まるため、あまり漏水問題に成ることが少ないです。
※ 念のためFRPと金属の防護柵の目地はコーキングしてください。


デメリット

・美観性におとります。
・防護柵付近で水が漏れる場合、 再度やり直しになる可能性があります。
 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

◎質問

このたびリフォ-ムで在来工法の浴室を1階作ろうと思います。
平面はW1820 D2120 天井高さは2400mm程度です。

床は土間コンクリ-ト、FRP防水、防水モルタル、磁器質タイルの順に重ねます。
壁は合板、FRP防水、トンボでラス網固定、モルタル、磁器質タイルで行います。

工程としては
①プライマ―
②防食用ポリエステル樹脂
③防食用ポリエステル樹脂塗+ガラスマット
④再度防食用ポリエステル樹脂塗+ガラスマット
という工程で施工しようと思います。

素人なのでFRP防水に必要な材料の種類と材料の量がわからないのでこちらのHP
にあるどの商品を使えばよいか教えてください。

それとできましたら前に書きました工程で何かアドバイスはあればいただけない
でしょうか。
                                        

◎解答

この度はお問い合わせ頂きありがとうございます。
 
お問い合わせ内容につきまして
メーカーにFRP浴槽・浴室の施工について確認しましたところ 
浴槽・浴室では高温で分子の動きが活発になり、
後塗りの層が剥がれやすくなることも考えられます。

当社(メーカー)としては材料の提供はできますが
指導等は責任が持てないため自己責任でお願い致します。
※施工作業のアドバイス等も出来かねます。

FRP層の上にモルタルを重ねる場合、
モルタルのアルカリでポリエステル樹脂が劣化してしまいますので
薬品などに強いビニルエステル樹脂をご使用下さい。
 
また、ビニルエステル樹脂塗布後、硬化前に骨材(滑り止めに使用する砂)を
樹脂一面にふりかけることにより、モルタルとの密着が良くなります。

材料のみ提供でご了承頂ける場合はお見積もりさせて頂きますので
作業平米数をご連絡下さい。

ご検討の程、宜しくお願い致します。

◎質問

浴室洗い場に24ミリ合板を施工してあります。
FRP防水後モルタルとみかげ石で仕上げを検討してます。
合板の上に直接FRP防水でよろしいでしょうか?
FRP防水の前に面木やコ―キング等はいっさい不要でしょうか?
                                        

◎解答

お問い合わせ内容につきまして
合板で作った水槽にFRP防水をした実験がありますので
以下ページをご参照頂ければと思います。
http://frpsozai.com/free_9_32.html

施工順としては上記ページと同じですが
今回はその上にモルタルを重ねる場合、
モルタルのアルカリでポリエステル樹脂が劣化してしまいますので
薬品などに強いビニルエステル樹脂をご使用下さい。

また、ビニルエステル樹脂塗布後、硬化前に骨材(滑り止めに使用する砂)を
樹脂一面にふりかけることにより、モルタルとの密着が良くなります。

面木はガラスマットを沿いやすくする為(角の隙間をなくす為)ですので
使用は絶対ではありません。
ただし、うまく沿わずに気泡が入ったままの状態で硬化してしまうと
剥離等の原因になる可能性がありますのでご注意下さい。

FRP素材屋さん スタッフ

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:お世話になります。
既存の黒いFRP水槽を真っ白に塗りなおしたいと考えております。
工程は下記の通りで正しいか教えて下さい。

既存黒FRP水槽研磨

シーラー塗付(いりますか?、いる場合どのシーラーがいいんでしょ?)

白ゲルコート塗布

白トップコート塗布終了


で、どうでしょうか?
根本からダメだったらすいません。

ご教授よろしくお願いいたします。



A:いつもお世話になりありがとうございます。
 
既存FRPの水槽について
 
 
既存黒FRP水槽研磨
(研磨が今回の塗膜密着に大切ですので、番手のあらいペーパーで(※#100以下)削ってください。)
 

シーラー塗
既存塗膜がFRPトップコートであり、かつ研磨がしてあれば
シーラーは必要ありません。
研磨工程を省きたい場合は、FRP改修用プライマーを利用してください。
 
http://www.frpsozai.com/16.html

白ゲルコート塗布
 
塗布するのはトップコートです。
2回塗り以上であれば1層目はゲルコートでも構いません。
0.4kg/㎡


白トップコート塗布終了
 
よろしくお願い致します。
 
 
FRP素材屋さん 馬渕
http://frpsozai.com/


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

 

このページのトップヘ