FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

カテゴリ: 発泡ウレタン

Q:先日御社のHPよりカタログのほうを購入させていただいております。
大変種類も豊富にあり、助かっております。

件名にもありますように、発泡ウレタンに関する
質問に答えていただけるとありがたいです。

当方、発泡ウレタン素材を用いて釣具用品(ルアー)を作製検討
しています。
簡易的な金型にウレタンを注入し形状を作製することを目的としています。

ウレタン素材に関しての質問に2,3点お答えいただければありがたいです。

ウレタン30倍の表面の泡の出方(表面処理が下地処理をそれほどすることなく
塗装可能かどうか)に関してお力をいただければありがたいです。

ウレタン素材 の膨張率がカタログでは30倍とのことでしたが、膨張率を半分程
度の倍率にすることは可能でしょうか?
ルアーを作製するさい、表面の塗装の工程でできるだけ発泡の泡をすくなくし、
塗装表面を滑らかにしたい為です。

ウレタンの温度環境に関してですが、30倍程度の倍率の温度環境を教えてくださ
い。
例えば、冷蔵庫などの環境内で発砲をさせた場合、倍率を低くさせることは
できるのでしょうか?

主材と硬化剤の比率に関して、主材を多めにすることで、発泡の倍率は変わった
りするのでしょうか?

矢継ぎ早に質問すいません。

ご検討いただけると幸いです。

宜しくお願いいたします。



A:
いつもお世話になりありがとうございます。

1.低温発泡について

冷蔵庫で低温発泡すると倍率は抑えられます。
ただし、硬化不良に伴う発泡のムラなどがでますので、避けた方が無難です。

2.表面の仕上げについて

型があるのであればゲルコートをふいておいて、型にあとから発泡ウレタンを流し込むことで表面の巣穴
の問題が解決できる可能性があります。

3.発泡倍率を意図的に抑える方法について

型があるとして、多めにウレタンを流し込み発砲時に上から強制的にフタをすることで発泡倍率を抑えることが可能です。
ただし型へのダメージがありますので、その分を考慮することが必要になります。


発泡ウレタンは鮮度が必要なため弊社では小分け品をおいておりませんが、
40kgセットであれば11倍、18倍のラインナップがあります。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


https://s505.asuka.jp/frpsozai.com/127.html

Q:発泡ウレタンで、T液とR液とありますが、どのように違いますか?


A208_Z1

A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

発泡ウレタンはポリウレタン主原料と硬化剤に分かれております。

R液が主原料
ポリオールになります。

T液が硬化剤
イソシアネートになります。

○特徴○

R液
ポリオール主材
液カラー:黄色っぽい色
液比重:約1.1
粘度:500mpa

P液(T液)
イソシアネート硬化剤

液カラー:黒色っぽい色
液比重:約1.2
粘度:300mpa

○物性○

クリームタイム(作業可能時間)
約20秒

ゲルタイム
約3分

硬化時間
約5分


発泡密度
30kg/立米
(30倍発泡)

体積が30倍程度になりますので、
1kgの場合は30リットル程度と計算してください。
厳密に言えば比重が重いので、30リットル弱となります。

温度その他諸条件で倍率は変わってきます。

になります。



1対1でよくカクハンしてください。

発泡ウレタン


お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願い致します。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:発泡ウレタンでカーパーツを複製して作りたいです。
車のドアに発泡ウレタンで型を取り、後からFRPで成形品を作りたいです。
その際、発泡ウレタンについて以下の質問があります。

1.R液・T液の比率を教えて下さい。
2.乾燥時間や硬化時間を教えて下さい。
3.型を抜きたい場合注意する点はありますか?
4.出来上がりの体積は?

A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さんです。
1.R液・T液は1:1です。
2.2つの液を混ぜると約10秒でクリーム状になってきます。
10ー20で発泡してきて約4分で発泡を完了します。

品番

 

 

 

クリームタイム

 

T液

R液 

混合比

フリー密度

発泡倍率

発泡開始時間

発泡終了時間

FRP素材屋さんT

FRP素材屋さんR

100:95
約1対1 

35kg/m3

約30倍

20秒

230秒

※密度、発泡倍率はフリー発泡時です。(拘束がない状態の自由発泡)


そのため完全硬化までが4分、カクハン可能時間が20秒ということになります。

3.型を抜きたい場合の注意点

発泡ウレタンはジャイアントカプリコのように表面に無数の巣穴があります。
ここに樹脂を塗ってしまうと、物理的に食いついてしまいますので、
この穴を埋めなければなりません。

通常何度も使う型であればポリパテで穴埋めをします。
一回限りで小さいものでしたらワックス系離型剤を使う場合もあります。
(但しコストが割高になりがちです。)

4.出来上がりの体積
出来上がりの体積は、液体の約30倍となります。
例えば一斗缶サイズであればあれの30倍となります。
※缶の体積よりは多少少ないので実際の出来上がりはもう少し小さくはなります。

発泡倍率はあくまで通常の使用時になります。
当然上の方と下の方では倍率は変わりますし、温度、湿度によって影響を受けますので、
余裕を持っていただけるようによろしくお願い致します。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん 馬渕 


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:当方、オートバイのカウルを製作していて、製作上、一液性の発泡ウレタンを使用する予定なのですが、ポリエステル樹脂に溶けるという話を聞きました。
そこで、発泡スチロール用の樹脂を上からコーティングしようかと思っているのですが、効果は期待できますでしょうか。
お忙しいなか大変恐縮ですが、回答の方よろしくお願いします。



A:まず、発泡ウレタンであればFRP樹脂では溶けません。
発泡スチロールであれば溶けます。
ただ、種類が多いため一般論として解釈してください。

FRP素材屋さんの発泡ウレタンであれば溶けない
発泡スチロール、カネライトフォーム、スタイロエースであれば溶けます。

仮に溶けるタイプの芯材であれば上からFRP樹脂を積層しても溶けません。

下地を守るバリアの役目でスチロール樹脂を使われることはよくあります。


どうぞよろしくお願い致します。FRP素材屋さん 


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  



Q:発泡ウレタンについて。
発泡ウレタンで造型を考えてますが、ウレタンが発泡して硬化している最中は発熱はしますか?
発熱すると仮定した場合、石膏やFRPと同じくらいに高温になるのでしょうか?


A:
FRP素材屋さんです。

ウレタンの硬化ですが、発熱をします。

石膏とFRPとの比較は外部環境で大きく左右されるので一概には言えませんが、
発熱することは事実ですので取扱に十分注意してください。

どうぞよろしくお願い致します。

Q:発泡ウレタンですが、最終的な大きさはどのくらいになりますでしょうか?
また硬化後の硬さはどのくらいになりますでしょうか?
重量物を置く必要があります。
http://www.frpsozai.com/58.html


A:発泡ウレタンは30倍発泡ですので
大きさに合わせて計算して頂ければと思います。

大きさは正確ではなく、温度や湿度によっても変化します。
温度は高い方が発泡しやすくなり大きくなります。
概算として捉えてください。

硬化後の固さは乗せる物により異なると思います。
発砲後のサイズや乗せる物のサイズ・重さなど
詳細をお願い致します。
※但し、明確なご返答は出来かねると思います。

ご検討の程、宜しくお願い致します。

FRP素材屋さん スタッフ 


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  


Q発泡ウレタンをガラスの容器に入れて発泡させたいと思っておりますが、離
型剤はどのようなものが適しているでしょうか。

A固形(ワックスタイプ)の離型剤をお勧め致します。

Q可燃性の面で確認させていただきたいのですが、会社の倉庫で保管するので
一般的な倉庫で保管することは問題はないでしょうか。

Aお近くの消防署等にご確認お願い致します。

ご検討の程、宜しくお願い致します。

FRP素材屋さん スタッフ

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  


Q:発泡ウレタンには防水性はありますでしょうか?


A:
防水性について


発泡ウレタンについては、独立気泡型のため基本的に水が貫通することは考えにくいですが、
物性として脆いため長期防水性は期待できません。

どうぞよろしくお願い致します。

 

このページのトップヘ