FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。 日々のお客様からの問い合わせに対する回答を集めてあります。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。

カテゴリ: ガラスマット

Q:できあがりのFRP板製品に曲げ強度を持たせたい場合はどうしたらよいですか?



A:いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

FRPは基本的に樹脂とガラス繊維との複合物です。

この配合比率が適切でないと予定した強度は出ない計算になります。

具体的には
樹脂70%ガラス30%の場合と
樹脂60%ガラス40%の場合、
どのように強度が変わるのでしょうか?

【ガラスクロス#100】100m(1m×100m)

【ガラスクロス#100】100m(1m×100m)
販売価格  37,852円
税別価格  35,048円
取寄品【ガラスクロス#200】100m(1m×100m)

取寄品【ガラスクロス#200】100m(1m×100m)
販売価格  46,266円
税別価格  42,839円
【ロービングクロス#580 50m 国産】送料無料!!

【ロービングクロス#580 50m 国産】送料無料!!
販売価格  23,637円
税別価格  21,886円
樹脂70%の際には、曲げ強度1とすると
樹脂60%の際には、曲げ強度1.2となります。
※概略化しております。

引張強度についても同じような傾向を示します。

つまり、樹脂とガラスマットの含有比率のみで
約20%も曲げ強度が変わってくるという計算になります。

一般的にハンドレイアップ(手作業で行うFRP製作)をすると樹脂リッチつまり、樹脂が大目にふるので
予定した強度まで持っていくことができません。
※ただし単位あたりの強度です。樹脂リッチな分厚みが太くなるので、その影響は除外しております。

というわけでなるべく所定厚(例:8ミリ厚にしたい場合)にする場合は、
ガラスマットの含有量を増やすようにすることだけで強度を高めて上げる事ができるのです。
【FRP用ガラスマット #380 10kg 耳あり・ほぐしあり】 一般用 1m×25.5m
 
【FRP用ガラスマット #380 10kg 耳あり・ほぐしあり】 一般用 1m×25.5m
販売価格  5,378円
税別価格  4,980円
また同じく引張強度のみで言えばガラスマットからロービングクロスに変えてガラスと複合化することで
約30%引張強度がアップします。(同一厚みの場合)

まとめ

1.樹脂・ガラスマット比率を最適化する。(ガラスマット比率を上げる)
2.ガラスマットをロービングクロス+ガラスマットに変え複合化する。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:いつもありがとうございます。

ロービングひもという商品を見つけたのですが、具体的にどのような場所に使用されるのでしょうか?



A:FRP素材屋さん馬渕です。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。


お問い合わせのロービング(ひも)ですが、特徴としてロープと同じく両側から引っ張った時の強度
(引張強度)がでます。
この方向性については非常に強い強度を持ちますので、引張方向に強度を持たせたい場合は、使用すると効果的です。

また通常の面形状のものではやりにくい場所についての施工が得意です。

防水工事などでは、手すりなど役物の根本などにグルグルと巻いてガラス繊維の代わりとしたり、
池から立ち上がっているパイプの根本を固定するために巻いたりと結構使いみちはあります。

どうぞよろしくお願い致します。
 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:FRP素材屋さんこんにちは。

FRPガラスクロスなのですが、いつものようにカッターで切ろうとしたらよじれてしまいました。



このガラスクロスを上手く切る方法というのはありますでしょうか?



A: いつもありがとうございます。

ガラスクロスについては普通にきるとなかなか上手く行きません。

一度伸びたガラスクロスはなかなか元には戻りません。

◎カットする方法◎

養生テープ、紙のマスキングテープを一旦貼っておきます。

その上からカッターで切断するようにしてください。

カッターは角度をなるべく寝かせて切るようにすると上手く切れると思います。

相手がガラス繊維のため、カッター刃が思った以上に摩耗しています。

そのためカッター刃を寝かせつつ刃物交換頻度を上げるようにしてください。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:FRP素材屋さんこんにちは。
FRPを施工しようと思っているのですが、ガラスマット、クロスマット、ロービング、などいろいろあって種類がわかりません。
ガラスマットの種類を教えていただけないでしょうか?


A:FRP素材屋さんです。
いつもお世話になりありがとうございます。 

ガラスマットここでいう広義のガラスマットはガラス繊維などを組み合わせた補強材ということにします。

その中には、
主に
サフェースマット
ガラスマット
ガラスクロス
ロービングクロス 

の4種があると覚えてください。

一番代表的な物は
ガラスマットです。

◎ガラスマット◎
これは繊維をバラバラとふりかけて糊で固めたものです。

1.刻み海苔のようにバラバラと上からふりかけて糊でかためてあるだけなので方向性が無く、曲面に馴染みやすいという特性があります。

2.デメリットとしてガラスの繊維が飛散しやすいという特性があります。

番手は代表的なところで380、450があります。

番手は㎡あたりの重量で、大きい方が厚みも厚くなります。

380が防水用、450が一般成型用になりますが、
どちらを使っても問題はありません。

厚みは
380で0.6-0.8mm
450で0.8-1.0mm
前後になります。


◎サフェースマット◎
サーフェースマット、サーフェスマットなどとも呼ばれますが、
サフェースというのは英語で表情とか、表面とかいう意味です。

極めて細かい繊維を固めたもので
表面において美観性を高める目的で使います。

番手は30で非常に薄い製品となります。

◎ガラスクロス◎
ガラスクロスは

※折り目のあるガラスクロス#100です。

規則正しくガラス繊維を織り込んであるガラス繊維補強材で、

成型品の曲げ弾性率が高くなります。
ガラスマットよりも規則性があるので、表層に持ってきて美観性を高める目的で使用されることもあります。

番手は100と200があります。

◎ロービングクロス◎
ロービングクロスは非常に厚手のマットで、
ガラスクロスのように繊維状に織り込んだ製品です。

厚手のマットで大型の成形品など強度を持たせたい場合に使用します。

番手は570-600番くらいで非常に重量があります。



◎価格については下記リンクを参照にしてください。◎

FRP素材屋さん ガラス繊維カテゴリはこちら
http://www.frpsozai.com/18.html 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:ガラス繊維材がそれぞれありますがどのくらいの積層厚になりますか?
あと、ガラスマットの繊維の長さを教えて下さい。
よろしくお願い致します。

A:いつもお世話になりありがとうございます。
FRP素材屋さん馬渕です。

厳密に言えば、樹脂の含浸量でかわりますが、
およそ樹脂×100 ガラス30%で計算しますと

ロービングクロス580番 1.3mm
ガラスクロス  200番 0.6mm
ガラスマット  380番 0.85mm
ガラスマット  450番 1.0mm 
にそれぞれなります。

あくまで目安として捉えるようにしてください。
塗布量によって大きく異なります。


どうぞよろしくお願い致します。
 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:いつもありがとうございます。
FRP素材屋さんに教えてもらったやり方で上手く行ったので次また購入いたします。

成形用ガラスマットと防水用ガラスマットがありますが、どのようなちがいがありますか?
防水用の方が防水性が高い等あれば教えて下さい。

A:いつもお世話になりありがとうございます。
結構難しいかなと感じておりましたが、全く問題なくできたようでとてもうれしく思います。

FRPのガラスマットはおっしゃる通り、成形用と防水用がありますね。

この2つの違いは、主にサイドの処理オンリーになります。
つまり一番端っこがカットされているものが成形用
端っこがほぐしてあるものが防水用になります。

防水用については最後トップコートを塗った際に、重ねた部分が目立たなくする必要があります。

しかしここが成形用のカット品ですとつなぎ部が目立ってしまいます。

そのため重ねた部分を目立たせなくするためほぐしたものを利用します。

防水屋さんがガラスマットを手でちぎるのはこのためです。

もう一つの違いは、サイドにラインが入っているか、入っていないかの違いになります。
サイドにラインが入っているマットの場合、重ねるときにその線がガイドになるため施工がし易いというメリットがあります。

成形用はそれがありません。

一般的にほぐし品の方が割高になります。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

A;ガラスマットのほぐし、耳ありとはどういう意味ですか?


Q:お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

FRP素材屋さん馬渕です。

◎耳について

みみつきというのは、ほぐしてあるものになります。

このほぐしの意味は、手でちぎったようになっているもので、
重ね合わせた際につなぎ目がみえにくくなる効果があります。

両サイドがほぐしてあるのがわかると思います。

拡大してもらうとわかりますが、両端に線が書いてあります。

その線が重ねるガイドになりますので、大型の床に貼っていく際などは使いやすいです。 


お問い合わせ頂き、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願い致します。






自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。


 

Q:もう何年も前からあるガラスマットが家にあるのですが、問題はありませんか?



A:FRP素材屋さん馬渕です。

非常に返答に困る?タイプのご質問ですが、
一般論として解答いたします。

まず長期保存が良いか悪いかですが、

良くはないという解答になります。

ただし使える可能性もありますので、もし使えるのであればご使用頂いたほうが◎◎様にとってメリットがあるのではないかと思います。


長期保存のデメリットについてですが、

1.ガラス繊維自体の目立った物性低下は想定しにくいですが、
一方でガラス繊維を束ねている糊分の劣化、糊、処理剤の揮発などが想定されます。

そのためこのツナギが減少することでマット自体が飛散しやすくなる。
と言ったケースや、樹脂が浸透しにくくなることから作業性が劣ります。

2.水分の混入
どちらかというと1が作業性の問題でしたが、2は異物の問題です。
樹脂と水分は非常に相性が悪いので、この水分の混入があると白化現象を起こしたり、硬化不良につながったりと物性の低下をもたらします。

従いまして使えなくはないが、好ましくはない。

という解答になろうかと思います。

処分するのも大変かと思いますので、自己責任において使用できる場所に使用していただくのがベターな方法かと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:いつもお世話さまです。
先日FRP防水をやってみたのですが、そこそこ上手くいきました。ありがとうございます。
一つ気になる点がありまして、
FRPとFRPのつなぎ目のところに線が入ってしまいました。

この線を消すにはどうしたらよいでしょうか?

もしかして段を消すために、樹脂をもっと塗ればよかったでしょうか?



A:FRP素材屋さん馬渕です。

いつもお世話になりありがとうございます。
ひとまず良かったです。

FRP同士のつなぎに関しては50mm以上ラップ(交差)させる必要があります。
これをなしにすると、この部分からクラックが入りますので、交差させることについては問題ありません。

今回、その交差部分について、線が入ったのは、綺麗にカットされたガラス同士を交差させたからであり、当然そのラインが見えてしまいます。

そのため手でちぎってモサモサにしてからラップさせるとこのつなぎめが割合目立ちにくくはなります。
防水用マットにかんしては両脇がほぐしてありますが、こういう意味になります。

樹脂の塗布量ですが、これはガラスマットに対し含有量は決まっていますので、これを遵守するようにしてください。

FRP樹脂の基準塗布量は
㎡あたり1.2kg/㎡(#450×1層の場合)
㎡あたり1.8kg/㎡(#380×2層の場合)
です。若干前後はありますが、概ねこんな感じです。


なぜ基準塗布量を守るべきかと申しますと、

1.規定量以上の樹脂は物性に与える影響が少なく、コストパフォーマンスが悪くなります。
※必要以上に無駄な材料を使うことになります。強度は比例してあがりません。

2.樹脂の量が多すぎると硬化熱反応が進んでその部分だけ硬化収縮がおきたり、黄変したりと予期せぬトラブルの温床となりがちです。

というわけであくまでガラスマット対樹脂というのは一対というように考えるようにしてくださいね。

そうすると一番綺麗でかつコストパフォーマンスに優れた防水層ができあがると思いますよ。

ではまた良い報告をお待ちしてますね。

FRP素材屋さん馬渕 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:ガラスマットの薄手の番手が欲しいです。
よくある#380、#450の他に補強材にはどんな番手がありますか?


A:FRP素材屋さんです。

いつもお世話になりありがとうございます。

ガラスマットの番手ですが、
主に
300番
380番
450番
600番

という番手があります。
580以上ですとロービングクロス
300以下ですとガラスクロス
30番がサーフェースマットなどがあります。

番手は㎡あたりの重量(g)を表しています。
そのため数字が大きい方が分厚いということになります。

#30番サーフェースマット
#100番ガラスクロス
#150番ガラスクロス
#200番ガラスクロス
#300番ガラスマット
#380番ガラスマット
#450番ガラスマット
#600番ガラスマット
#600番ロービングクロス

といった感じでいろいろ商品がありますね。

他にも番手はいろいろあるのですが、最近メーカーの方も品番を絞ってますので、この限りではありません。

もしお探しの製品があれば是非お問い合わせください。
お客様の声で定番化した商品がたくさんあります。

FRP素材屋さん馬渕
 自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

Q:ガラスマットの番手の違いとはなんでしょうか?
#380、#450

A:いつもお世話になりありがとうございます。

ガラスマット、サーフェースマット、ガラスクロスにも番手がありますよね。

これは平方メートルあたりの塗布量になります。

つまり数字が大きければ大きいほど厚みが厚いということになります。

#450で約0.8-1.0mm弱のFRP層に
#380で約0.6ー0.8mmのFRP層にそれぞれなります。 



ガラス繊維・補強材
ガラス繊維・補強材(32) 
FRPガラスマット・FRPガラスクロス・ロービングクロス・ロービングひも・ガラスパウダーです。FRPの補強材として使用下さい。

ガラスマットの番手ですが、
主に
300番
380番
450番
600番

という番手があります。
580以上ですとロービングクロス
300以下ですとガラスクロス
30番がサーフェースマットなどがあります。

番手は㎡あたりの重量(g)を表しています。
そのため数字が大きい方が分厚いということになります。

#30番サーフェースマット
#100番ガラスクロス
#150番ガラスクロス
#200番ガラスクロス
#300番ガラスマット
#380番ガラスマット
#450番ガラスマット
#600番ガラスマット
#600番ロービングクロス

といった感じでいろいろ商品がありますね。

他にも番手はいろいろあるのですが、最近メーカーの方も品番を絞ってますので、この限りではありません。

もしお探しの製品があれば是非お問い合わせください。
お客様の声で定番化した商品がたくさんあります。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

 

Q:FRP素材屋さんいつもお世話になりありがとうございます。
FRP材料の比重を教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

A:いつもお世話になりありがとうございます。

あくまで一般論として回答いたします。
個別の商品については違う回答となりますのでご留意ください。

比重:同体積での重量比になります。水が1.0で、これを境に水に浮くか沈むかします。

1.樹脂 約1.1
2.FRP成形物 約1.5
3.アセトン 約0.88
4.トップコート・ゲルコート 約1.25
5.ポリパテ(ホワイトパテ)約1.3

となります。

あくまで目安として捉えてください。

よろしくお願い致します。 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 

 

Q:ガラスマット・ガラスクロス・サーフェースマットの違いを教えて下さい。


A:以下の表を参考にしてください。
よく#100(ひゃくばん)など番手で呼ばれることがありますが、これはすべて平方メートルあたりの
グラム数となります。

したがいましてこの数値が大きいほど重く、厚くなるというように理解してください。

製品名 厚み   説明 用途
サフェース 30 g/㎡ サフェースマット サフェースは英語で表面という意味です。ガラス繊維が見えにくく平らな面がでっます。 表面
ガラスクロス 100 g/㎡ ガラスクロス 規則正しく並んだ格子状の美しいクロス。補強に使用されます。 引張強度が必要な場所
ガラスマット 380 g/㎡ ガラスマット防水用 やや薄手のガラスマット 厚みで約0.8mm~0.6mm 全般・防水・薄手の場所
ガラスマット 450 g/㎡ ガラスマット防水、一般用 通常のガラスマット 厚みで約1mm~0.8mm 全般・厚みが必要な場所
ロービングクロス 580 g/㎡ ロービングクロス 極厚のガラスクロス。船などの重補強に使用されます。 強度が必要な場所
カーボン   g/㎡ カーボンクロス、他の素材よりも強度がでるが割高。 軽量でかつ強度が必要な場所
 


自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

Q:いつもお世話になりありがとうございます。
ガラスマットの国産品と海外品がありますが違いは何でしょうか?


A:お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

いつもお世話になりありがとうございます。

FRP素材屋さん馬渕です。

昔は海外品について以下の点が指摘されておりました。

1.繊維のバラ付き
2.飛散しやすい

現在当店で取り扱っている製品については

2.飛散しにくい
ガラスマットを使用しております。

バインダーと呼ばれる糊分が多く、非常に飛びにくいです。
繊維のばらつきについても昔よりかなり品質が上がっております。

そのため当店ではほとんど海外産が売 れております。

懸念点といたしまして

1.飛散しにくい反面堅いので曲面整形品などは馴染みにくい。
といった点がありますが、事前にホグシを入れていただくだけで改善できます。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん 馬渕

http://frpsozai.com/ 


関連記事:樹脂の国産と海外産の違いとは?



自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

 

このページのトップヘ