FRP自作応援サイト・FRP素材屋さんの日記

FRP素材を販売するFRP素材屋さんの日記です。【700件以上の主任施工経験がある岐阜県優秀施工技能士・1級FRP防水施工技能士】が 日々のお客様からの問い合わせに解答した記事約700件を集めています。 FRPを施工するお客様のお役に立てればと思います。 個人的な質問事項についてはこちらにご連絡ください。 mabuyonjyun@yahoo.co.jp 雑誌掲載依頼・メディアの方はこちらにご連絡ください。 mabo@frpsozai.com

カテゴリ: 使用量計算

Q:いつもお世話になりありがとうございます。

ウレタンシーリング材の使用量は1本で何メートル位でしょうか?


【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 1本】ホワイト タイルメントS-300同等品
 
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 1本】ホワイト タイルメントS-300同等品
販売価格  616円
税別価格  570円
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 10本】ホワイト タイルメントS-300同等品
 
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 10本】ホワイト タイルメントS-300同等品
販売価格  5,692円
税別価格  5,270円
【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 20本】ホワイト タイルメントS-300同等品

【ポリウレタンシーリング剤 ノンブリードMAX320ml 20本】ホワイト タイルメントS-300同等品
販売価格  11,221円
税別価格  10,390円



A:いつもお世話になりありがとうございます。

面木の接着という観点からご回答いたします。


【体積ml=幅mm×深さmm×長さm(メートル) 】

330mlありますが、
ロス分を入れて300mlとなります。

約300ml≒5mm×5mm×12m

です。

なれると

約300ml≒4mm×4mm×19m

程度になろうかと思います。

そのため解答としては約10ー20m程度という解答になります。


使用量についてはノズルのカット幅できまります。

どうぞよろしくお願い致します。


FRP素材屋さんのカタログが出来上がりました。

1,500品の商品の解説があります。
その他にも
◎FRPのよくあるトラブルと対処法
◎どんな樹脂を選ぶ?
◎硬化剤の目安は?
◎機能性樹脂の作り方は?
◎ガラスマット、ガラスクロス、ロービングクロスの特性とは?
◎アセトンとスチレンモノマーの違いとは?
◎下地によるプライマーの選定方法とは?
◎ポリトナーによる調色のコツとは?

などいろんなコラムが充実しています❢❢❢


下のバナーをクリックで商品ページに飛ぶことができます。


catarog

Q:まぶちさんこんにちは。
樹脂ですが1kgで何リットルになりますでしょうか?

また保存についてですが、どのくらい持つものでしょうか?

よろしくお願い致します。

A:樹脂の比重は製品によって多少かわります。

一般論でいえば比重約1.1になります。

1kgは約900ml程度になろうかと思います。

メーカー保証は3ヶ月です。

保存状態が良ければ1年を超えても使用できます。

お問い合わせ頂き、ありがとうございました。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。 
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

FRP素材屋さんいつもお世話になりありがとうございます。

素材の必要量を教えてほしいです。

よろしくお願い致します。



A:FRP素材屋さんです。いつもお世話になりありがとうございます。

該当面積においての必要量の質問は非常に多いです。

そのため計算シートをつくりましたので、ぜひご活用ください。


うまく動かない場合はこちら
http://www.tomatokogyo.com/act_frp_calc.html


トマト工業(株) - FRP素材計算表

水槽面積計算表

水槽の高さ・幅・奥行を入力して「計算」ボタンを押してください。単位は「mm」です。
高さ mm           幅 mm





奥行 mm

内面積 m2 + 外面積 m2 = 内外面積合計 m2


水槽の高さ・幅・奥行を入力して「計算」ボタンを押してください。単位は「cm」です。
高さ cm           幅 cm





奥行 cm

内面積 m2 + 外面積 m2 = 内外面積合計 m2


FRP素材計算表:樹脂あたり硬化剤計算

品名 重さ 硬化剤 硬化剤量
FRP樹脂 Kg g
ゲルコート Kg g
トップコート Kg g
スチロール用樹脂 Kg g
ポリパテ Kg g
合計 Kg g
 <硬化剤添加量の目安> 通常:1%、冬期:3-5%、夏期:0.5-1%

FRP素材計算表:FRP作業の使用量

一般成形1層仕様(#450ガラスマット1枚敷(1層)) m2
防水FRP作業の使用量・下地コンパネ、コンクリート(#450ガラスマット1枚敷(1層)) m2
防水FRP作業の使用量・下地コンパネ、コンクリート(#380ガラスマット2枚敷(2層)) m2
品名 使用量 めやす
FRP樹脂 Kg 缶   20Kg/缶
アセトン L 缶   16Kg/缶
プライマー Kg 缶   14Kg/缶
ガラスマット m 本   66.6m/本(#450の場合)
本   77.7m/本(#380の場合)
硬化剤(1%) g 缶   5Kg/缶
ローラー
トップコート Kg 缶   20Kg/缶
Kg


よろしくお願い致します。

Q:いつもありがとうございます。
樹脂が余るので、余分に塗ろうと思います。

標準の塗布量があると思いますが、ここから外れた場合、特にたくさん樹脂を塗るとどんな不具合がありますか? 

FRP樹脂
FRP樹脂(51) 
FRPの主材料とも言えるポリエステル樹脂カテゴリです。
機能性樹脂
機能性樹脂(28) 
機能を付与した様々な樹脂のカテゴリです。

A:FRP素材屋さん馬渕です。

樹脂が多いと”樹脂リッチ”と言ったりしますが、この場合の不具合点を説明いたします。

まずガラスマットと樹脂の違いですが、

ガラスマットは硬化前と硬化後でも体積は変わりません。

しかしながら樹脂は硬化後6-8%程度収縮することがあります。

従いまして、FRPに占める樹脂比率が多くなるとFRP全体の収縮も大きいということになり、反りにつながります。

ポイント1
反りにつながる。

さらに、体積収縮量が多くなりますので、製品に部分的な収縮がでます。
つまり、ヒケにつながります。
(凹状態)

ポイント2
ヒケにつながる。 

また樹脂が多くのっていると内部樹脂の硬化熱の逃げ場がなくなり、
急速に温度が上がります。

そうすると変色するケースもあり、結果的にFRPの物性が出ない可能性もあります。

ポイント3
強度など、物性が低下することがある。

というわけで基本的に殆どが悪い方向性に行きます。

逆に良い方向性としては 
耐アルカリ、耐紫外線などの状況下では、樹脂層が暑いほうが耐久性は高まる。

ポイント1
表層の耐久性が高くなる。

またガラスマットの凹凸が目立ちにくくなります。

ポイント2
ガラスマットの凹凸などが目立ちにくくなる。


といった可能性が考えられます。

いずれにしても全体としてはあまり良い方向性には行かないので基準を守ることを基本としてください。

どうぞよろしくお願い致します。

FRP素材屋さん馬渕

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 

Q:まぶちさんいつもお世話になりありがとうございます。

FRPで板を作りたいのですが、
重さが知りたいです。

厚みは1㎝で大きさは1m×2mとなります。
また厚みがことなる場合どうなるのかも知りたいです。
よろしくお願い致します。


A: 厚みはまずメートルに揃えます。

1㎝は0.01mです。

1立米は1,000kgです。

0.01m×1m×2m =0.01立米となります。

1立米が1,000kgですので10kg
となりますが、これは水など比重1.0の場合。

FRPは比重1.5ですので10*1.5ですので15kgとなります。

各素材の比重は

1.樹脂 約1.1
2.FRP成形物 約1.5
3.アセトン 約0.88
4.トップコート・ゲルコート 約1.25
5.ポリパテ(ホワイトパテ)約1.3
 
となります。

どうぞよろしくお願い致します。 

自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  

FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。 

Q:ビニルエステル樹脂に使用するグラスマットはポリエステル用と同じでいい
のでしょうか?
もしポリエステル樹脂用のグラスマットをビニルエステル樹脂で
使用できるなら、樹脂とグラスマットの比率はどの程度必要でしょうか?

確かグラスマット1に対して樹脂が1.8~2だったような気がするのですが。。。ヨ
ットの修理にしっかりとした比率を知っておきたいと思います。


A:ライニングであれば下地の素材によって大きく異なりますので、一概には言えない部分があります。

http://www.frpsozai.com/free_9_47.html
の樹脂とガラスマットの項目が該当の回答となります。

㎡が単純にガラスマットの大きさになります。
ガラスマットを重ねる場合は、2枚ですと×2になります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「FRPをやってみたいけど、どのくらい注文したらいいのか分からない」という方は、
下記目安表を参考にして下さい。
---樹脂塗布量目安表---
カテゴリ
製品
1㎡あたりの塗布量
プライマー
ウレタン樹脂シーラー
0.2kg
FRPライニング
ポリエステル樹脂
1kg
ゲルコート・トップコート
ゲルコート・トップコート
0.4kg
スチロール コーティング
スチロール用樹脂
0.4kg
塗布量は下地の素材、目の荒さ等の条件により大きく異なります。 
上記表はおおよその基準です。実際には少し多めを用意することが大切です。 (歩詰まりや硬化不良などがあるので)
特にFRPライニングでは、ガラスマットの番手や枚数で大きく変わってきます。
硬化剤の添加量ってどのくらい?
---硬化剤添加目安表---
樹脂量
1%添加
3%添加
5%添加
1kg
10g
30g
50g
5kg
50g
150g
250g
10kg
100g
300g
500g
※樹脂量に対し重量比です。
※季節や気温、湿度により大きく異なります。
※添加量が多すぎると硬化不良の原因になります。
硬化時間ってどのくらい?
硬化時間は、温度、硬化剤添加量、樹脂のタイプなどによって大きく変わってきます。
うまく条件が合えば、2030分で硬化することもあります。
少しずつ様子を見ながら適正値を見極めましょう。グッドタイミングになった時は、とても嬉しいものです。
少量で試してからの作業をおすすめします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このページのトップヘ